kimono-Wa-Fuku

長着→シャツ+ズボン

一般的に「着物」と呼ばれてるものの中心的存在、正式名称は「長着(ながぎ)」。洋服で言えば長袖シャツと長ズボンが一体になったもので「ツナギ」 のような感じ。

ちなみに長着に対して「半着(はんぎ)」という着丈が短いものもある。

長着の袷、単衣、薄物

長着の形状は1種類しかないんだけど、仕立て方と生地によって3通りに分類される。仕立て方に関してはこ ちらを参考にしてほしい。

長着袷(あわせ)仕立て

全体に裏地があるもの。画像で生地の色が違うように、表と裏では別々の生地が使われていることが多い。

裏地は胴裏(どううら)とも呼ばれ、金巾(かなきん)という専用の生地が使われていることが多い。紺系の裏地が多いのもそのせい。古着だと、袷仕立 てになっているのは生地が絹物であることが多い。

裏地があっても全体ではなく肩と尻の部分にだけ裏地があるのは「肩すべり、居敷当て」という補強用の生地なので、分類は次の単衣仕立てに なる。

長着単衣(ひとえ)仕立て

簡単に言えば裏地がないもの。右の画像が袷と単衣の拡大図で、左が袷、右が単衣だ。

.

古着だとウール生地のものはほとんどが単衣。最近よく売ってる木綿生地の着物も単衣が多い。浴衣ももちろん単衣。先ほどの肩すべりと居敷当ては、つ いてるの もあればついてないのもある。

ちなみに、肩すべりは(襦袢を着た場合の)肩部分の生地の滑りをよくするため、居敷当てはお尻部分の(縫い目の)補強用についている生地。

長着単衣仕立て(薄物)

分類上は生地が二重になっていないので単衣なんだけど、スケスケの生地など特殊な?薄い生地を使っているので一応分ける。

生地が生地なので暑い時期、夏用と解釈してOK。麻の生地は単衣、薄物……うーん、どっちでもいいよ(適当)。暑い時期用ではあるけど「暑い時期に は薄物を着なければならない」ではないので、着る着ないはその人の好み。

ただ、薄物は着られる 期間が限定される=スケスケなので少なくとも寒い時期には着ないのとスケスケ用の着方が必要になる(解説)ので、着たい人はある程度着物に慣れてからのほ うがいいかと。

画像のは絽(ろ)という織り方の生地。背中側にうっすらと色がついているように見えるのはオレん家の襖が透けて見えているだけ。よく見れば取っ手も 見えるはず。

.

生地をアップにするとこんな感じ。1ミリ弱?の隙間がたくさんあるのでこれぐらい透ける。他にはもっと隙間の大きい紗(しゃ)や羅(ら)というもの もある。

半着

着丈が足首のほうまでなくてお尻が隠れるぐらいまでしかない(寸法はいろいろ)ものを「半着」と呼ぶこともある。

画像のはオレが袴専用に使っているやつで、着丈は120センチぐらい。着丈は使い勝手や好みによって違うと思うけど、寸足らずの長着を半着と呼ぶわけではない。

オレがそうであるように、ぱっと思いつくのは袴を穿くときに使うぐらいなので着方が限定される。袴をスタイルに組み込むでもしないかぎり、こういうものもあるよ程度で。

トップページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.