kimono-Wa-Fuku

トップページ>写真を撮るポーズ

男の着物姿はカトキ立ちで(おい)

正直、自分で書いていて結構どーでもいいネタだと思うんだけど、着物を着て写真を撮るときにカッコよく撮りたいのであれば、カメラに対して若干斜めを向き、足を少し左右へ広げてみよう。ポイントは、写真に撮るのは着物ではなく「着物を着た自分」ということだ。

着物屋のカタログ撮影ではない。

誰でも着物を着ると、ついつい写真を撮りたくなるもの。そしてその写真を、ついついネットにアップしたくなるのも人情というもの。そんな中によくあるのが、真正面からのベタ撮りで、おまけに足を揃えている写真。

一見すると上手に写っているように思えるけど、私に言わせれば、展示用のマネキンと同じで着物という「モノ」を写しているように見える……というか、廊下に立たされてるのかよ!と言いたくなる。

せっかくなんだから、サギ画像でもいいので男らしく見せたほうがいいと思わない?

それには、見出しに書いた「カトキ立ち」をしてみるといい。カトキ立ちというのは、メカデザイナーのカトキハジメが……以下省略。各自調べるように(おい)。

具体的には、「ヒジを軽く曲げ拳を握り、胸を張り(背筋をのばす)、肩幅〜肩幅強に両足を広げ、やや斜めを向く」といった感じだ。まあ完全にマネをする必要はないけど、背筋をのばす、両足を開く、斜めを向く、の3つを押さえるだけでかなり違うと思う。

着物でカトキ立ちをやってみた。

では、実際に見比べてみよう。背景の字は気にすんな。

.

かなり見映えが違うと思うんだけどどう?美術的?にも、この「斜めを向く」のが被写体の情報量がいちばん多くなり、絵ヅラとしてもいいらしい。

特に、袴をつけているときにはその違いがかなり顕著になる。

.

袴は、左の画像のように足を揃えると、折り目が縮んでビミョーにショボく映る。その点、右の画像のように足を開けてやると袴の裾が広がり、結構いい具合に映るのではないだろうか。仮に真正面から撮るにしても、足を肩幅に広げて背筋をのばすのは実行したほうがいいんじゃないかな。

Last 2008/04/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.