kimono-Wa-Fuku

トップページ>仕立てに関すること

今さら人に聞きにくいFAQ:仕立て方編

和服(着物)に関するなんとなく他人に聞きにくい疑問質問のうち、着物の仕立て方や製法についてまとめてみた。これ以外のことも「区別編」「使い方編」としてまとめてあるので、そち らも参照してみてほしい。

なお、オレはシロウトなので、簡単なことしか書いていない。これ以外の仕立てに関する細かいことは、やはり仕立て屋さんなど「着物製作のプロフェッ ショナル」に聞いたほうがいいだろう。

着物の反物(たんもの)ってなに?

着物専用の生地は一般的に「反物」と呼ばれる。着物屋に置いてある、生地を棒状にくるくる巻いたチクワの化け物のようなのがそれ。時代劇の呉服問屋 のシーンで見たことがある人もいるだろう。もともとは「着物一着分の長さがある生地」という意味らしいけど、現在では長さ関係なくそう呼ばれているよう だ。

反物は着物の製法に合わせて作られているので、長さはそれなりにあるものの、生地幅は普通の洋服生地が100センチほどなのに対して、半分以下の 40センチほどしかない。

..

最近でこそやっと40センチほどが増えてきたようだけど、昔のものは36〜38センチあたりが多い。洋服生地と比べたら狭すぎるかもしれないけど、 反物同士ならたった数センチの違いじゃん!……いやいや、これが実は着物において、とんでもないネックになることもあるんだよ。続きは下の文章をどうぞ。

着物に必要な反物の長さ&幅

ネットで反物を購入して仕立ててみようと思う人や、古着(既製品)を仕立て直しに出してみようと考えてる人は要注意。長襦袢用など一部広幅のものも あるけど、洋服と違って、着物は幅40センチ(以下センチ省略)ほどの生地を、横に連結するような感じで作られている。

実際に仕立てるのにどれぐらいの長さがいるのかと言うと、着丈150袖丈50の長着(着モノの正式名称)の場合は、左袖100(50の裏表)+右袖 100+左身頃300(150の裏表)+右身頃300+左おくみ150+右おくみ150=1100(11メートル)となる。

縫いしろや内あげなどで100余分を見ると、最低12メートルぐらいは必要になるわけ。羽織だと、着丈が短いのとおくみが必要ないのでもう少し短く てもいいけど、アンサンブルを仕立てる場合は、長着+羽織なので20メートル以上は必要だろう。

さらに、長さはどうにかなるにしても、問題は反物の「幅」

反物の両サイドを縫い合わせて作るので、例えば反物幅38だと、上の図に照らし合わせた最大裄丈(身頃+袖)は76……ではなく、38+38−2 (身頃縫いしろ)−2(袖縫いしろ)=72となる。これは、縫いしろが最低各1(両サイドだから2)は必要だから、実際に使える幅は反物幅−2センチとい うこと。裄が73欲しくても、幅38の反物では1センチ足りないんだよ。

まあとにかく「縫いしろ分が必要」ということは憶えておいてほしい。

メートルと鯨尺の関係

ウチのサイトでは、オレがメートル法で寸法を考えているので、長さの表記はすべてメートル法に統一してあるんだけど、特に着物に関しては本来は「鯨 尺」という尺貫法があり、仕立て屋さんをはじめ、今でも業者さんでは広く使われている。

着物を着るからといって鯨尺を知らなくても、業者さんがちゃんと変換してくれるので特に問題はないんだけど、たまに「着丈:○尺○寸」と鯨尺表記で 売られていることもあるので、鯨尺とメートル法のだいたいの変換式を書いておこう。

鯨尺の単位は普通の尺貫法と同じく「尺、寸、分、厘」なんだけど、1尺が約30センチではなく約38センチ(37.88センチ)なのがポイント。

メートル法→鯨尺は、センチ表記を「0.38」で割って、小数点第一位を四捨五入してやる。例えば1.5メートル(150センチ)だと150÷ 0.38=394.736…となり、少数第一位を四捨五入してやると「395」となる。この出た数値の、一の位が「分」、十の位が「寸」、百の位が「尺」 にそれぞれ該当するので、「150センチ≒3尺9寸5分(本当は3尺9寸6分)」となるわけ。

ただしこの計算方法は、鯨尺を「約」で計算しているのと、「厘」に当たる小数点第一位を四捨五入しているので、あまり長いと誤差がひどくなってしま う(ちなみに2メートルで1センチ足らず)。よって、鯨尺で寸法表記してある古着を買うときなどの目安程度にしておいて、最初に書いたように、肝心なとこ は業者さんにまかせたほうがいいと思うよ。

ちなみに鯨尺→メートル法は、上の計算方法で逆算してやればいいだけ。例えば「1尺9寸5分」なら195×0.38=74.1となり、「1尺9寸5 分≒74センチ」となる。

着物の内あげの位置

男物の長着は、腰のあたりで縫い込みを作って着丈を調整しているのがほとんど(対丈(ついたけ)といって、ないものもある)で、これがいわゆる「内 あげ」といわれるやつ。

この内あげの線は、理想としては帯を締めたときに帯の下に隠れてしまうほうがいい。ただしあくまで理想なので、帯の下に隠れていなくても特に問題は ない。既製品や古着だと、よほど自分の体型とドンピシャじゃないかぎり、内あげの線が帯の上(着物の着丈が長い場合は下)に少し出る場合もあるけど、そん なに気にしなくていいだろう。

では、なぜ理想は帯の下に隠れるほうがいいのかというと、自分用に誂えた長着だと、帯を締める位置もわかっているので確実に隠すことができる。言い 換えれば、既製品や古着をそのまま着てるわけじゃないよ、ってわけ。

