Kimono-Wa-Fuku

トップページ>体型別注意点

いくら着物でも、体型によっては注意が必要

着物は、反物を横に繋げることによって「幅」を形成している(解説)。それゆえ、体型によっては寸法の直し、あるいは仕立てる以外に方法がない、あるいは仕立てられる反物(生地)がない?!可能性すらあるのだ。それらを簡単に解説しておこう。

要注意の体型

以下、要注意である体型をいくつか挙げておこう。特に影響を受けるのは長着(着モノの正式名称)と長襦袢の着丈や身頃幅。もし自分が該当するようなら、男物を扱っている着物屋呉服屋、あるいは仕立て屋さんに相談してみてほしい。

背が高い人

身長何センチぐらいからかははっきりわからないが、おそらく180センチを越えると要注意。古着はよほどの掘り出し物を見つけないかぎりアウト、既製品でもあるかどうか微妙、仕立てるにしても特殊な仕立て方が必要になる可能性がある。

着丈はどうにかなるにしても、問題は裄(正確には袖幅)。そう、身長ではなく、腕の長さが問題になるのだ。以前飲み屋さんで見かけた、身長185センチ?ぐらいのお客さんに聞いた話だが、浴衣が欲しくて着物屋呉服屋を訪ね歩いたものの、「反物がないですね〜」と断られまくったらしい。

方法としては、幅が通常のものより少し広い「キングサイズ」と呼ばれる反物を使うか、洋服生地のように広幅の生地を使うか、袖を「接いでもらう(後述)」しかない。

太り気味の人

私のように、少々?太っている程度なら大丈夫だが、ウエスト110を越えるあたりから要注意。もちろん古着や既製品はかなりの確率でアウト。理由は洋服と同じで身頃が足りなくなるから。聞いた話では、相撲取りの着物は、普通の反物ではほぼ100%ムリなので特注らしい。

方法としては背が高い人と同じなのだが、身頃を接ぐのは……要相談。

細めの人、やせてる人

上の逆で、今度は身頃が余ってしまう。ウエスト85を切ると、古着はまだありそうだが、既製品はほぼ間違いなくブカブカ。

ただし細い人に関しては、ピッタリサイズがないだけなので、ワザを使えば(解説)着ること自体は可能な範囲だし、仕立てるのであればなんの問題もない。

肩幅の広い人、肩が「ごつい」人

特に柔道など武道系の経験がある人は、首〜肩まわりの筋肉がモコモコ=ごついおかげで、肩幅や着丈の寸法が、同じ身長の普通の人と比べて余分にいるらしい。おそらく相撲取りはこれも絡んでくるので特注なのだろう。

お腹の出ている人は着丈にも注意

仮に着物を買ったとしても、お腹の出ている人は長着や長襦袢の着丈にも注意してほしい。

.

お腹が出ていない人は、左の画像のように凹凸が少ないので特に問題はないのだが、お腹が出ている人は、お腹の形に添うように着るため、前側の着丈がほんの少し上がってしまうのだ。画像ではお腹だけにしているが、早い話「厚み」がある人は、計算上の着丈が同じでも若干余分に必要になる。

まあ、相撲取りクラスのような人でもないかぎり、そこまで神経質になる必要はないと思うが、冬場など袷仕立ての長着や重ね着(解説)をした場合も、少し「着ぶくれ」が起きるので注意してほしい。

解決策はある、あきらめるな。

それぞれ一応解決策はあるのだが、ほぼ間違いなく裁縫(和裁)の技術が必要になる。シロウトにはお手上げ、専門家頼みというわけだ。そして専門家頼みとなると、残念ながらお金も余分にかかる。こればっかりは私でもどうしようもない、すまん……。

ただ、それを承知の上なら、いろいろと解決策はあると思うので、冒頭にも書いたように男物に詳しい着物屋や仕立て屋さんに相談してみてほしい。ちなみに、これが解決策の一例(解説)だ。

Last 2012/03/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.