kimono-Wa-Fuku

トップページ>履き物

和服の履き物は、極論、なんでもいい。

男性が和服を着た時に使う履き物は、主に雪駄と下駄の2種類がある。ただし極論を言えば、履き物なんてなんでもいい。好みや状況に応じて靴やサンダルもアリだ。

メインとなる履物:雪駄と下駄+@

私は雪駄をメインに使っているが、雨天時などは下駄を履く場合もある。どこへ行くにも革靴を履く人はそうそういないのと同じで、状況や好みに応じて使い分ければいい。使い分け方も、「雪駄と下駄」でもいいが「勝負(なんの?)雪駄&テキトー普段用雪駄」でももちろんOK。

雪駄(せった)

時代劇で見かける、男が使ってる草履のようなものがこれ。

表は畳、あるいはそれっぽいビニール、裏(底)は牛革で作られているものが多い。もちろん他の素材のモノもある。

かかとに金属の金具が打ち込んであって、地面が固いところを歩くと、金具が擦れてチャリチャリ?と音がする。昔はこの音がよさげだね!と言われていたらしいが、今の世の中は技術が進歩してツンツルテンの地面(タイルなど)が多いので、擦れるどころか滑る(後述)。

日常生活で和服を着る場合は、もちろん「普段履き」なので、あまり高価な物を買う必要もないだろう。私は5000円程度を目安に買うようにしている。

下駄(げた)

一般的に下駄といえば「雪の朝、二の字二の字の、下駄のあと(田捨女)」に詠われている「高下駄」というやつ。下に突き出ている2つの「歯」が特徴だ。

よく聞く「桐下駄」というものは、下駄の台(木の部分ね)に桐の木を使ってる高下駄のこと。他にも右近下駄だのなんだの、下駄の台の幅や形状が違う種類がいろいろあるが、雪駄派なので詳しくは知らない(いい加減)。

靴やサンダルなどもアリ

他にも、かの有名な坂本龍馬は靴(ブーツ?)を履いていたのだから、個人のセンスでおかしく感じなければ、靴でもサンダルでもなんでもいい。実際私は、ある程度歩き回ることが予想される時には、かかとに留め?がついてるサンダルを使っている。

.

構造的には草鞋(わらじ)に近いので、「歩行」という動作に関してはかなり実用的で楽。状況によってはこんなのもアリということだ。

雪駄の補足

私が雪駄をメインで使っているので、雪駄についての補足を少々。

雪駄は水に弱い。

雪駄は雨(水)に弱い。雨で濡れた路面程度なら問題ないだろうが、水たまりなど「水に浸す」のがダメ。

雪駄は3層ぐらい?の貼り合わせになっており、すべてがそうであるかどうかはわからないが、その真ん中には表からはわからないが厚紙が入っている。鼻緒を付けている穴や貼り合わせている隙間から水が侵入(ワラや竹の皮など、表がビニールではないモノは表からも染み込む)し、この厚紙が水分を吸ってしまうと乾いてもガビガビになり、使い物にならなくなる。

いや実際、海水浴に雪駄を履いていったことがあるのだが、翌日見てみると「終了」していた。まあ、水たまり云々どころか、そのまま海の中入ったからな。

道路が舗装されている現在なら、雪が積もっていたり土砂降りでもないかぎりさほど気にする問題ではないだろうが、水たまりに気をつけるとか、下駄や厚底(1枚モノ)のものを使うとか、雨天時には各自対処(解説)してほしい。

意外と便利なゴム貼り雪駄

最近は、底の部分にウレタンやゴムが貼ってある雪駄(タイヤ底の雪駄は結構昔からある)が出回っている。一見安っぽい感じがするが、現代社会では結構便利なのだ。一部の下駄でも、地面と接する部分にゴムを貼ってあるのを見たことがあるしね。

.

まず一つめは滑り止めとしての役目。ホテルなどのロビー、エントランスのような石張り、タイル張りなどツンツルテンの足元は、雪駄下駄共に滑りやすい。調子こいて肩をいからせて歩いていると、ホント滑る。未だに私だって、たまーに滑って転びそうになるからな。

もうひとつはクッションとしての役目。靴に慣れてしまっているのもあるし、アスファルト舗装された道は結構足に負担をかける。特に旅行へ行った時など、何時間も街中をウロウロ歩き回る場合は重宝するかも。

それなりの値段する雪駄の底は牛革を使ってあるものが多いが、牛革底はクッションの役目がほとんどない。革靴とスニーカーの違いだな。それこそ旅行に行くなら、散策用?に使い捨てるつもりで、ゴム貼りのものをひとつ買って行ってもいいと思う。もちろん「お出かけ用」は別の履き物を使ってもいい。

上記の理由から、靴社会である海外へ和服で行くなら、ゴム張りのほうがいいだろう。あと、海外では家に上がるときに履き物を脱がないように。家の中は土足OKだからな。

履物購入時の補足

履物を買う上で知っておいたほうがいいことを、いくつか補足しておこう。

履き物のサイズ

サイズは靴と違って、雪駄も下駄も一般的には大と小の2パターン?しかない(と思われる)。そりゃカスタマイズしたらどうにでもなる。

私は靴のサイズが26.5〜27.0センチなので、雪駄は大判(L判)を買うようにしている。画像にあるとおり、大判本体の大きさは25センチぐらいなので参考にしてほしい。

もちろんこれだとかかとがはみ出るのだが、雪駄も下駄も、かかとが少々はみ出るのが当たり前(理由は知らない)のようだ。それじゃあかかとが痛いって?ほんの少しでいいから、つま先にも体重をかけてやるようにすればかなり違う。あとは「慣れ」だな。

男物と女物の違い

「雪駄」とあるのはほぼ間違いなく男物だが、「草履(ぞうり)」として売られているやつは、私の見た限りではほとんど(一部例外あり)女物。横から見ると、男物は底の厚みはほぼ均一でペッタンコ、女物はかかとが厚底ブーツなみにある三角形、というのを参考にしてほしい。

※注:雪駄ももともとは草履の一種であり、男女による区別ではなく製法などによって雪駄かどうかを区別するらしい。ただ、裏面が革張り&かかとに金具があるものを雪駄、それ以外は草履、あるいは、形が四角いものが雪駄、それ以外は草履など、諸説ある。私自身厳密な区別はできないが、男物はほとんど四角い形をしているので、当サイトでは「男物≒雪駄、女物≒草履」としてる※

下駄の場合は、台の横幅が広い物はほぼ間違いなく男物だが、それ以外になると……うーん、鼻緒の色柄や台の色がカラフルで、女の子趣味っぽいものが女物……かなあ(おい)。

両方とも、買う時には店側に確認をとってから、買うようにすれば問題ないだろう。まさか店側がわからない、などということはないと思うからな。

品揃えのいい「履き物屋」を探す。

これらの履き物は、靴屋にはほぼ売っていない。「履き物屋」という店舗名を探さないとダメ。ただし残念ながら、地方は履き物屋自体が少なく、品揃えもあまりいいとは言えない。

なにせ、本体は同じようなものでも、鼻緒(紐のこと)の種類がとにかく少ないし、本体の種類も、当然ネットショップや大都市の店舗(解説)のほうがたくさんある。私もオークションやネットショップ、県外へ行った時に買うことが多いからな。

品質の良いものになると、鼻緒の交換などメンテナンスもできるらしいので、物持ちのいい人は少々値の張るものを買ってみるのも手だろう。すごい?店になると、鼻緒と本体が別々で売られていて、客が自由に組み合わせられるような販売方法をしているところもある。

Last 2010/04/27. Copyright (C) since 2007 バカガエル.