kimono-Wa-Fuku

トップページ着物の着方>たすきがけのやり方

着物のたすきがけ、実はすごく簡単。

時代劇なりなんなりで、長着(着モノの正式名称)の袂(たもと。袖の下、袋状の部分)を紐で縛って固定するのを見たことがある人も多いだろう。それがこの「たすきがけ」だ。一見難しそうだけど実はとても簡単で、男性(男物)の場合はやり方が2通りある。

実際にやっている様子は「着方関連動画」を参照のこと。

たすきがけをやる前に

解説画像では伊達帯(その1)、腰紐(その2)を使っているけど、「たすきがけ専用の紐」というものはないので、普通の腰紐でもお手製の専用紐でも、各自好きな紐を使ってOKだ。

なお、たすきがけを憶えたからといって、いつでもどこでもやっていいものかといえばそうでもない。衣装的な場合を除けば、あくまで袂が邪魔になるときの「応急処置」であり、オシャレでやるものではない。詳しくは「たすきがけの場面」を参照のこと。

また、別の方法として、袂を背中へ回してしまう方法(武道用?)が紹介されている場合があるけど、あれは袖の構造上、女物の長着でしかできない。男物でやろうとすると脇の縫い目に負荷がかかり、縫い目が裂けることになりかねないので注意してほしい(実験済み)。

やり方その1:時代劇でよくする方法

ひとつめは、よく時代劇などでみる、片方を口にくわえてパパッとやる方法だ。どーせみんなこれがやりたいんでしょ?(笑)

.

[1-1]まず、たすき紐の片方の端を口にくわえて、[1-2]たすきを持ってない側の腕を、持っている側の腕とたすきの間に突っ込み、紐を袂に引っかける。

.

[1-3]紐を沿わすような感じで腕から肩へ、[1-4]そして背中へとまわす。肩から頭の上(頭の後ろ)へと動かすような感じかな。腕が回しにくい場合は、下を向いて頭を下げてやればやりやすい。

.

[1-5]そして、反対側の肩から前へ持ってくる。これで第一段階完了だ。[1-6](背中の様子)

続いて反対側も同じ動作をする。

.

[1-7]たすき紐を反対の手に持ち替えて、[1-8]同じように、腕を交差させるような感じで袂に紐を引っかける。

.

[1-9]腕から肩へ、[1-10]肩から背中へまわして、

.

[1-11]反対側の肩から前へ抜く。[1-12]口から紐を離し、両端を適当に結んでやれば、

.

ハイ、かんせー。[1-13](正面)[1-14](後ろ)

[1-15]たすきを外す場合は、結び目をほどいて、結んだ側と反対方向へ引っ張ってやれば外せる。

ちなみに、たすきがけをして動いてると、結び目が脇から移動して背中にきてしまうことがあるんだけど、それの直し方はこのあと解説する「その2」の図2−6を読んでほしい。

やり方その2:8の字の輪っかを作る方法

もうひとつは、最初に輪っかを作ってそれに手を通すだけ、というもの。

.

[2-1]たすきに使う紐の「端っこで」適当に結んで大きな輪っかを作り、[2-1]輪っかを1回ねじって、8の字(無限大マーク)にする。どっちにねじってもいい。

.

[2-3]それをそのまま腕に通して、[2-4]羽織やジャケットを着るような感じで、紐を首の後ろに回す。片腕ずつ通してもOK。

.

[2-5]襟のところに紐がひっかかった場合は、羽織の襟を直すような感じで紐をゆすってやる。[2-6]前にきている紐を右左右左……と交互に下に引っ張ってやると、紐が動いて結び目も移動する。たすきがけをした後でも、結び目が移動したらこれで直せる。

[2-7]結び目を前にもってきたら今一度結び目を結び直し、たすきの締め具合を調節してやる。袂が手首へ垂れなければいいだけなので、あまりきつく締めなくてもいい。

.

ハイ、かんせー[2-8](正面)[2-9](後ろ)手を広げてみるとこんな感じ。袂の具合は袖を引っ張ってお好きなように。

[2-10]たすきをはずすときは、結び目をほどいて反対側の部分を引っ張ってやればOK。

Last 2012/11/05. Copyright (C) since 2007 バカガエル.