kimono-Wa-Fuku

トップページ>「普段着」2つの意味

普段着「の」和服≠普段着「が」和服

他所様はどうだか知らないが、このサイトで言う「普段着」とは、衣服の格付けにあたる「カジュアル」よりは「ノーマル」の意味で使っている。フォーマルだろうがカジュアルだろうが、「キモノファッション」は各自が好きにすればいい。

一番大切なのは、和服を日常生活の衣服として使うことだ。

カジュアルとノーマル

ウチのサイトも含めて、最近よく「普段着の和服(着物)」という言葉を耳にするが、この「普段着」には2種類の解釈がある。

ひとつは、洋服にもあるフォーマル(礼装)に対するカジュアル(普段着)という、衣服の格付け的意味だ。おそらく、普段着云々と言う人の多くが、この意味合いで「のみ」使っているので、この手の普段着には、高確率で「キモノファッション解説」がセットとなっている。まあ、オシャレをするのはその人の自由だから、各自が好きなようにすればいいだろう。

もうひとつが、「日常生活の衣服が和服」という、一種の意識のようなもの。その人にとって和服というモノが、オシャレアイテムや特別な装いではなく、日常生活で使う普通の生活衣料品であることだ。表現としては普段着だが、ニュアンスとしては「日常着」が近く、格付けのように横文字に置き換えるなら、スペシャル(特別)に対するノーマル(普通)がしっくりくるかな。

ウチの方針としては、重要視しているのは後者のほうで、前者は人それぞれにまかせてある。だから、若干の参考例は出しているものの、あまり細かくは書いていないのだ。

イマイチ言ってる意味がわからないって?それなら以下の文章をどうぞ。

洋服を着る理由ってなに?

「なぜ和服(着物)を着ているのですか?」

あなたが和服姿で飲み屋で飲んでいると、隣に座っているお客さんがこう聞いてきたとする。そのとき、なんと答える?

「いやあ、和服(を着ること)が好きですから」

仕事などで着る必要のない人、いわゆる広義の和服ユーザーであれば、こう答える人がほとんどだろうし、ごく当たり前の返答のように思える。

しかし、ここでちょっと考えてほしい。もし、

「なぜ洋服を着ているのですか?」

逆にあなたが隣に座っている洋服を着たお客さんにこう聞いたとき、

「いやあ、洋服(を着ること)が好きですから」

と答える人が果たしてどれだけいるだろうか?洋服を着ることがごく当たり前の行為であり普通(ノーマル)である以上、そこに明確な理由は存在しないのだ。ということは……もうわかったかな?

だから和服を着るのにも理由は必要ない。

生まれた家庭がもともと和服に馴染みのある家庭でないかぎり、ほとんどの人が生まれてから洋服メインの生活を送ってきているので、あなたが急に和服を着るようになると、着始めた頃は友人知人に「和服なんて着てどうした?」と聞かれるだろう。

それに対して「和服もカッコイイかなと思って」とかなんとか、おそらく事情説明をするだろうが、実はコレ、友人知人に対する説明だけではなく、自分自身にも説明しているのだ。まあ言うなれば「照れ隠し」のようなものだな(笑)

しかし、和服を着るようになって月日が経ち、もし本当に(←重要)和服を着ることが日常的で洋服と同じレベル=普通(ノーマル)になっているのなら、友人知人はもう聞いてこないだろうし、自分自身への説明も必要がなくなるわけ。

「あなたはなぜ和服を着ているのですか?」

と聞かれても、

「最初は興味があって着始めたのですが、今ではもうこれ(和服)が私にとって服(洋服)と同じ感覚ですから、(あなたが洋服を着ているのと同じで)理由は特にないです」

といった返答が自然とできるようになるはずだ。実際に私は、誰に聞かれてもこう答えるか、もっと簡略的に「服の趣味です」でおしまい。不思議なことに、一度このやりとりをした相手の人は、その意味を正しく理解してくれることが多い。

少しずつ「ノーマル」を意識してほしい。

今回の文章はかなり極論なので、男の着物を着始めた(着てみたい)人を対象としているウチのサイトとしては、ここまで言うのはちょっとキツイかな、とは思う。

しかし、もしあなたが「オレも普段着として着物を着てみたい!」と思っているのであれば、普段着(カジュアル)の意味だけでなく、少しずつでも普通(ノーマル)を意識してみてほしい。そうすれば、このサイトで何度も言っている「和服は洋服と同じ衣服」の意味が、なんとなくわかってくることだろう。

ちなみに以上の理由から、私は自分以外に和服を着ている人がいても、単に服を着てるだけにしか思えないので、しげしげと観察するようなことは基本的にしない。逆に観察されたらビビるので、ガン見するぐらいなら声をかけてほしい(笑)

Last 2012/01/21. Copyright (C) since 2007 バカガエル.