kimono-Wa-Fuku

トップページ>着物(長着)

一般的な着物の着方、つづいて着物(長着)を着る。

下準備〜襦袢(解説)と同じように、長着(着モノの正式名称)も袖を通して右→左と重ねるだけ。

[1-1]前段階である襦袢を着た状態。ここからスタート。

長着を着る。

襦袢を使わずに着る人はここから。

.

[1-2]襦袢の上から長着を着たら、手を袖の中に引っ込め、襦袢の袖(袂)を長着の袖(袂)の中へちゃんと入れてやる。[1-3](イメージ図)

.

[1-4]襦袢の時と同じように、長着をつまんで腰の位置ぐらいに手をのばし、左右の長さをだいたい同じにして、長着の中心と背中の中心を合わせる。[1-5](横からの様子)神経質にならなくても、中心はだいたい合っていればいい。

[1-6]手を伸ばした状態から、右手側を左の腰へもっていく。このとき、ほんの少し(気持ち程度)だけ「斜め上」へもってくるようにしてやると、上半身をゆったりさせることができる。お腹が出ていない痩せ型の人は、かなり見映えが変わってくると思う。

[1-7]クロスさせるように、左手側を右の腰へもっていく。左手側も同じく、ほんの少し斜め上にもってきてやる。あまり上げすぎると上半身がダブダブになってしまうので、ホント気持ち程度で充分。

なお、重ねる順番は左右どっちが先でもいいのではなく、解説とは逆に「左手側→右手側」と重ねるのは「左前」なのでアウト(解説)これは男女関係なく和服全般がそうなので間違えないように。

.

腰紐でもいいんだけど、せっかくだから伊達帯も解説しておく。[1-8]伊達帯の真ん中を、帯を締める位置(お腹のへこんでるところ。チ○コの少し上)にあてて押さえ、[1-9]両手で伊達帯を後ろ→前へ持ってきて結ぶ。

[1-10]伊達帯はお腹の前で交差させ、余りを中へ適当に折り返してやる。伊達帯は締めたり結んだりするとかさばるので注意。

[1-11]ハイ、かんせー。胸元の調節はこちらでまとめて解説しています。

[1-12]その上から帯(角帯)を締めるとこうなる。これがホントの「かんせー」かな。

帯の締め方は、一度に解説するのは到底無理だし、初心者が必ずつまずく箇所なので別途解説してある。詳しくはこちらを参照のこと。

ダブつきの始末

着物が平面的な構造だからなのか、それとも肩幅の問題なのか、詳しくはわからないんだけど、

[2-1]特にお腹が出ている(=体の表面に凹凸がある)人は、普通に着ると、なぜか左脇の下あたりがダブついたような感じになりやすい。もちろん私もなる。表面上はわからないけど、おそらく右脇の下あたりも同じようになっていると思われる。

別に気にするほどのことではないんだけど、どうしても気になる人には解消法がある。伊達帯をした後、あるいは角帯を締めた後に、

[2-2]ダブついている部分の帯の下側に位置するあたりを、少し下に引っ張ってやる。帯の下側が若干ダブつくものの、上半身のダブつきは解消される。

もうひとつ、帯の上側に位置するあたりを帯の中に突っ込む方法もあるけど、私は上記の方法が具合が良いので、気になるようならするようにしている。

.

[2-3]使用前[2-4]使用後。結構改善されていると思うけどどう?

3:羽織→続きはこちら

Last 2012/10/30. Copyright (C) since 2007 バカガエル.