kimono-Wa-Fuku

トップページ>袴紐の結び方

袴紐の結び方:結び切り、一文字結び

袴装着の最終段階で、後ろ紐を前紐にくくりつけて結ぶんだけど、普通はこれから解説する「結び切り(駒結び)」と「一文字結び」で充分だ。私の場合は、日常で袴を使うことがあれば主に結び切りで、冠婚葬祭や正月などは一文字結びをするようにしている。

あと、結び目が小さくなる分、結び切りのほうが紐の傷みが早い、という人もいる。私はそんなに頻繁に袴を使わないので気にしていないけど、自分のスタイルに袴を組み込んでいる人は、そのあたりにも注意してほしい。

結び方その1「結び切り」

すごーく簡単に言えば、適当に結んでいるだけだ。

[1-1]前紐の上で、腰板からの紐を交差させる。和服の着方と同じで右前=左手側の紐を上に交差させるのが基本らしいけど、そこまでこだわらくてもOK。

[1-2]上の紐を、前紐の後ろ(裏側)に通して上へ抜く。

[1-3]下の紐を反対側に折り返す。

[1-4]上の紐を下げて、折り返した下の紐の後ろを通す。

.

[1-5]両方へぎゅっと引っ張ればかんせー。イラストでは結び目がゴテゴテしているけど、[1-6]実際の紐ではこのように小さな結び目になる。

なお、余った紐は横に回して始末する。

[1-7]前紐(3周目)に下から上へ1〜2回巻き付け、残りは角帯の中にねじ込んでやるればOK。

すでに気づいている人もいるだろうけど、この結び方は、前紐と一緒に結んでしまうものの、実は「手」と「垂れ」の概念がないだけで、結び方そのものは角帯の結び方(貝の口)と同じなんだよ。おそらく「結び切り」という呼び名?は、「(適当に)結んでハイおしまい」という意味なのかもしれない。だからこの方法以外の結び方でもぜんぜんOKだ。

結び方その2「一文字結び」

「結び切り」と同じく交差させるんだけど、この結び方の場合は前紐の下(裏)で交差させる。紐を交差させる順番は結び切り同様、右前がいいと言われているもののどちらでもいい。

[2-1]後ろ紐を前紐の下(裏)に通して交差させ、

.

[2-2]下の紐を上に上げて、[2-3]前紐と上の紐を一緒にくくる。

[2-4]上の紐を反対に折り返し、

.

[2-5]下の紐を上に上げて、[2-6]またまたくくる。

[2-7]袴下の一文字結びの「垂れ」のように、横向きの紐を何度か折り返して、

[2-8]「一文字」を作り、結び目の上に重ねる。

.

[2-9]下の紐を上に上げて、[2-10]さらにくくる。紐がまだ余っているようなら、もう一回くくってもOK。とはいえやりすぎると見映えが悪いので、総計2〜3回までかな。

.

[2-11]ハイ、かんせー。[2-12]実際はこんな感じ。まだ紐が余っている場合(普通は余る)は、前紐の下あたりに適当にねじこんでやればいい。

「十文字結び」について

袴紐の結び方としては、もうひとつ「十文字結び」というのがある。結び方そのものは「一文字結び」とだいたい同じで、最後の余った紐の処理の仕方が違うだけだ。

しかし「使う状況」となると別で、十文字結びは礼装限定、それも最上級の礼装用と考えてもらってかまわない。洋服で例えるなら燕尾服、せめてタキシードを着るような場合だ。そんな状況は普通の人にはまずないだろうし、逆にそういった状況でもないのに十文字結びをするのはバカ丁寧すぎておかしいわけ。よって、ウチでは解説を省略しているので悪しからず。

Last 2010/02/11. Copyright (C) since 2007 バカガエル.