kimono-Wa-Fuku

トップページ>和服は衣服なのか?

ホントに和服(着物)は衣服なのか?

サイトのトップページに書いてあるとおり、オレは「和服(着物)=衣服、着るもの」という考え方なんだけど、あまり和服に馴染みのない人は「ホンマ かいな?」と思うだろう。

でも、現在よく目にする和服姿はひとまず忘れて、そもそも和服はいつ頃からあって、どのように使われてきたのかを、漠然とでいいので考えてもらえれ ば、きっとその理由がわかるはずだ。

ずっと昔は誰もが当たり前のように使っていた。

和服がいつ頃からあったのか、そこらへんはオレも詳しくはない。低学歴にそんなことを求めないでおくれ(笑)

ただ、よく時代劇の舞台となる江戸時代の頃には、すでに日本中にあったのは間違いないし、老若男女お殿様から庶民までほとんどの日本人が「着てい た」のも間違いない。これぐらいは、わざわざ文献とか調べなくても誰でも知ってることだよね。

ほら、もう答え出たでしょ?

じゃあもうひとつ。和服って、布(生地)を縫い合わせて作ったモノであり、そしてその使い方は「身にまとう、着る」なんだけど、そういったものを世 間一般ではなんと呼んでいるか。

ほら、もう答え出たでしょ?

和服を着る人がどんどん少なくなって、現代においては、和服姿を目にする機会がごくたまにしかなく、そのたまに見たやつも、寺院関係など特殊な人、 冠婚葬祭や年中行事など特殊な状況、役者や催事などの衣装的なものが多いから、和服=特殊なもの、と勘違いしているだけ。

実はすごく単純なことで、そもそも和服とは、ご く普通の着るモノ=衣服であり、これは誰がなんと言おうと大昔から絶対に変わらない、和服の「本質」なんだよ。

いや、まあ、そう言ってしまえばそうなんだけど、やっぱ和服って、日本の伝統文化というかなんというか……だーかーら、大昔から日本人誰もが身直な 衣服として着てきたその「行動」が、和服を日本の伝統文化にしたんじゃないの?

「和服は衣服であり、誰もがいつでも着られるものである」これは、オレが勝手に謳ってるのではなく、日本の歴史がそれを証明してるってわけ。

衣服なので、考え方は洋服と同じでOK

和服が衣服ってのはわかったけど、では実際、どんなときにどういったものを着ればいいのか。実はこれも簡単で、衣服の仲間である洋服の場合と同じよ うに考えればいい。

えーっ、でも和服って、あんなときにはこんなものをこうやって着ろだとか、いちいち事細かく決まってるんじゃ……あーはいはい、そんなものはひとま ず忘れてていいので、下の図をご覧あれ。

洋服と和服は、形状や着方は違うものの、「洋」と「和」の区別があるだけで「服」であることに変わりはないので、基本的な考え方や使い方はほ ぼ一緒なのね。

結婚式にお呼ばれして出席するのであれば、洋服だろうが和服だろうが礼服(あるいはそれに準ずる着方)じゃなきゃいけないし、近所のスーパーへ買い 物に行くのであれば、わざわざスーツに着替えなくてもいいように、和服だって適当でいいんだよ。

もうちょっと突っ込んで言えば、礼服的な恰好が求められるいわゆる「フォーマル(日本語だと正式、儀礼的って意味)な状況」以外なら、誰もが洋服で そうしてるように、自分の好みで自由に着ても問題ないかと。

なお、ウチのサイトでは、日本人なら和服を着ろ!などと押しつける気はないし、和服だけに偏る必要もないって考えなので、和服より洋服のほうが都合 がいいと思うのであれば、無理せず洋服を着ればいいよ。

着物は高い!と思ってる人へ

特に着物に関しては、何万何十万円もしてあまりにも高価すぎる!と思っている人がいるようだけど、以下の二点を踏まえれば「着物=高価」ではなくな るはず。

高級品が高価なのは当たり前

まず一つ目は、なんでもそうだけど「高品質なものは高価」ということ。裏を返せば、それなりの品質であればそれなりの価格で売っているってわけ。

洋服のように新品を数千円で手に入ることはまだ無理だけど、古着であれば数千円で、新品でも「洋服の上下」と考えれば、そこそこの出費でまかなえる はずだ。

でも○○織りの着物って何十万もするし……いや、だから、そういった高級な生地、珍しい生地を使っている着物なんだから、高価なのが 当たり前だってば。そういった高級品「も」あるってだけで、着物=高級品ではないんだよ。

なお、モノを見ずに価格だけで「高すぎる!」と脊髄反射するのは、例えるなら最新型の一眼レフデジカメと使い捨てカメラの価格を同列で語 るのと一緒なので、少しはモノを見る癖をつけたほうがいいと思うよ。

一式揃えるにはカネがかかるのも当たり前

二つ目は「最初は一式揃えなければならない」ということ。

これから着物を着てみようと思うんだけど、そういった類のものはいっさい持ってなくて……ってのは、洋服で置き換えるなら、上着やシャツ、ズボンに ベルト、靴下や靴、それらいっさい持ってないのと同じわけ。

となると、最初は一式揃えなきゃいけないでしょうよ。ズボンだけ買ってハイおしまい、ってわけにはいかないんだからね。洋服でも和服でも、一番最初 はどうしてもカネはかかるんだよ。

ただしいったん一式を揃えてしまえば、ことあるごとに頭のてっぺんから足先まで買い揃えなきゃ気が済まない人を除けば、あとはそれ ぞれを必要に応じて買い足し(補充)するだけでいいので、そんなにカネはかからなくなるってわけ。

もっと気楽に気軽に着てもいいのでは?

人によっては、和服に対してなんらかの思い入れや価値観を持ってることがあるかもしれない。例えば、先祖から受け継いだ大切にしている和服があると か、芸術的な観点から和服を捉えているとか。

そういった思いを持つこと自体はその人の自由なので、それをどうこう言うつもりはない。

ただ、それらを優先しすぎるあまり、和服すべてを高価な骨董品や重要文化財のように捉えてしまうのも行き過ぎで、それが現在に おける日本人の和服離れの一要因にもなっているような気がするわけ。

和服はオキモノ(置物)ではなく着るモノ、兎にも角にも人々が着てくれないことには、思い入れや価値観を理解することも持つこともできないんだか ら、まず は気楽に気軽に日常生活の中で着てもらうことから始めたらどうかな、ってのが、オレの考え方でありサイトの方向性なんだよ。

おまけ:サイト名「kimono-wa-fuku」の意味

はっきり言ってくだらないこじつけ(笑)

「着物和服」をそのままローマ字表記すると「KimonoWafuku(きものわふく)」になり、
→サイト名のように「Kimono-Wa-fuku」と分割すると「きもの-わ-ふく」と読め、
→「きもの-わ-ふく」の発音を文章にすると「きもの-は-ふく」となり、
→「きもの-は-ふく」を漢字を使って書くと「着物は服」になる。

このサイトでは男物に関してだけ扱っているけど、和服が衣服であることは、男女問わず多くの人に知ってもらいたい一番肝心なことなんです。

Copyright (C) since 2007 バカガエル.