Kimono-Wa-Fuku

トップページ>角帯の上下方向

角帯の上下方向の決め方、あるにはあるけど……

初めて着物を着ようとしたとき、意外と悩むのが「角帯のどちらを上(下)にすればいいのか?」なんだけど、その見極め方?を「一応」解説しておこう。なぜ「一応」なのかというと、上下を区別する方法はあるにはあるんだけど……最後まで目を通してみてほしい。

基本は「目立つ側」が上になる。

では、よくある角帯の色柄を参考に上下の決め方を説明してみよう。

図のように帯幅に中心線(ピンクの線)を想定し、上下に二等分してみる。こうすると、ほとんどの角帯を「比較的色柄が目立つ側」と「あまり目立たない側」に分けることができる。そして、目立つ側を上、目立たない側を下にする……と、言われている。

似たような別の色柄(同色)

同じ色で模様の大きさが違う場合は、大きな模様の入っているほうを「目立つ側」とする。ちなみに、画像で使っている角帯の模様は、この形状の模様限定で、上「独鈷(どっこ)柄」下「華皿(はなざら)柄」という名前がある。詳しくはこちら

ABの区別がつきにくい場合

.

全面同じ模様(or無地)、ど真ん中付近に線があるものなど、AとBに分けられない、あるいは分けにくい場合は上下特になし。

ちなみに、一本線がある角帯で、その一本線の模様が先ほどの独鈷柄になっているものが、もともと「一本独鈷」と言われるやつ。現在では、一本線(模様は問わず)の角帯を総称してそう呼ぶようだ。

柄に上下があればそれに従う。

角帯に描かれている柄に上下が存在するようであれば、当然ながら柄の上下に従う。参考画像の角帯は人物がデザインされているので、ちゃんと頭が上になるように締めること。逆立ちさせてもいいじゃないかって?知ってて「わざと」するならいいが……まあお好きなように。

どちらを上(下)にするかは個人のセンス

さて、一応説明としては「目立つ側が上、目立たない側が下」としたんだけど、私としては日常着の範囲であれば、とした上で、あえてこう言わせてもらう。

「どちらかといえば、色柄の目立つ側を上にするほうが見映えがよさげだけど、最終的な決定は個人の判断にまかせる」

というのも、はっきりと柄に上下があるものを除けば、誰が見ても一発で「あっ、こっちが上になるんだ」とわかる目印のようなものが存在しない。言い換えれば、どちらを上にするかは見た目や個人のセンス(主観)で判断していることが多いわけ。

上下云々を語られやすい独鈷柄と華皿柄の組み合わせですら、私は「仏様が一番上=華の上に仏様(独鈷)=独鈷柄が上」と教えられたものの、その逆の「華皿柄が上になる(根拠は不明)」と言われることもあるし、線の名前や本数によって上下が決まる、と言われることもあるから、もうなにがなんだかわからないんだよ。

おまけに、ベルトは金具(バックル)のある位置が決まっているので、巻く方向を変えなければ上下を入れ替えることができないけど、角帯は「手」の位置を決めるのは使う人なので、巻く方向は同じでも上下を入れ替えることができるしね。

冗談抜きに気分の問題

下の2つの参考画像を、やや離れた位置から見比べてみてほしい。帯に入っている白い線の位置が違う以外は、両方ともまったく同じ画像だ。

.

左のほうが上半身に目立つ部分が集中してよさげな感じもするけど、右のほうが上半身と下半身のバランスがいいようにも見えない?もちろん、違う見方をする人もいるだろう。参考画像は地色と線の色の明暗がはっきりしているからわかりやすいけど、モノによってはさほど明暗の区別がないこともあるので、より見解が分かれるかもしれない。

角帯の上下方向なんてこの程度の話で、ちょっとした気分の問題なんだよ。だから、これまで書いたことを参考にして、自分なりに見映えのいい上下を探してほしい。

ただしもう一度念をおしておくけど、この考え方は日常着の範囲で着ることが条件。冠婚葬祭など、特殊な状況下で着る場合には当てはまらないかもしれないので、その点だけ注意しておくように。

Last 2010/12/03. Copyright (C) since 2007 バカガエル.