kimono-Wa-Fuku

トップページ>帯類

男物の帯類→ズボンのベルト

洋服に例えるならベルトにあたり、長着(着モノの正式名称)や襦袢を体に固定するのがこの帯。 その他、補助的な帯として伊達帯と腰紐もあるので、ついでに解説しておこう。

なお、帯の結び方に関しては、「基礎知識→帯の締め方結び方」に角帯と兵児帯、両方何通りか解説してあるので、そちらを参照してほしい。

メインの帯は2種類:角帯と兵児帯

男物の帯には角帯と兵児帯がある。 一応夏場用の絽(紗、羅)の帯もあるが、意外と値も張るので無理して使う必要もないだろう。

角帯(かくおび)

献上柄に代表される、よく時代劇で見かける帯。ウチのサイトに掲載している私の画像は、ほぼ角帯だ。

形状は概ね固定されていて、幅は約10センチ前後、長さは約4メートルほど、帯の厚みも厚手のものや薄手のものがある。化繊や綿の手頃なものから、PCが買えるような価格の正絹のものまでいろいろある。なお、見た目は同じように見えても、女物の帯とは幅が違う別物だ。

角帯の用途は普段用〜礼装まで幅広い。色柄もバリエーションが豊富で、長着や羽織などとの色の兼ね合いを考えてみるのもおもしろいだろう。

ただ、約10センチという幅で締めるし、兵児帯に比べて生地がごついので、自宅などくつろいだ場面で使うのはやや窮屈な感じがする。

兵児帯(へこおび)

上野の西郷さん像や、893の組長などが劇中でしている、ペラペラの薄い布1枚の広い帯。私が部屋着で使っているのはこれ。

色が主に黒かグレーしかなく、基本的には普段着用の帯。冠婚葬祭など、礼服用としては使うことができない。ただし「総絞りの新品」などというものになると、ぶっ飛ぶような価格なので要注意。私はもちろん古着で購入している。

帯幅が広く薄いし、ある程度生地が伸縮するため、角帯とは逆にくつろいだ雰囲気で着物を着る時には便利だろう。結び方も簡単というか適当でOKだし、メシ食っておなかが膨れたときに楽だ。

なお、兵児帯の親戚?で「三尺(さんじゃく)帯」というものがあるが、これは名前の通り、長さが約1メートルほどしかない=1周巻くだけだ。

伊達帯(だておび)と腰紐

伊達帯や腰紐は、主に長着や長襦袢を仮止めする=角帯の下に使うものだ。これらを使ってはだけないようにして、その上から角帯を締める、というわけ。

伊達帯は角帯の半分、5センチぐらいの幅の帯。長さも2〜2.5mといったところだ。伊達「帯」ではあるけれど、基本は角帯の下に使うものだから間違えないように。実際間違えた人がいるからな。

角帯をはずすor長着を脱がないかぎり、表面には絶対に見えないので、無理して色柄にこだわる必要はないだろう。逆に、帯から見えているとカッコ悪い。もちろん、慣れてくれば使わなくてもいい。現在私は基本的に両方とも使っていない。

また、自宅など(解説)で特に恰好を気にする必要がないときには、温泉宿の浴衣のイメージで、これらを帯代わりに使うのもアリだろう。

Last 2010/11/26. Copyright (C) since 2007 バカガエル.