kimono-Wa-Fuku

トップページ>袴やコート

男物の袴とコート類について

着物の特殊なズボン?にあたる袴と、専用のコート類について解説しておこう。

先に言っておくが、両方ともオプション装備だと思ってほしい。というのも、使い方次第だが、袴は普段使いとしては思ったほど実用性はなく、おまけに着るのにもうひと手間かかる。コート類に関しても、冬場の寒い時期の外出限定でしか使えない。

日常においてある程度着物の着用頻度があるのなら、まあひとつぐらいは持っていてもいいかな、程度のシロモノだ。おまけにあまりお手頃価格では売っていないので、買う買わない、使う使わないは各自の判断にまかせておく。

袴(はかま)

主に礼装に使われる、なぜか憧れる人が多い?袴。一般的なものは下の画像のようなものだが、裾の形状などによって、いくつか種類がある。

着方は基本的に同じで、前後についている紐を腰に巻いて装着する……というより、帯に引っかける、と言ったほうが近いかな。袴の着方はこちらを参照。

一般的な形状の袴には馬乗り型と行灯(あんどん)型の2種類。表面上は見分けがつかないが、股下(内部)がちょっと違う。

※注:一般的に馬乗り型と呼ばれる袴は、本当は「襠有袴(まちありはかま。袴の前後をつなぐ「マチ部分」がある袴、という意味。下図参照)」だとか。本来の馬乗り袴は、馬に乗れるようにズボン状になっている模様。ただし、当サイトでは、襠有袴=馬乗り型、として統一しています。※

.

行灯型は持っていないので、画像で概略だけ説明。馬乗り型(左図)は、股の間が別の布で繋がっており、はいて動いてもだいたいこの形を保っている。いっぽう行灯型(右図)は、股の間が繋がってない、いわゆるスカートと同じなので、強風が吹けばめくれることもあるわけ。

この2種類以外にも、もっとズボンに形が近い「野袴(黄門さまが使ってるやつ)」など、他にもいろいろ種類はあるのだが、なにせ私が馬乗り型しか持っていないので解説は省略。ちなみに、礼装で使えるのは馬乗り型のみらしい(詳細不明)が、普段使いならどれでもいいだろう。

知りたい人は、「あめんぼう」という着物屋のサイトにいろいろ掲載されているし、ネットででも検索してほしい。ただし最初に書いたように、洗濯もめんどくさい(解説)し、着物を着慣れないうちは使わないほうがいいだろう。

コート類

私が知っている範囲でのコートは角袖(かくそで)、インバネス、とんびコート、の3種類がある。コートなので外を出歩いている時に着るだけで、室内では脱ぐのが基本。

角袖

洋服のハーフコートのようなもの。冬場に相撲取りが着ているのを、テレビでみたことがある人もいるだろう。

前の部分はボタン留め、首の部分にも学ランのような感じのホックがついているので、完全に留めてしまうとかなり暖かい。おまけにポケットも完備(画像のは内ポケットもある)しているので結構便利だ。

ちなみに、着る時には羽織の上から着てOK。間違っても羽織代わりにはしないように。ポケットがあるから?じゃあ角袖を買う金で、羽織を改造してもらえばいいんじゃない?

インバネスととんびコート

インバネスは、もともとイギリス?などで洋服用のコートとして使われていたもの。かの有名なイギリスの名探偵、シャーロック・ホームズが着ているのが多分これ。一種のマントのような作りなので、長着や羽織の上からも着られるわけ。

とんびコートは、インバネスを着物用に改良したもので、若干作りが違うらしい。かの有名な日本の名探偵、金田一耕助(の、映画版。原作はどうだか知らない)が着ているのが多分これ。インバネスに比べ、よりマントに近くなっている。

ちなみに、木枯らし紋次郎やあずみが使っているのは、おそらくとんびコートではなく渡世人用?の単なるマント。だって江戸時代にはインバネスがなかったんだから、とんびコートも存在しなかったはず。

まあなんにせよ、この2つは私が現物を持っていないので、詳しくはわからない。知りたい人は他所で探してほしい。私はと言うと、ドラキュラ伯爵じゃあるまいしマント型はいやだなあ、と思うので角袖を買ったのだ。

Last 2010/11/27. Copyright (C) since 2007 バカガエル.