kimono-Wa-Fuku

トップページ>尻っぱしょりのやり方

尻っぱしょり(尻端折り)のやり方

主に男物袴をはくときにやるのがこの「尻っぱしょり」だ。別に難しい動作ではなく、単に長着(着モノの正式名称)や襦袢の裾を帯にはさみ込むだけだ。

また、なにも袴着用時限定の動作というわけではなく、通常時にやってもなんの問題もない。実際私は、着物を手洗いするときや風呂場の掃除など、そのままでは裾が濡れる可能性がある場面ではよくやっている。時代劇では町人が普通にやっていることもしばしばあり、動き回るときに裾が邪魔になって足裁きが悪くなるので、普段から尻っぱしょりをしているわけだ。

なお、方法にそれぞれ呼び名があるけど、いちいち憶えなくてもいいと思う。

方法その1「じんじんばしょり」

一般的に尻っぱしょりといえばこの方法。袴をはくときによくやるやつだ。

[1-1]今回は撮影用に股引の代わりに作務衣のズボンを使用。帯もめんどくさいので伊達帯だけ。

[1-2]長着を着た状態で、後ろの裾の真ん中(背中心の縫い目)を持ち上げて、

[1-3]それをそのまま帯(背中の中心)に通すだけ。どこに通す、というのはないのでお好きなように。通すときに一回ねじってやれば左右がクロスするので、また違った見映えになる。

.

ハイ、かんせー[1-4]正面。[1-5]後ろ。裾の先は帯から出たままでOK。後ろに引っ張り上げる量を調整してやれば、もっと前を左右に広げてやることも可能だ。

方法その2「東からげ」

別の方法として、後ろではなく左右を帯に通す方法もある。裾が左右に広がったようになるので、ちょっとかっこいい……かどうかは知らない。

[2-1]側面の縫い目の適当なところを持って、

[2-2]帯の脇腹あたりに通す。たったこれだけ。

.

[2-3]一応完成なんだけど、後ろがたるんで四次元ポケットのようになるのが気になる人は、[2-4]帯に通した部分の後ろ側を引っ張り上げてやると落ち着く。

.

ハイ、かんせー[2-5]正面。[2-6]後ろ。2-3と2-6を比べれば、後ろの部分がいい感じになっているのがわかるかな?この方法も、縫い目をつまむ位置や帯に通す量を変えることによって、完成形が微妙に変わる。

Last 2012/11/05. Copyright (C) since 2007 バカガエル.