Kimono-Wa-Fuku

トップページ>あとがき

後に続く人(未来)のために

聞かれたことはないんだけど、わけのわからない和服推進運動のようなものと一緒にされても困るので、なぜこのサイトをやっているのかという、理由のようなものでも書いておこうかと。


ひとつは、「和服は誰でも着られる」ってのを証明しておきたいから。

社会人になるまでは和服に縁がない生活を送ってきてるし、高卒でヒラの現場作業員だし、飲み屋でグダグダやるのが好きという、和服を着るにはほど遠い、いわば「ド底辺」というやつですわ(笑)

そんなオレなんだけど、実際は、好き勝手自由に着ているんだよね、和服を。

「和服は高価で手入れも難しい、ちょっと上流階級?の人らが着るもの」といった世間の常識?を、オレの存在が完全に否定しているわけで、そういったわけのわからない常識が壁になって着るのをためらってる人には、その壁を無効化できる存在かなと勝手に思ってる。

こんなもん誰でも着られるんだって。いやこれマジで(笑)


もうひとつは、「今の和服ってなにかおかしい」と思うから。

上に書いたのも関連するけど、着物を主とする現在の和服は、男物も女物も特別な日、あるいはおしゃれな装いとして認識され、それ相応の着方をするのが当たり前、といった風潮があるような気がするんだよ。

もちろん、そういった着方使い方をするの「も」アリなんだけど、もともとはお殿様から庶民に至るまで、老若男女ほぼ毎日着ていたものが、いつの間にか「たまにしか着ない特殊なもの」になっちゃってるわけ。

洋服のほうが都合がいいから着られなくなった、という側面もあるんだけど、それを逆手にとって、和服(を着る人)を日本文化の偶像(アイドル、シンボル)にしようとしているように思えるんだよ。そのほうが儲かるからか、名声が得られるからか、どうだか知らないけどね。

まあとにかく、この特殊化の流れを変えないかぎり、和服の現状も変わらないとオレは思うわけ。そのためには、普段の生活の中に和服を取り入れ、洋服と同じ「生活衣料品」として着られることを、これまたオレ自身が証明するしかないかなと。


以上を踏まえて、個人的な願望としては「和服のある街の風景」を見てみたいからかな。

そりゃ「和服好き集まれ−!」ってイベントでも開催すれば、一時的にその風景を目にすることはできるだろうけど、言うなれば、時代劇の撮影のためにエキストラさんを集めたのと同じでしょ?

誰かに強制されるでもなく、作為的に集めるのでもなく、自分の意志で和服を着ている人が無作為にいつでもいるという、数十年前あるいは明治時代や大正時代では当たり前だった「和服もいれば洋服もいる風景」を見てみたいんだよ。

えっ、なにか理由があるのかって?うーん、理由は特にない(笑)しいて言えば、洋服はそれなりの国では共通の服装だけど、和服は日本独自の服装なわけで、世界基準の中に独自性も有している「これぞ日本!」ってのを見てみたいのかも。

もっとも、現実的には、和服を着る人だけではなく世間一般の和服に対する認識が変わる必要があるので、そうなるにはそうとう時間がかかるはず。オレが生きている間に、その風景を見ることはおそらく不可能だろうけど、それでもいいや。


まあ、このサイトが和服を着てみようと思う(男性の)一人でも多くの人の参考例となり、それと同時に「和服とは何なのか?」を考えるきっかけとなればいいなと。

すべては後に続く人のために。すべては和服の未来のために。

それが、オレとこのサイトの役目だと考えてます、はい。


「きもの-わ-ふく」管理人:バカガエル

Last 2012/06/12. Copyright (C) since 2007 バカガエル.