kimono-Wa-Fuku

トップページ>衣替えの問題点

定説「着物の衣替え時期」の謎

和服も衣服なので、衣替えがあってもおかしくはない。特に着物に関しては「衣替え時期のシフト(以下シフトと表記)」として一般的に、「6月は単衣、7、8月は薄物、9月は単衣、10月から5月は袷」と言われているのだが、よーく考えてみると……いくつか腑に落ちないのだ。

私が考える衣替え時期の問題点

制定された時代が古い(と思われる)

現在でも6月と10月にする「洋服の衣替え」は、遙か昔に中国の衣替え時期が4月と10月であったのを真似たのが始まりで(時代は不明)、このままでは日本の気候に合わないので、しばらくして6月と10月(旧暦)に変えたらしい。

しかしこれが新暦を採用するようになっても、なぜか6月と10月が残ったままになり、現在の衣替えとして定着しているようなのだ。旧暦と新暦のズレはほぼ1ヶ月、よって新暦に直すと「7月と11月」ということになる(メールくれた方ありがとさんです)。

着物の衣替え時期も、おそらくこの6月と10月を基準にして、それに薄物の時期を割り振ったのだと思われる(詳細は不明)。もしそうだとすれば、先ほどのシフトを新暦に直すと、「7月から単衣、8、9月は薄物、10月は単衣、11月〜6月は袷」なのだが……?

生地の特性に関する補足がない

今現在流通している着物の生地素材は、正絹以外にもウール、木綿(綿)などいくつかあり、それぞれ生地の厚みや保温度合いがビミョーに違う。ウール、木綿、正絹の3つだと、生地単体ならウール>木綿>正絹、の順番になる。木綿と正絹の差は少しだが、ウールとではかなり差があるだろう。

これは織り方の違いもあるが、生地を形成する糸の太さが違うのが主な原因。実際どれぐらいの違いがあるのか数値は不明だが、糸の太さを正絹と比較して、木綿素材などを別名「太物」というぐらいだから、結構あるのではないだろうか。

おまけにウール素材は毛織物であり、糸の太さも段階があるらしい(毛糸もウール)し、登場したのは昭和になってかららしい。にもかかわらず、区別は「袷、単衣、薄物」という仕立て方の分類のみで、生地素材に関する但し書きが存在しないのだ。先ほどのシフトは、いつから言い伝えられているのだろうか……?

地域格差を無視している

日本列島は南北に長い。沖縄と北海道が同じ気温の変化をするわけではないのは、今や小学生でも知ってる一般常識。おまけに昨今言われている地球温暖化(かどうかは、実は科学者でも不明)などの影響により、四季の移ろいがかなり怪しいのもこれまた一般常識。

気象庁のデータから気温を調べてみると(2007/12/28)、札幌は3度、東京は10度、大阪11度、高知17度、鹿児島20度、那覇はなんと24度!時期によっては南北で20度も温度差があるものを、それらを無視して「全地域○月からは○○」とするのは100%不可能ではないだろうか……?

「着物を数持ってる人」だけが衣替え可能だった?

ここで、着物がメインの衣服であった江戸時代のころはどうだったか推測してみよう。

衣替えをするには、季節に合わせた着物をいくつか持っている必要があり、そのためには当然ながら「お金」も必要になる。ある程度身分のある武士や公家、あるいは金銭的にそれすらも凌駕した一部の豪商など、一部の富裕層にとってはそれなりに可能であったろう。

いっぽう普通の町人などはどうだったかというと、基本的に古着しか買わなかった(買えなかった)し、それすらも「たまに」でしかない。遺体が身につけていた着物もぜんぜんOK、繕いだろうがつぎはぎだろうが、ボロボロになるまで着ていた。

なぜなら、メシを食っていくのが精一杯で、衣服に余分なお金を割くことができなかったからだ。衣替えができるほどの着物は持っていなかったわけ。その代わり、寒くなれば単衣同士を縫い合わせて袷に仕立てたり、さらにはその中に綿(わた)を入れるなど、いろいろと工夫はしていたけどね。

ちなみに「四月一日」と書いて「ワタヌキ」と読むのは、この袷仕立ての着物から綿(ワタ)を抜く(ヌキ)季節的な頃合いが、旧暦?の4月頭だったことに由来しているのだ。

逆に言えば、一般人でもある程度稼ぎがあって衣服にもお金を割くことができたとしたら、おそらくは何着か着物を買ったであろうし、季節に応じて使い分けてたはずだ。時代考証によると、着物を持っている数は少ない一般人でも、芝居見物やはたまた遊郭、もっと身近なところでは銭湯に行くときは、精一杯のお洒落をして行っていたらしいからな。

これを現代に当てはめてみてほしい。衣替えを気にする人は、だいたい何着か着物を持ってるはず。その時点で、江戸時代の一般人とは状況が違うわけだ。

使い分けたいけど着物がないのではない。「質」は違っても「数」は当時のお金持ちなみに持っている場合が多いのではないだろうか。オシャレやイキを気にするなら、表面的なことだけではなく、衣替えにも気を使わないといけない、ということだ。

Last 2008/06/05. Copyright (C) since 2007 バカガエル.