kimono-Wa-Fuku

トップページ>トイレのやり方

着物deトイレ!も洋服と同じ

着物を着ている時のトイレ利用法を解説しておこう。「小」は適当にできるだろうけど、問題は「大」だろう。出先で我慢してる人もいるんじゃないかな。

でもひとつだけ再認識してほしい、ズボンや下着を脱がずに(下ろさずに)ウ○コをすることは不可能でしょ?それは着物も同じなわけ。

どこであっても「自分で」着直せるようになれば、ビビる必要ないんだよ。言い換えれば、着物を使いこなせているかどうかの試験かもな。

「小」は適当にどうぞ。

ショ○ベンは、下着が褌でもパンツでも問題はないでしょ。

前をばばっと左右に広げて、ガニ股気味に膝をつき出して、長着(着モノの正式名称)や長襦袢が前へかぶさってこないようにブロックしてもいいし、余裕があれば、長襦袢ごと長着の裾を帯にはさんでやってもOK。

袴(馬乗り型)着用時は、どちらか具合のいいほうの裾をめくりあげてやればいい。

ただし袴の時は、ちゃんとチ○コを引っ張り出して最後の一滴まで出し切るようにしないと、下着の中に収納しようとするときに、「しずく」が袴にポテポテと垂れる→シミになる可能性がある(経験上)ので注意。

「大」その1:帯をずらす。

さて、肝心要の「大」の手順だけど、一応2通りの方法がある。

ひとつめは、お腹を引っ込めるなりして帯全体を少し上にずらし、そのまま長着(と長襦袢)を後ろにはしょって、お尻を丸出しにする方法だ。用を足して終わったら、帯を元の位置に戻し、着崩れを直してやる。お腹の出ていない痩せ型の人はやりやすいだろう。

この方法は手軽なんだけど、帯を上下に動かすので、どうしても大きな着崩れが起きやすく、直した後も微妙にしっくりこないかもしれない。また、帯がお腹を圧迫するためイマイチ「キレ」が悪いかも。

あまりきれいではないトイレで用を足すときなど、あくまでその場しのぎの「暴発の緊急回避」程度に考えて、別の場所で改めて着直したほうがいいと思うよ。

着崩れの簡易的な直し方

1、左手を袖口から「長襦袢の中」に引っ込めて、「右手側」の長襦袢の襟を引っ張って形を整える。

2、右手を袖口から「長着と長襦袢の間」に引っ込めて、「左手側」の長襦袢の襟を引っ張って形を整える。

3、再び左手を「長着と長襦袢の間」に引っ込めて、「右手側」の長着の襟を引っ張って形を整える。

4、最後は一番上(左手側の長着の襟)を引っ張って整える。

「大」その2:帯をほどいて着直す。

もうひとつは、帯をほどいて完全にはずし、長着(と長襦袢)の裾をたくしあげて用を足し、終わったらトイレで着直す方法だ。オレはこの方法が一番理に適ってると思うし、実際にこうしている。あるいは、用を足して終わるまでは上記の「その1」でしておいて、終わってからトイレで着直すってのもアリかな。

トイレで着直すと帯が汚れるのでは?と思うのであれば、ほどいた帯の処理をうまくしてやれば問題なし。適当な雑誌や新聞などの上に置けばいいし、なんなら、トイレ用に風呂敷なりビニールなり常備してりゃいいでしょ。

着直すときは、一般用にも増えてきた広いトイレならともかく、だいたいがせまい空間であり、普段着るように帯を回してると帯が便器にダイブする可能性もあるので、帯を回すのではなく、あ〜れ〜お代官さま〜の逆回転よろしく「自分が」回ってもいい。

あと、オレは持っていないので詳しくないけど、ワンタッチ帯だとマジックテープ?で留めるだけなので、結構簡単かもしれない。

チョイテクとして、帯をほどくときにバラバラとほどくのではなく、垂れ側の端から包帯を丸めていくような感じで折りたたむ(丸める)ようにしてやれば、床に落とさずにまとめることができる。帯を締める時には、腰に包帯を巻くような要領でぐるぐる回してやれば、床に帯が垂れることもなくなるはずだ。

ちなみに自宅では、オレはさっさと帯をほどいてからトイレ行くよ。いくらでも着直せるからな。

重要:トイレに行くと洋服だって着直す。

どうしてオレが「その2」の方法を取っているかというと、冒頭にあるように「ズボンや下着を脱がずに(下ろさずに)ウ○コをすることは不可能でしょ?それは着物も同じ」であり、それを実践してるにすぎないんだよ。

洋服を着ているときにウ○コをしようとするなら、着ているものにもよるけど、ベルトの留めをはずしてズボンとパンツを下げてから用を足し、終わったら、シャツをズボンの中に入れてベルトを留め直して身支度を整えるよな。

着物は上下一体型の構造なので、帯をほどいてはずしてしまうと洋服と違って全体がバラけてしまい、洋服とは勝手が違うけど、一連の動作自体は「ベルト(帯)をはずしてズボン(長着や襦袢)を下げ(めくり上げ)、終わったらシャツとズボン(長着や襦袢)を整えてベルト(帯)を締める」と、同じ事をしているだけなんだよ。

早い話、トイレで着物を着直すのは別におかしくもなんともない、衣服を身につけている人として、ごく当たり前のことをしているにすぎないってわけ。

おまけ:昔は人もトイレも着物に対応していたらしい。

時代劇を見る限りでは、江戸時代以前は和服が標準の衣服で、お武家さんなどは袴まではいていることが多い。

当時はトイレをどうしていたのかというと、袴の場合はやはりはずして用を足していたらしい。というのも、袴は仕事上の制服として着用することが多く、汚すわけにもいかないのでちゃんとはずして、後から着直す(はく)のが当たり前だったようだ。

また、トイレにはちゃんと帯置き用の入れ物があったり、お城のトイレは畳敷きで広かったのは有名で、着ているモノに応じて、備品やスペースもあったわけ。

もちろん当時のほとんどの人が、着物を日常着として着慣れていたのは言うまでもないわな。

Copyright (C) since 2007 バカガエル.