kimono-Wa-Fuku

トップページ>所作小ワザ集

和服着用時の所作小ワザ集

私が和服、主に着物を着ているときにやっている、ちょっとした所作の小技を挙げておこう。本当に使えるかどうかは各自が検証するように。

雪駄での走り方

「ぬおお、信号点滅開始、ダッシュだ!」と、雪駄履きで駆け足する時には、足の親指と人差し指を閉じて鼻緒をはさみ、つま先に軽く力を入れてやると 走りやすい。

足の指に鼻緒を「引っかける」のではなく、つま先で鼻緒を軽く「挟み込む」ような感覚かな。さすがに全力疾走はムリだが、おそらく職員用スリッパよ りは早く走れる。

まとわりつく裾の解消法

特に夏場など汗をかきやすいとき、長着(着モノの正式名称)や襦袢の裾がまとわりついて歩きにくいことがある。こんな時には左側の身頃をつまんで、 少し持ち上げてやればOK。

.

左の画像のように「遊び人の金さん」よろしく、裾を完全に持ち上げてめくるのが一番間違いないが、ステテコをはいていないと下着が丸見えになる可能 性もあるので、右の画像のようにちょっとつまんで上げてやるだけでもいい。

もちろん夏場に限らず、裾さばきがイマイチと思えばいつでも。長襦袢を着ているときも、長着を少し持ち上げてやるだけでかなり歩きやすくなる。

なおこれ以前に、着物を着た後には股割をしておく(解説)のを忘れないよう に。

羽織を脱いだときの注意点

脱いだ羽織は、肩に引っかけようと手に掛けようと好きな持ち方をすればいい。ただ、金具で羽織紐を取り付けている場合は、たまに金具がはずれて紐を 落っことすことがあるので、紐についている金具がはずれないことを確認しておくように。

それと、スナックや居酒屋などローカウンター(座席が普通の椅子テーブルと同じ高さ)の店では、脱いだ上着をイスの背に引っかけるクセのある人は要 注意。

.

羽織の着丈は、スーツの上着などに比べて長めのものが多いので、そのまま引っかけると裾が床に垂れ下がってしまう。ハンガーにかけるか、適当に半分 ほどに折りたたんでからイスの背にかけるようにするといいだろう。

袴で階段を上手に上がる方法

袴(馬乗りor行灯)を使ったことのある人はわかると思うが、階段を下りるときはなんともないのに、上がるときには袴の裾をふんづけてつんのめった ことがあるはず。袴は前後に余裕があるので、階段を上がるために足を折り曲げても思ったほど裾が持ち上がらない。そのため、裾が階段に垂れてしまい、そこ を踏んづけてしまうわけ。

これを解消するには、袴の前部分を手でつまんで持ち上げてやればいいのだが、そこはそれ、ちゃんとそれらしい方法?がある。

.

階段にさしかかったら、袴の脇の隙間から手を入れて「内側から」前部分を持ち上げてやるわけ。これでもうつんのめることはない。また、横から見た画 像を見ればわかるが、前を持ち上げることによって袴の後ろ部分も足に張り付くので、階段を下りるときに袴の裾を引きずるのが気になる人は、下りるときもや ればいいだろう。

ちなみにこの方法、テレビ時代劇で中村吉右衛門が雪の中を歩くときにしていたので、おそらく正式な?方法だと思う。お茶を習ってる人とかは普通に やっているのかも。

Last 2011/12/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.