kimono-Wa-Fuku

トップページ>長着と羽織のたたみ方

長着と羽織のたたみ方(本だたみ)

着物を着た後は当然片付けるわけだけど、その時の正式?なたたみ方である「本だたみ」を解説しておこう。たたみ方のポイントは「左右の縫い目同士を合わせる(揃える)」「縫い目で折る」の2点。長着(着モノの正式名称)と羽織はほぼ一緒の手順なので、長着がたためれば羽織も同じ要領で簡単にたためるよ。

長着をたたんでみる。

できるなら長着を広げられる場所でやるほうが簡単。長着のシワは、各手順ごとに適当に伸ばすなりなんなりしてください。

.

[1-1]まずは長着を広げて、おくみと前身頃の縫い目(破線)を折り目にしておくみを裏返す。[1-2]両方のおくみを裏返した状態。ここから、背中にある縫い目(破線)を中心にして左右を重ねてやる。

.

[1-3]襟同士、裾同士を重ね合わせて、[1-4]重ね合わせた状態。

.

[1-5]長着の脇縫い(破線)同士も重ねてやる。[1-6]重ね合わせた状態。

[1-7]このままだと襟先がぴょこんと飛び出してしまうので、襟の中心を内側に折り込んで始末しておく。

.

[1-8]襟を始末できたら袖同士を合わせて、上になってる袖を袖の縫い目で反対に折り返し、[1-9]折り返した状態。

.

[1-10]折り返した袖の上に裾の部分を重ねてやる。腰の辺りにある内あげの縫い目で折り返すのが理想だけど、古着の場合もあるだろうし、適当に半分ぐらいでいい。[1-11]重ねた状態。

[1-12]崩れないように輪っかの部分(裾と袖、襟)をしっかり持ってひっくり返して、

[1-13]さっきと同じように袖を折り返してやれば、

[1-14]ハイ、かんせー。あとはお好みでさらに半分にしてもOK。よほど大きなサイズの長着でないかぎり、長着の身頃より袖幅のほうが広いので、袖幅が本体からはみだします。

羽織をたたんでみる。

たたみ方の基本は長着と変わらないので、参考画像も少しはしょります。

.

[2-1]まずは羽織を広げて、襟と前身頃の縫い目(破線)を折り目にして襟を裏返す。[2-2]両方の襟を裏返した状態。ここから、羽織の背中にある縫い目(破線)を中心にして左右を重ねてやる。

.

長着の時と同じように、[2-3]まずは襟同士を重ねて、[2-4]続いて脇縫い(破線)同士。

.

[2-5]長着のたたみ方を参考に襟を始末して袖を折り返し、[2-6]ひっくり返して同じように袖を折り返せば、

[2-7]ハイ、かんせー。必要なら適当なところで折って半分にしてもOK。羽織は構造上、襟の先っちょが少しだけ下にはみだします。

たたんだ後は……

着物をたたんで終わったら収納するわけだけど、へんな紙に包んであるのを見たことがないかな?あれは「たとう紙(解説)」という専用の包み紙?で、使っても使わなくてもOK。

一張羅や礼服など、滅多に着ない良い物はたとう紙を使っておくとか、逆に普段着のように、ある程度着用頻度が高いものは、手間なのでタンスなり衣装ケースなりに適当に放り込んでおくとか。ちなみにオレは、こんな感じで収納してます(解説)

なお、ウール生地は、他の生地に比べて虫がつきやすいので、衣替えなどで長期間収納する場合は、別にショウノウじゃなくてもなんでもいいので、防虫剤を一緒に入れておいたほうがいいと思うよ。

Last 2012/11/08. Copyright (C) since 2007 バカガエル.