kimono-Wa-Fuku

和服の小物類いろいろ

和服を着たときに使われる小物類はいろいろあるけど、どれもこれも必須ではなく使いたい人だけが使えばOK。ついでに言えば、袋物や扇子や手ぬぐいは和服専用ではないので、洋服のときに使ってもなんの問題もありません、はい。

巾着(きんちゃく)、信玄袋(しんげんぶくろ)

巾着と信玄袋どっちも小物入れ。画像は巾着。色柄の好みを無視すれば男女の別はないと思う。

小さいのが巾着、大きいのが信玄袋かな?袋の生地に紐を通してるのが巾着、袋の上に紐を通す部分を取り付けてるのが信玄袋?信玄袋を持ってないし詳しくは知らん(おい)。ついでに言えば、今は旅行など大きいカバンに小物を入れる時に使うぐらい。

ちなみに「腰巾着」の由来となってるのがこの巾着。昔は紐を帯に通して腰からぶら下げてたらしい。

扇子(せんす)

簡単に言えば折りたたみできるウチワ。似たようなものに「扇(おうぎ)」があるけど普段使用するものは「扇子」のほう。

.

扇は、結婚式の新郎や舞踊などの小道具なので、右の図を参考にして間違えないように。骨?がたくさんあるほうが扇子。扇子には男物女物?があり、男物のほうが全長が長い。買うときには店側に長さを確認したほうがいいだろう。

なお、扇子を和服の必須アイテムと思っている人が多いけど「折りたたみできるウチワ」なんだから夏場は……冬場にウチワを持ち歩く必要がある?どうしてもというなら帯にさすのではなくカバンに入れておけばいいかと。

ちなみに、扇子や扇の根本部分(の金具?)を「要(かなめ)」という。ここが壊れると使い物にならない!ということで肝心「要」=重要ポイント、といった意味らしい。

手拭い(てぬぐい)

江戸時代にはハンカチやタオルがなかったから、読んで字のごとく「手を拭う布」だ。

基本的に綿生地(以外のは聞いたことがない)。綺麗な色柄に染めたものも売ってるし、それこそ着なくなった綿生地の長着(浴衣)をバラしても「手を拭う布」になる。

持ち歩く場合は懐でも袂(たもと)でもカバンでも、好きなところに収納どうぞ。タオルと同じように首や腰(帯)からぶら下げてもいい。現在な らより吸水性のあるハンカチやハンドタオルでも問題ないけど、手ぬぐいは「ただの生地」でタオルに比べて生地が薄いので、タオルよりはかさばらないという 利点はある。

メインページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.