kimono-Wa-Fuku

トップページ>和服ってなんなのさ?

和服(着物)とはどういったシロモノか?

はじめに、ウチのサイトにおける和服(着物)の捉え方というか、「正体」のようなものを簡単に説明しておこう。例えるなら「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ってとこかな。

和服=布を縫い合わせた身にまとうモノ=○○

現在、生活の中で和服姿を目にする機会は、

などなど、悪く言えば「普段とはちょっと違う」人が「普段とはちょっと違う」状況で着ているのを見かけることが多いと思うんだよ。だから「和服は一般人の日常生活には縁のない特殊な恰好」「和服を着ようにもいつどんなときに着ればいいのかわからない」と思ってしまうのも無理はない。

しかしよーく考えてみると、和服とは「布を縫い合わせた身にまとうモノ、着るモノ」であることには間違いない。では、着るモノのことを世間一般ではなんと呼ぶか?

そう、「衣類、衣服」なんだよ。

実はすごく単純なことで、そもそも和服とは、特殊な防御力やスキルが発動する神器でもなければ、あがめ奉ったり神格化するような偶像でもない。ごく普通の着るモノ=衣服であり、これは誰がなんと言おうと絶対に変わらない、和服の「本質」なわけ。

だからこそ、明治時代になり、西洋文化(洋服)が流入してきて衣服の選択肢が増えるまでは、老若男女問わず一般人から偉い人まで、ほとんどの日本人がごく普通に日常的に和服(主に着物)を着ていられたんだよ。

衣服だから、いろいろなモノや着方がある。

例えば成人式や結婚式のとき、多くの人は「洋服の礼服(主にスーツ)」を着ているはず。これは和服の場合も同じで、和服であればなんでもOK!ではなく「和服の礼服(あるいは礼服相当の着方)」を着ている。

では、洋服には礼服しかないのかというと、むしろ普段着のバリエーションのほうがいくらでもあるのは知ってのとおり。しかし和服にはそれがない……のではなく、実はこれまた洋服と同じようにいくらでもあるんだよ。

ただ、先ほど書いたように、一般の人が和服姿を目にする機会の多くが「特殊な状況下(人)での特殊な恰好(主に礼服)」であるため、「和服=特殊なもの(しかない)」と勘違いしてしまっているわけ。

洋服と和服は、形状や着方は違うものの、「洋」と「和」の区別があるだけで「服」であることに変わりはないので、基本的な考え方や使い方はほぼ一緒なんだよ。

着る状況や個人の好みなどを踏まえた上で、洋服を誰がいつどこでなにをどのように着てもいいように、和服も誰がいつどこでなにをどのように着てもいいわけ。もちろん、和服だけに偏る必要はないので、和服より洋服のほうが都合がいいと思うのであれば、無理せず洋服を着ればいい。

ウチのサイトでは、日本人ならキモノを着ろ!などと押しつけがましいことを言うつもりはないので、それこそ、明治時代以降の衣服の選択肢が「和服だけでなく洋服「も」ある」となったことの逆で、「洋服だけでなく和服「も」ある」で充分だからな。

着物は高い!と思ってる人へ

特に着物に関しては、何万何十万円もしてあまりにも高価すぎる!と思っている人がいるようだけど、以下の二点を踏まえれば「着物=高価」ではなくなるはずだ。

高級品が高価なのは当たり前

まず一つ目は、なんでもそうだけど「高品質なものは高価」ということ。裏を返せば、それなりの品質であればそれなりの価格で売っているってわけ。

洋服のように新品を数千円で手に入ることはまだ無理だけど、古着であれば数千円で、新品でも「洋服の上下」と考えれば、そこそこの出費でまかなえるはずだ。

でも○○織りの着物って何十万もするじゃん!だって?だーかーら、そういった高級な生地、珍しい生地を使っている新品の着物なんだから、高価なのが当たり前だってば。そういった高級品「も」ある、というだけで、着物=高級品ではないんだよ。

なお、高品質(だから高価)な着物を価格だけ見て「高すぎる!」と思うのは、例えるなら最新型の一眼レフデジカメと使い捨てカメラの価格を同列で語るのと一緒なので、少しは「なぜ高価なのか?」を考えるようにしたほうがいいよ?

一式揃えるにはカネがかかるのも当たり前

二つ目は、「最初は一式揃えなければならない」ということ。

着物類をいっさい持っていないというのは、言い換えれば「肌着下着以外なにも着るモノを持っていない状態」とも言える。洋服でたとえるなら、ズボンだけ買えばあとは無くてもいい……とはいかず、シャツや上着、ベルトや靴下など「一式」を買わなければいけない。

これは着物も同じで、一番最初はいろいろと買わなければいけないので、どうしてもカネはかかるんだよ。ただし一度一式を揃えてしまえば、あとはそれぞれを必要に応じて買い足し(補充)するだけでいいので、そんなにカネはかからなくなる。

なにかを買うたびに、頭のてっぺんから足先まで一式買い揃えなければ気が済まない人を除けば、洋服では多くの人がこの買い方をしているはずで、それと同じ事が着物にも当てはまるってわけ。

もっと気楽に気軽に着てもいいのでは?

「和服はそもそも衣服」とウチのサイトでは謳っているけど、人それぞれ和服に対する思い入れなどもあるだろうから、「衣服だなんて私にとってはそんなに軽々しいものではない!」「和服は日本の伝統的な〜」「和服とは(ry」といった人も当然いるだろう。

そういった思いを持つこと自体は個人の自由なので、それをどうこう言うつもりはない。

ただ、そういった価値感?を優先しすぎて、和服すべてを高価な骨董品や重要文化財のように捉えてしまうのも行き過ぎで、それが現在における「日本人の和服離れ」の一要因にもなっているような気がするんだよ。

和服(着物)はオキモノ(置物)ではなく着(る)モノ、着てくれないことには、そういった価値観を理解することも持つこともできないんだから、まずは気楽に気軽に日常生活の中で着てもらうことから始めよう、というのがこのサイトの方向性なわけ。

おまけ:サイト名「kimono-wa-fuku」の意味

はっきり言ってくだらないこじつけ(笑)

「着物和服」をそのままローマ字表記すると「KimonoWafuku(きものわふく)」になり、
→サイト名のように「Kimono-Wa-fuku」と分割すると「きもの-わ-ふく」と読め、
→「きもの-わ-ふく」の発音を文章にすると「きもの-は-ふく」となり、
→「きもの-は-ふく」を漢字を使って書くと「着物は服」になる。

ウチでは男物だけを扱っているものの、男女問わず和服が衣服であることは、オレが多くの人に知ってもらいたい一番肝心なことなんだよね。

Last 2012/10/30. Copyright (C) since 2007 バカガエル.