kimono-Wa-Fuku

和服(着物)は着るもの、衣服なのか?

このサイトでは「和服は着るもの、衣服である」と定義している。正確にはオレ自身が「そういう扱い」で使っていると言うべきかな。というわけで、な ぜそう言い切れるのか、なぜそんな扱い方ができるのか、それを説明しておこう。

和服を使う方法はたった一つしかない。

まず最初に、今まで自分が和服に対して持ってる情報や知識あるいは感情など、いわゆる先入観や主観を取っ払った状態で単純に考えてみてほしい。

「和服とはどのようにして使うものなのか?」

答えはひとつしかない「着て身にまとって使うもの」では、そういった使い方をするものを一般的になんと呼ぶか?

「着るもの、衣服」そのとおり。和服(着物)は着るものであり衣服、たったこれだけの簡単 なことなんです。

補足するなら、日頃和服を目にする機会が成人式だとか卒業式だとかお祭りだとか、あるいは役者や芸能人の舞台衣装だとかがほとんどだから、ついつい 「特別ななにか」と思い込んでるだけなんだよ。

例えば、時代劇で着ている和服は「撮影用の衣装=特別なもの」だけど、では実際に当時の人らも撮影用の衣装を着ていたのかというと当然ながら違う。 当時の人らが着ていたのは和服ではあるけど「いつも着ている服」でしかなかったというわけ。

オレは、昔の人なら当たり前のようにしていたことを実践しているにすぎない。言い換えれば、和服を着ることは大したことでもなんでもない、単に「服 を着てるだけ」なんだよ。

衣服なので考え方は洋服と同じ。

「和服を着る」といっても、早い話が「衣服を着るだけ」なので、形状や着方は違えど基本的な考え方や使い方は和服も洋服もほとんど一緒。

洋服に礼服(フォーマル)、普段着お洒落着(カジュアル)、日常着部屋着があるように、和服にも同じようなモノや着方がある。そんなの見たことな いって?うん、見たことないだけで実際はある。ただ残念ながら、そういったモノや着方をしている人は滅多にいないけど。

洋服であれば誰もが そうしてるように、結婚式などいわゆるフォーマルな場に行く時は礼服、あるいはそれに準ずるものや着方をすればいいし、それ以外なら自分の好みで自由に着 てもなにも問題はない。今まで洋服でやってきたことがそのまま流用できるってわけ。

なお、日本人なら和服を着ろ!などと押しつける気はないし、和服だけに偏る必要もない。自分の生活スタイルや状況に応じて和服洋服を使い分ければい いかと。着るものだから着る人のお好きなようにどうぞ。

着物は高いもの「も」ある。

特に着物に関しては、何万何十万円もして高価だろ!と思っている人がいるようだけど、これまたただの思い込み。

A、どんなものでも高級品は高価である。

着物だって品質も価格もピンキリなんだけど、上で書いたように、目にするものや状況が限られてるから着物=特別なもの=高価なものと思い込んでし まってるだけ。さすがに新品を数千円で買うことはちょっとしんどいけど、買い方を工夫すれば出費はかなり抑えられる。

B、最初は一式揃えるから当然ながら出費は多くなる。

着物類をなにも持ってない状態から着物を着ようとすれば、あれこれ買い揃えることになるのでどうしてもお金がかかる。でも一度揃えてしまうと、それ だけでもしばらくは着られるし、必要なものや欲しいものが出てきたらそれを買い足せばいいだけ。

どちらも、着物ではなく洋服であっても同じことでしょ。

どうするかはおまかせ。

以上、オレの和服に対する考え方というか捉え方を簡単に説明したけどどうだろうか。

当然ながらこれは「イチ個人の見解」なので、この考え方が正しいとは言わないし、誰彼に強制する気もない。こんなのありえない!と思うのであればそ れでも結構。

ただ、ひとつだけ今ある事実を述べるとすれば、この考え方に沿って日常生活で自由気ままに和服を着ているおっさんがここいるってこと。

あとは……これを読んでくれた人におまかせします。和服が「自分の服」になりますように。

メインページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.