Kimono-Wa-Fuku

トップページ>既製品の寸法

既製品着物は身頃の寸法が大きい。

ポリエステルなどの化繊でよくある既製品は、洋服のようにSML表記で、着丈、裄、袖丈程度しか寸法が明示されていない場合が多いんだけど、実はこれ、身頃幅がかなり大きめ=太った人サイズに作られているんだよ。その詳細を解説しておこう。

参考として取り上げているのは、オレが持っていた化繊の長着(着物の正式名称)なんだけど、おそらく既製品浴衣や長襦袢も同じようなものだと思う。よって、寸法にうるさい人は既製品には手を出さないほうがいいだろう。

ただし断っておくけど、オレは既製品を否定するどころか、着物に限らず和服を一部の人の衣装だけにしないためにも、ぜひ広く流通してほしいと思っているからね。業者さん、がんばってください!

化繊長着の実際の寸法

以下が、オレの持っている長着の寸法。

着丈や裄だけで見ると、身長170センチ(以下、センチ省略)前後の人にはバツグンなんだけど、問題は前後身頃。計算式(解説)にウエストをはじきだしてみよう。

前身頃から計算すればウエスト106(後ろ身頃が3足りない)だし、後ろ身頃から計算するとウエスト94(前身頃が3大きい)と、ちょっとバランスの悪い寸法であり、ウエストサイズからわかるように、細い人にはブカブカなんだよ。

そのかわり、ウエスト94〜100ぐらいの人ならとりあえず着用可能で、おまけに太っている人はお腹のほうが出るからなおさらGOOD。身頃幅の小さい古着で我慢していた太っている人には、もってこいのサイズなわけ。ちなみにオレ自身は……この身頃幅で特に問題ないんですがなにか?(汗)

なぜか上半身がブカブカ

オレは専門家ではないので詳しくはわからないけど、なぜ上半身がブカブカになるのか?

.

それぞれ後ろから見た図。長着の仕立て方において、肩幅は後ろ身頃より3ほど大きく、内あげのあたりから徐々に身頃が広くなって肩幅になるのが普通。これは人間の身体のつくりが、腰から肩にかけて広がる逆三角形っぽくなっているからだと思われる。

しかしオレの持っていたやつは、裄を長くするためなのか、肩幅と後ろ身頃の差が普通に比べさらに大きくなっていて、6ほどある。おまけに、徐々に広くなる変形点が、普通は内あげの位置からなのに、なぜか内あげ位置よりさらに下にあるんだよ。

先ほどの2つの図を重ねてみた。仮に同じ裄の長着の場合、ピンク色の部分だけ前後身頃の上半身にダブつきができる。前身頃の寸法がもともと大きいのと併せると、これらが上半身をブカブカに感じる原因じゃないかなと思うわけ。

既製品ゆえの宿命ではあるけど……

「なんだそりゃー!」と思うかもしれないけど、これは既製品であるがゆえの宿命だろうよ。既製品というのは、一つの型紙(サイズ)でなるべく多くの人が着られるよう、ある程度寸法に幅を持った作りにしないと、大量生産は不可能であり、結果、価格を抑えられないからね。

ただやはり、既製品を作っている業者さんには、もう一息がんばってほしいとも思う。あまり寸法のパターンを増やすと、採算が取れなくなる可能性があるだろうけど、せめて太っている人用と細い人用の2パターンはほしいなあ……と。

なお、ウチのこの記事を見る前に既製品を買ってしまって、身頃がブカブカでややブルーになっている人には、解決策は一応あるのでこちらを参考にしてみてよ。

Last 2010/12/05. Copyright (C) since 2007 バカガエル.