kimono-Wa-Fuku

トップページ>小物類

和服の小物類は必須ではない。

和服を着たときに使われる小物類は、袋物や扇子などいろいろあるが、どれもこれも必須ではなく、使いたい人だけが使えばOK。ついでに言えば、色柄やデザインなどから和服専用に思えても、そんなものは存在しない(解説)ので、洋服の時に使ってもいいし、普通のカバンなどでもかまわない。早い話が個人の趣味だ。

巾着(きんちゃく)、信玄袋(しんげんぶくろ)

巾着と信玄袋では形が違うが、どっちも小物入れ。画像は巾着(信玄袋は持っていない)。男物は……柄は違っても、形は男女共通だと思う。

普通の手提げ袋のように、手で持ってぶらぶらさせてもいいし、紐を帯に通して、腰からぶらさげてもいい。偉いさんにいつもくっついている人のことを「腰巾着」と言うが、巾着の紐を帯に通して、腰からぶらさげて常時携帯することが、言葉の由来となっているわけ。

扇子(せんす)

簡単に言えば折りたたみできるウチワ。似たようなものに「扇(おうぎ)」があるが、普段使用するものは「扇子」のほう。

.

扇は、結婚式の新郎や舞踊など特別な時用の小道具なので、右の図を参考にして間違えないように。また、扇子にも男物女物があり、男物のほうが全長が長い。買うときには店側に男物であることを確認したほうがいいだろう。

なお、扇子を和服の必須アイテムと思っている人が多いが、そんな決まり事はない(解説)。暑くもない真冬に扇子を持つことは、真冬にウチワを持っているのと同じなので、ウチワがいらない季節なら基本的に扇子を持つ必要はない。ただ、冬でも室内だと、あったかいを通り越して暑くなる時もある。念のために、とでも思うならカバンや巾着の中に入れておけばいいだろう。

ちなみに、扇子や扇の根本部分(の金具?)を「要(かなめ)」という。ここが壊れると使い物にならない!ということで肝心「要」=重要ポイント、といった意味らしい。

手拭い(てぬぐい)

江戸時代にはハンカチやタオルがなかったから、読んで字のごとく「手を拭う布」だ。

現在ならハンカチやハンドタオルでもぜんぜんかまわない。和服だから、という理由で揃える必要もない。収納する場所も、懐でも袂(たもと)でもカバンでも、好きなところに収納すればいい。タオルと同じように首や腰(帯)からぶら下げても問題ない。

ただ、手ぬぐいは「ただの生地」なので、タオルに比べて生地の厚さが薄い。よって、タオルよりはかさばらない、という利点はある。

衿留めピン

長着や襦袢の襟元を固定するための、長さ5センチほどの金具。正式名称は知らないが、着物屋呉服屋へ行って「胸元を止めるS字のピン」「衿留めピン」と言えばわかるはず。画像のものは500円ぐらい。

浴衣のように、少々胸元がはだけてもいい場合は問題ないが、それなりに着ている場合は、着崩れして胸元がはだけすぎると少々だらしなく見える。それを防ぐための小物だ。使い方はこちらを参照。

Last 2008/11/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.