kimono-Wa-Fuku

和服(着物)は着るもの、衣服なのか?

このサイトでは「和服は着るもの、衣服である」正確には、オレ自身が「衣服として扱ってる」かな。というわけで、な ぜそう言い切れるのか、それを説明しておこう。

和服とはどうやって使うモノなのか?

今まで自分が和服に対して持ってる情報や知識あるいは価値観など、そういったものをいっさい取っ払った状態で、ごくごく単純に考えてみてほしい。

和服とは、どのように作られてるものか?

→生地を糸で縫い合わせて作られてるもの

では、それはどうやって使うものか?

→着る、身にまとって使うもの

では、そういったものを一般的になんと呼ぶか?

→着るもの、衣服

よって、和服(着物)は着るもの、衣服である。解説おしまい(笑)

現代の和服は、いろんな人があることないこと、あれもこれもなんでもかんでも(おい)、余計な付加価値や個々の価値観をこれでもかと付け足しちゃっ たので、一般人にはついていけない「謎の物体」になってしまっている。

でも、謎の物体から付け足されたものを全部取り除いてやると、最後に残る和服の本体というか正体は「着るもの、衣服」というわけ。

衣服だから衣服として使ってるだけ

和服の正体は衣服なんだから、現代の洋服では当たり前のようにやってることを和服でやってもなんの問題もないかなと。

実際には和服にはどういったものがあるかなど、詳細はそれぞれサイトのほうで解説してあるので、そちらを参照しておくんなまし。

ちなみに、和服を衣服として扱うのは珍しいことでもなんでもなく、昭和初期ぐらいまでの1000年以上昔から、時代とともに何世代もの多くの日本人 がずっとしてきたこと。

身近な衣服、衣料品だったからこそ、年齢性別体型仕事身分関係なく、日常生活から冠婚葬祭に到るまで、あらゆるシーンで和服が着られていたわけ。も ちろん、洋服が登場してからは和服一辺倒ではなくなったけどね。

言うなれば、オレは「昔の人(一般人)の和服の使い方」をやってるだけ。

そのほうが、巷でよく言われる「和服は日本の伝統文化云々」より、よっぽど日 本伝統の「衣(服)」文化してるだろうと。こんなところでいかがでしょうか(笑)

メインページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.