kimono-Wa-Fuku

トップページ実践日常着>主観だらけの常識

和服の「常識」は主観だらけ

和服にはいろんな「常識(以下、ルールと記載)」があるように、不思議とよく言われる。こういったものが煩わしいから和服を着たくない人もいるだろう。あるいは、いざ着ようとしたときに、これっていいのかなあ?と迷うことも結構あるんじゃないかと思う。

というわけで、果たしてそれが和服のルールかどうか考える目安として、個人の主観やセンスを抜きにした、段階的な絞り込み?のようなことをやってみた。なんでもいいので、和服でこれはどう?といったことを想定してから読み進めてみてほしい。

1.憲法や法律の条文は存在しない。

まずは一番注意しなければいけない「法」について。結論から言うと、憲法や法律には「和服はこう着なさい」という条文は※いっさいない。

※唯一、天皇家へ拝謁する場合のドレスコード?として、「五つ紋付き羽織袴は、和服としては最上級の礼装ではあるが、礼装全体で見れば最上級扱いではないので却下」といったことが法で定められている、と、以前どこかで見たような気がするが……本当かどうかは詳細不明。※

よって、頭に袴をかぶろうが着物や羽織を裏返しに着ようが、憲法違反でもなければ犯罪でもない。いつ誰がどこでどんな和服を着ようが、罰せられることはないわけ。あるとすれば……和服を着てはいるけど、フリ○ン状態なら「わいせつ物チン列罪」ぐらいか?

2.衣服として当たり前の着用方法

法律の次は、当たり前の使用(着用)方法をするかどうか。例えば、

などなど、ごくごく基本的で当たり前の、どこにどうやって装着するか決まっているので、そのとおりに使ってやる、というだけだ。これに引っかかることもまずないだろう。先ほどの例で言えば、この時点で袴を頭にかぶるのはナシになるわけだ。

3.会社の社則やドレスコード、ローカルルール

続いては、会社の制服規定やドレスコード、あるいは各地域の慣習のようなローカルルールだ。このあたりから怪しくなってくるのではないだろうか?しかし、これも難しいことではない。状況や場所によっては、着るモノが決められているのでそれに従う、というだけだ。

例えば会社や学校のように、※社則や校則で制服が定められている場合は、いくら和服を着たくても制服を着用するのが当たり前。

※ただしその逆、制服の規定がないからといって、和服を着ていいことにはならない。なぜなら、一般的に和服は未だ想定外のものだからだ。よって、どうしても着たいのであれば、先生なり上司なりに確認か相談をした上で実行してほしい。※

シティホテルなどでよくあるが、「下駄や雪駄履きお断り」という注意書きがあれば、それを無視して利用することはできない。もっとも、洋服ではなく和服を着ている場合は、ほぼスルーしてくれるけどね。

あるいは、仮にある地域の結婚式に「出席者は全員浴衣着用」といった慣習や風習があったなら、いくら礼装で出席したくても浴衣を着るようにする。

これらは、その場のルールとして明確に定められていることで、裏を返せば、違反するならご退場願います、と言っているわけだ。

ちなみに、各地でよくあるキモノオフ会は、和服がドレスコードとして設定されている……かどうかは、各自主催者側に確認のこと。

4.冠婚葬祭などのマナーや礼儀

続いてはマナーや礼儀。一見するとドレスコードに含まれそうだが、実は微妙に違う。ドレスコードを「明確なルール」とするなら、マナーや礼儀は「暗黙のルール」ということだ。

例えば、お葬式にハデハデの和服を着て参列しても、別に犯罪でもなければ着用方法がおかしいわけでもなく、「ハデハデ衣服はお断り」という注意書きがあるわけでもない(もちろんあればダメ)。

ただし、お葬式に参列する服装としては好ましくないわけ。なぜなら、お葬式には地味な色柄の衣服、主に礼装を着る、という暗黙のルールがあるから。言い換えれば、状況を考えてその場にふさわしい服装にするTPOの一種なのだ。

ただ、和服のTPO、特に冠婚葬祭に関することには、むちゃくちゃなことを言う人がたまにいるので注意するように。普通の人なら、よほど交友関係が広くない限りそうそう起こる状況ではないが、行かなければならなくなったときは、人間社会で生活している者としてちゃんと考慮してほしい。

5.残りは自分の主観やセンス

いくつか段階的に解説してきたがこれが最後。残るは……各自が勝手に判断すること。いわば主観やセンスのみだ。和服でこれはどう?と想定したかなりのことが、途中で蹴られることなくここまできたのではないだろうか?

そう、世の中で和服のルールっぽく言われているものは、所詮その人の主観やセンスやイメージをもっともらしく言っているだけ、という場合が意外に多いのだ。簡単に言えば、他人に対してなんの拘束力もないオレ様ルール、やりたい人はどうぞご自由にレベルなわけ。

当然ながら、どういった恰好がいいかは人によってバラバラ。自分と同じ人からはスタンディングオベーションかもしれないが、違う人からはブーイングの嵐かもしれない。それを理解した上で、結局はどんな恰好をしていようとも、自分が気に入って、周りに迷惑をかけたり不快感を与えたりしなければいいのだ。

和服も自由な衣服

以上のことからわかるように、和服のルールと言っても、憲法や法律に規定されていないのだから、

ぐらいしかないのだ。これは洋服でも同じことで、一般的な社会常識で判断しつつ、衣服としてごく普通に着ていれば、ほぼ勝手にルールをクリアするわけ。残るはルールでも何でもない、個人のセンス、ただそれだけ。だから、思いついたことはとりあえずやってみればいい。それぐらい、和服も洋服と同じ自由な衣服なのだ。

Last 2009/04/17. Copyright (C) since 2007 バカガエル.