kimono-Wa-Fuku

トップページ>「普段着」2つの意味

普段着「の」和服≠普段着「が」和服

これから和服を着てみよう、あるいは、着物を着始めることにしました、そういった人を対象としたウチのサイトにおいては、正直、ちょっとキツめの内容だとは思う。

でも、この先も着続けようと考えているのであれば、きっといつかはぶち当たる「壁」だろうから、漠然とでいいので少しずつでも意識してみてほしい。

カジュアルとノーマル

最近和服関連の話題でよく見聞きするようになった「普段着」という言葉、これには2つの意味合いがある。

ひとつは「普段着「の」和服」洋服にもあるフォーマル(礼装)に対するカジュアル(普段着)という、衣服の格付け的意味。

普段着が云々という話題では、おそらくほとんどこの意味合いで使われていると思う。なので、フォーマルはなにかと決まりごとがあるけどカジュアルなら自由なのでいろいろオシャレをしてみましょ、ってな感じで、だいたいファッション解説がおまけでついてくる(笑)

まあこれはこれで、オシャレを楽しみたい人は楽しめばいいんだから、好きにやってちょうだいなと。

もうひとつは「普段着「が」和服」その人にとって和服がどういったシロモノであるかという、位置付けというか認識というか、うまく説明できないけどまあそんな意味(おい)。

フォーマルカジュアルに倣って横文字で説明するなら、あなたにとって和服(を着ること)は特別なこと(スペシャル)なのか、それとも普通のこと(ノーマル)なのか、といった感じ。

えっ?イマイチ言ってる意味がわからないって?それなら以下の文章をどうぞ。

洋服を着る理由ってなに?

ある日、あなたが和服を着て飲み屋に行ったとする。すると、隣に座っている洋服を着たお客さんがこう聞いてきた。

「あのー、失礼ですけど、なぜ和服(着物)を着ているのですか?」

そのときあなたはなんと答える?

「いやあ、和服(を着ること)が好きですから」

例えば職場の制服としてなど、和服を着るなんらかの理由がある人はともかく、自分で好き好んで和服を着ている人であれば、だいたいの人がこんな感じで答えるだろうよ。当たり前といえば当たり前の反応だわな。

でもここでちょっと考えてほしい。では逆に、あなたが隣に座っているお客さんに、

「なぜ洋服を着ているのですか?」

と聞いたとき、

「いやあ、洋服(を着ること)が好きですから」

と答える人が果たしてどれだけいるだろうか?洋服を着ることがごく当たり前の行為なので、理由を聞かれても答えようがないというか、逆に「えっ、洋服を着るのに理由がいるの?」と聞き返されてもおかしくないはず。

これでなんとなくわかったかな?

これだけ洋服が氾濫しているご時世に、洋服ではなくあえて和服を着るってことは、一番最初はきっかけというかなにがしかの理由があっただろうよ。理由の中身はなんでもいい、それ自体は大した問題じゃないから。

でも、ある程度着続けたことによって、和服が自分にとっての洋服=着ていることが当たり前なったのであれば、最初の理由をいちいち説明しなくてもいいと思わない?

だって和服を着ていることが自分にとって「普通(ノーマル)」なんだからさ。

着る機会?それって着る「理由」では?

もうひとつ「和服を着たいけど着る機会がない」というのをたまに見聞きする。オレからすれば、着る機会も何も、着たいのならいつでも着ればいいじゃん、と思うんだけど、

>高級品だし着るのも難しいし、気軽においそれとは着られない。

>和服を着てもいいような場所や状況がない。

といった意味なんだと思う。前者の場合は、和服=紋付や振袖、といった認識なので、そこを直せばまあ問題ないかと。後者の場合は、場所や状況といった機会を言ってるものの、実際は着る「理由」がほしいんだよ。

「べ、別に、好き好んで和服を着てるわけじゃないかなら!せっかく京都に来たんだから、京都なら和服もいいかなと思っただけだからな!こ、この時のために買っただけで、日頃から着てみたいんじゃないからな!」

まあいわゆる「ツンデレ」ですわ(笑)

自分の恰好が周囲と違うのはわかってる、それに対して「好きだから」といった個人の感情ではなく、自分自身も含めた誰もが納得する論理的?な理由がほしいわけ。京都だから、浅草だから、イベントだから、習い事だから、花火大会だから、ハロウィンだから……正月だから。

着始めたばかりならこれも仕方ないとは思うんだけど、ある程度着るようになって、やっぱ自分は和服がいいなあと思うんだったら、もう機会を待つ=理由探しはしなくていいと思うよ?理由はたったひとつ「着たいから」それだけでいいんじゃないかな。

いざというときの返答例

とはいえ、和服姿が「珍種」である今の状況では、初めてあなたの和服姿を見た人は結構な確率で「なぜ?」と聞いてくると思う。じゃあそのときなんと答えればいいか?

「最初は興味があって着始めたのですが、今では和服が私にとって服(洋服)と同じ感覚ですから、(あなたが洋服を着ているのと同じで)理由は特にないです」

といったことを返せばいいんだけど、これはこれで長ったらしいしど厚かましいので「普段が和服なんで特に理由はないです」ぐらいでいいか。

実際オレは飲み屋とかで今でも聞かれることあるけど、めんどくさいから簡単に「いつもこれ(和服)なんで」で終わらせてるかな。もっとひどい?と、店の従業員や他のお客さんがオレより先に「この人はこの恰好が普通だから」と言ってくれたりすることもある。

……と、ここまでは以前の「返答例」だったんだけど、新しい返答例が見つかった(平成29年10月)ので追加。

「私服がコレ(和服)なんで」

「私服」という単語が、職業や習い事などいわゆる誰もが思いつく和服を着ている理由をすべて否定しつつ、服の趣味として和服が気に入ってるから着ていると明示しつつ、それらをさらっと簡潔かつ的確に言い表している言葉……とオレは思う。

それで通じるのかよ!と思うかもしれないけど、意外や意外、逆に通じない人こそほとんどいない。そして当然ながら、二度と同じ質問をされることはないよ。

少しずつ「ノーマル」を意識しておくれ。

今回の文章はかなり極論なので、和服、特に着物を着始めた(着てみたい)人を対象としているウチのサイトとしては、ここまで言うのはちょっとキツイかなあとは思う。

で も、もし「オレも普段着として着物を着てみたい!」と思っているのであれば、普段着(カジュアル)の意味だけでなく、少しずつでも普通(ノーマル)を意識 してみてほしい。そうすれば、このサイトで何度も言っている「和服は洋服と同じ衣服」の意味が、頭ではなく体でなんとなくわかってくると思うよ。

ちなみに以上の理由から、オレは自分以外に和服を着ている人がいても、しげしげと観察するようなことは基本的にしない。逆に観察されたらビビるので、ガン見するぐらいなら声かけておくれ(笑)

Copyright (C) since 2007 バカガエル.