もし長着の着丈の寸法直しを考えている人がいれば、たぶん手間は同じなので、帯を締める位置を把握して、内あげの位置を調整してもらってもいいだろ う。

その昔、和服がメインだった頃には、家庭にも外にも和裁ができる人が大勢いて、気軽に誂えや仕立て直しが可能だったので、内あげが隠れる長着を着て いるのが普通だったのかもな。

着物屋(呉服屋)、仕立て屋、染み抜き屋

着物は着物屋で買うものと思いがちだけど、一般的な着物屋は、お客さんに着物にする生地を選んでもらって仕立てを「受注」、それを仕立て屋(別会 社)という専門職の人たちに「発注」するという販売形態を取っていることが多い。早い話、オーダーメイドの洋服屋のような感じだ。

オレとしては、オーダーメイドの洋服屋だと自分とこに仕立て職人がいたりするけど、着物屋にはまずいないので「仕立ての受付窓口もしている生地屋」 だと思っている。実際、生地だけ買って帰ることができるからな。

もちろん中には、普通の洋服屋のように着物=既製品を売っているところもあるにはある(古着屋もこれかな)けど、覚えておいてほしいのは「着物屋に 行けば着物を買ってすぐ着られるとは限らない」ということだ。

ちなみに、染み抜き屋は和服専門のクリーニング屋と考えればOK。複雑なのでオレも詳しくはわからないけど、これはこれで、仕立て屋が染み抜きを 「受注」して染み抜き屋へ「発注」しているところもあるようだ。

悉皆(しっかい)

これまた詳しくは知らないんだけど、上で書いたような仕立てや染み抜きその他もろもろ、いわゆる製造&メンテ関係「なんでも(これが本来の意味らし い)」OK!な業者を、和服関係では「悉皆」と呼ぶらしい。はい、解説できるのここまで。これ以上聞くな、オレはわからん!

ミシン縫いと手縫い

当たり前だけど縫い方が違う(おい)。それ以上はオレも詳しくはわからないんだけど、

手縫い:時間もかかるし割高ではあるものの、仕立て直しや洗い張りなど、和服本来の使い方を考慮に入れたソフトな仕立て方。基本的にひとつの糸で縫 われている。上等な生地で、子や孫にも残したい、というのなら手縫い。

ミシン縫い:早いし割安ではあるものの、縫い目をほどくのが大変で、仕立て直しなどには向かない。上下ふたつの糸でしっかり縫われている。自宅で洗 濯、自分が着つぶすつもりならミシン縫い。

というふうに聞いたことがある。ただし、実際にミシン縫いの長着の縫い目をバラした感想としては、そんなに大変とは思えなかった。なにか別の理由が あるのかもしれない。

勝手な推測だけど、手縫いのほうが生地に負担をかけにくいというか、着る上で必要最小限の丈夫さで縫われているというか、接着剤とボルト留めの違い の ようなものか?手縫いとミシン縫いを引っ張ったとき、手縫いは一定以上の力がかかると縫い糸が切れて生地には損傷がなくて、ミシン縫いは丈夫に縫いすぎて 生地が破けるのかもしれない。

誰か泣きながら実験してくれ(他力本願)

洗い張り(あらいはり)

着物の洗濯方法の一種と思われがちだけど、実際はエンジンのオーバーホールのような感じ。着物の縫い糸をはずしてバラバラに分解、繋ぎ合わせて反物 状 態に戻してひととおり洗濯、そしてもう一度着物に仕立て直すわけ。

再仕立ての段階で寸法調整も可能、胴裏や羽裏の交換も可能、汚れやキズなどもうまい具合に目立たなくしてくれる(らしい)ので、古着や「お下がり」 の着物でも、生地の劣化など限界はあるものの、ほぼ新品の状態に生まれ変わるので、大切に着たいものなどにおすすめの方法だ。

ただし、厳密には洗い張りとは「生地を洗濯して干す」工程の名称なので、先ほど書いたように「バラす」「仕立て直す」工程が必要になる。よって、実 際の洗い張り「セット」を頼んだ場合、料金は「バラし代+洗濯(シミがあればシミ抜き)代+仕立て代+@(胴裏交換など)」で数万円かかることになるの だ。

「洗い張り1万円!」といった広告をたまに見かけるけど、洗濯代が1万円というだけで、仕立て代などは加算されていない場合があるので、詳しくは業 者 に確認してほしい。

丸洗い(まるあらい)

詳しくは知らないけど、多分「ただ水を使って洗濯する」だけ。自宅で洗濯できる人にはおそらく用はないだろう。

ただ、普通のクリーニング屋で「着物丸洗い」というのには要注意。おそらく乾燥機を使ったんだろうけど、無惨なぐらいに着丈が縮んで返ってきた経験 がある。着物をクリーニングに出すなら、前出の染み抜き屋さん(経由)のほうが安全だろう。

補足解説:専門職の方より(ありがとさんです)

和服の丸洗いは、水ではなく油系(揮発性)の溶剤を使って洗濯するので、落ちる汚れも皮脂などの油(脂)系になります。溶剤が揮発性なので、乾燥機は使い ません。汗などの水溶性の汚れは、ミスト状の水分を使った「汗抜き」という別の方法で行います。

クリーニング屋に出して縮んだのは、店によって、水溶性の汚れも落とすために、揮発性の溶剤にほんの少し水分を加えることがあったようなの で、それが原因かと思われます。そういったトラブルがいくつかあったため、現在のクリーニング屋は和服を取り扱わない、あるいは取り扱っても、実際の洗濯 は專門業者に依頼する傾向にあるようです。(2016/10/17)

Last 2016/10/17. Copyright (C) since 2007 バカガエル.