kimono-Wa-Fuku

トップページ>柄物の組み合わせ方

柄物着物の組み合わせ参考例

着物を少し着るようになってくると、人によっては変わった柄物の長着(着モノの正式名称)や羽織を着てみたくなる。着ること自体はその人の自由なので好きにしてもらえばいいが、なんでもかんでも柄物を着てしまうのはイマイチ。ここではイラストを使って、柄物の組み合わせ方の参考例を解説しておこう。柄はテクスチャを貼り付けただけなのでテキトー。顔は……誰の顔?

無地と柄物を組み合わせる。

無地に対して柄物、柄物に対して無地を配置したほうがそれぞれ引き立つ。

..

無地の長着(羽織)には柄物の羽織(長着)という組み合わせ方。画像の長着と羽織の色が違うが、それに柄の概念を加えてやると、さらにお互いが引き立つようになる。

もっとも基本的な「長着(羽織)と帯」で考えてみよう。

..

最近の浴衣として売られているものは、色柄が派手なものが多い。よって、それに合わせる帯は、色は個人のセンスにしても、帯に柄がないほうが浴衣も帯も引き立つわけ。だからリバーシブルの角帯は、柄物と無地の両方に合わせられるように、柄と無地、柄と線が一本のみ、といった別々のデザインになっているものが多いわけ。

柄に統一感を出す。

また、柄は統一感をもたせたほうがまとまる。男物の場合、アンサンブルを使えば勝手にこうなる。

.

これを無視して柄物×別の柄物にすると、相殺して両方目立たなくなる(後述)。

.

唯一可能性としてあるのが、小さな柄と大きな柄の組み合わせ。

.

例えば小紋や大島紬の亀甲柄のような、全体に単純かつ細かい柄が入っている長着(羽織)の場合は、大きめの柄がデザインされている羽織(長着)もアリだろう。

基本は洋服と同じだが目先の「オシャレ」には注意

リストアップした組み合わせ方は簡単に思いついたことだけなので、他にもいろいろとあると思う。

着物と洋服の違いは、袴をはいたり、長着を特殊な仕立て方にすれば不可能ではないが、上下(洋服で言えばシャツとズボン)を別々のものにすることができないこと。その点をのぞけば、色柄物の組み合わせ方は洋服と同じ考え方で問題なく、別に難しい考え方をする必要はないだろう。

いつも洋服でやっているように、自分の好みや個性を、そのまま着物に反映させればいいだけだ。

ただ、これら色柄物を使うということは、はっきり言って「人目を気にした着方」になる。ただ使う(着る)だけでは意味がない。組み合わせ方まで考えて使うようにしないと、男なのに「ケバい格好」が信条のオバチャンのようになる。最近は男性でもオシャレの一環からか、足袋や半衿に積極的に柄物を使う人も多い。使うのは勝手なのだが……

.

右の画像は、柄物の羽織、柄物の長着、柄物の帯、変わった羽織紐、柄物の半衿に足袋、と、すべてが主張しまくり=メチャクチャ。色柄の組み合わせ方だけが原因ではないのだが「キモノに着られている」のはこういうこと(解説)

左の画像と比べてみれば、インパクトのかけらもないのは一目瞭然だろう。意味もなく着飾っているショーウインドウのマネキン(といえど、これはなかなかない)ではないのだ。

着物を着慣れること、それが一番重要

最終的には個人の好みなので、好きなようにしてもらえればいい。先ほどの右の画像でも「もちろんマネキンです!」と言い切るのであれば、それはそれでスゴイと思う。

私の考えとしては、着物の色はともかく柄は、しょせんTシャツのプリント柄と大差ない「おまけ的要素」でしかない。おまけ的要素に東奔西走するより、もっともっと大切なことがあると私は思う。それが着物を着慣れること(解説)であり、それができてこそ、おまけ的要素は「粋(解説)」へと繋がるのだ。

最後に、なぜ私が柄物の足袋を使わないかというと、足袋は和服用の靴下かもしれないが、靴下と違ってむき出しなので、ぱっと見には靴と同じでかなり人目を引く。

.

柄物の足袋が合わせられるような着物を持っていないし、靴として見るのなら、あまり色柄物は好きではないから。白や黒が、シンプルかもしれないが一番いいと思うのだ。

Last 2009/03/21. Copyright (C) since 2007 バカガエル.