kimono-Wa-Fuku

トップページ>袴のたたみ方

袴のたたみ方と袴紐の始末

袴を使った後の片付け方、袴のたたみ方&袴紐の処理を解説しておこう。いちいちたたむのがめんどくさい人は、スーツのズボンを吊すクリップ付きハンガーを使ってもいいと思う。オレもよく使うやつはぶら下げたままで放置プレイしてる。

なお、「原田染物店」という染物屋さん?のサイトに、さらに丁寧にたたむ方法、というかチョイテクの動画があるので、興味のある人はどうぞ。

袴のたたみ方

袴のたたみ方といっても、袴のスジ?を崩さないように適当に折りたたむだけ。

袴紐が中に入ってしまわないように注意して、袴の両サイドにあるV字カット?の形を基準に、適当にバタバタやって前後を重ね合わせる。普通の袴は腰板+@分後ろのほうが長いので、解説画像のように高さが段違いになる。そんなに神経質にきっちり整えなくてもだいたいでOK。

重ね合わせたら、後ろの腰板+@分を前へ折り返してやる。こうしてやると上部が固定されるので、片手で持てるようになる。

袴を裏返して、後ろの中心にある左右の重なりを整える。

再び元に戻して、裾の中央(先ほど整えた、後ろにある左右の重なりが目安)を前後一緒にしっかり握ってやる。これで床に置いても裾がばらけにくくなる。

床において、前部の生地の重なりを整えてやる。袴紐は邪魔になるので、脇にほっぽりだしておけばいい。

袴を3ツ折り(=前部を3等分)にするような感じで、適当なところで裾側を折り返してやる。モーレツに使っている袴でないなら、おそらくうっすらとクセが残っていると思う。

続いて上部を折り返してやれば、

ハイ、かんせー。やっつけ感満載の画像でスマン。

.

袴紐は適当にたたんで重ねてやっただけでもOK。そのまま袴の上へポイ!でもいいかと。横長で邪魔くさいなら、両端を折り返してやってもいいだろう。

以上で袴のたたみ方はおしまい!……でもいいと思う……やっぱダメ?

袴紐の始末(たたみ方)

ハイハイ、じゃあ袴紐のたたみ方。本などの解説を見るとややこしそうだけど、実は左右対称に同じ手順をしているだけ。

まずは前紐を折りたたんで、画像のように交差して袴の上へ置く。一応着物と同じように右前にしているけど、手順としてはどちらが上でも支障はないし、ここから先の手順も、左右どちらを先にやっても問題はない。

なお、ここから下の画像は左右一緒に並べているけど、5手順先の「ここで一息〜」までは、左右どちらかをさっさとやってしまったほうが楽かもしれない。ではスタート。

.

後ろ紐を交差させた前紐の上へもってきて、

.

前紐(2本とも)の下をくぐらせる。

.

折り返して、

.

後ろ紐と、同じ方向からきている前紐を束ねるように、前紐の下をくぐらせる。

ここで一息。両方やるとこんな感じになる。

.

前紐がまだ結構余っている場合は、適当なところで折り返して長さを調節して、矢印の場所(前紐と後ろ紐の間)に突っ込む。

.

反対側も同じようにしてやれば、

.

ハイ、かんせー。そんなに難しくないでしょ?

実物ではこのようになる。解説の最初に書いたように、どちらを先にやるかで紐の重なり方が変わってくるんだけど、ある意味それだけの違いしかない。なに?紐も右前にしたほうがいいんじゃないかって?いいじゃねえか、片付けぐらい好きにさせてくれよ。

ちなみに、ふたたび使うときにはいちいちほどかずとも、紐の各根元を4本同時にするするすると左右へ引っ張ってやれば、勝手にほどけてばらばらになるという親切設計。これ考えた人偉いよ。

Copyright (C) since 2007 バカガエル.