kimono-Wa-Fuku

トップページ>ルールとマナー

その和服の着方はルール?マナー?それとも……

和服(着物)の着方や使い方には、いろんな「決まり」があるように不思議とよく言われる。これらが煩わしいから着たくないって人はいるだろうし、あるいは、いざ着ようとしたときに、これでいいのかなあ?と迷うことも結構あるんじゃないかなと思う。

というわけで、和服の着方に関して、段階的な絞り込み?のようなことをやってみた。なんでもいいので、これはどうなんだろ?といったことを想定してから読み進めてみてもいいかもよ。

1:憲法や法律の条文

まず最初に注意しなければいけないのは「法」なんだけど、結論から言うと、(日本の)憲法や法律には「和服はこう着なさい」という条文はいっさいない。

頭に袴をかぶろうが長着(着モノの正式名称)や羽織を裏返しに着ようが、憲法違反でもなければ犯罪でもない。いつ誰がどこでどんな和服を着ようが、それが原因で罰せられることはないわけ。

唯一、天皇家へ拝謁する場合のドレスコード?としては、なにかと細かく決まっているっぽい話を聞いたような聞かなかったような。まあ、何かの間違い?で、園遊会や勲章授与式とかに行くことになった人は、それこそ宮内庁にでも問い合わせてくださいな。

2:衣服として当たり前の着用方法

法律の次は、当たり前の使用(着用)方法をするかどうかかな。

例えば、「襦袢→長着→羽織、と上へ順番に着ていく」「帯は腰に巻く」「袴は下半身に着ける」「足袋は足に履く」などなど、装着する場所や使い方か決まっているので、そのとおりに使ってやる、というだけ。

チンドン屋のように奇妙奇抜な恰好で目立ちたい人はともかく、ごく普通に着てさえいれば、これに引っかかることもまずないだろう。

法律に関してはパスしているので、頭に袴をかぶっていても罰せられることはない。ただし、普通に考えると間違った使い方なので「えっ、なんで頭に袴なの?ちょっ、ありえないんですけど」と言われるわな(笑)

3:会社の社則やドレスコード、ローカルルール

続いては、会社の制服規定やドレスコード、あるいは各地域の慣習のようなローカルルール。ドレスコードだのルールだの、なんだかややこしそうに思えるかもしれないけど「状況や場所によっては着るモノが指定されているのでそれに従う」ってだけのこと、難しくも何ともないんだよ。

例1:会社で制服の規定があるなら、いくら和服を着たくても制服を着用するのが当たり前。

例2:シティホテルなどでよくあるけど「下駄や雪駄履きお断り」という注意書きがあれば、それに従うこと。もっとも、洋服ではなく和服を着ている場合は、ほぼスルーしてくれるけどね。

例3:仮にある地域の結婚式に「出席者は全員浴衣着用」といった慣習や風習があったなら、いくら礼服で出席したくても浴衣を着なければならない。

おまけ:「喰いタンなし」でやっているなら喰いタンではアガれない&チョンボ(笑)

これらは「場のルール」として明確に定められている(告知されている)ことなので、守れないならご退場願いますってことなんだよ。言うなれば「郷に入っては郷に従え」かな。これも、ほとんどの人はクリアすると思うよ。

規定なし=和服OK、ではない

たまーに、会社(学校)に制服の規定がないので和服を着て行きたい、といった意見がある。

規定がないんだから和服OKだよね、と解釈していい……わけじゃない。ほとんどの場合「服装=洋服」での規定なしであり、和服は「想定外の服装」なんだよ。

なので、どうしても和服を着ていきたいなら、それを実行する前に上司(先生)や会社(学校)に「和服でもいいですか?」とまずは相談するように。それでOKが出れば公認で堂々と着ていけるし、残念ながらOUTであれば、それは潔く諦めるしかない。

和服を着たい気持ちはわかるけど、だからって「我」を押し通していいわけじゃないんだよ。会社(学校)は、おまえさん「だけ」の場じゃないんだからね。

わからないなら問い合わせ

上でも書いたように、和服でもいいのだろうか、こんな恰好でもいいのだろうか、と判断しにくいことがあったら、自分で勝手に判断や解釈をせず、主催者や会場に問い合わせるようにしてほしい。そうすればちゃんと「場のルール」がわかるので、あれこれ悩む必要もなくなるでしょ?

いつか和服が「復権」したなら、そういったことはなくなるかもしれない。でもそれには、まだまだ時間がかかるだろうよ……。

4.冠婚葬祭などマナーや礼儀

続いてはマナーや礼儀。一見するとドレスコードに含まれそうだけど、実は微妙に違う。ドレスコードを「明確なルール」とするなら、マナーや礼儀は「暗黙のルール」といったところかな。

例えば、お葬式にハデハデの和服を着て参列しても、別に犯罪でもなければ着用方法がおかしいわけでもなく、「ハデハデ衣服はお断り」という注意書きがあるわけでもない(もちろんあればダメ)。

でも、お葬式に参列する服装としては「好ましくない」でしょ?マナーや礼儀の観点から、お葬式にはお葬式に合う服装=喪に服していることを表す服装ってのがあるからね。逆に、結婚式に喪服を着て行く人もいないでしょ?

言い換えれば、状況を考えてその場にふさわしい服装にするTPOの一種(解説)なわけ。とはいえ特殊な状況だから、その時だけ気をつけておけばいいと思うよ。

それと、冠婚葬祭に関すること(解説)には、むちゃくちゃなこと(やたら細かいこととか)を言う人がたまにいるので注意するように。

5:あとは自分の主観やセンス

いくつか段階的に解説してきたけどこれが最後。残るは……各自が勝手に判断すること(笑)冒頭で想定したかなりのことが、途中で引っかかることなくここまできたんじゃない?

そう、世の中で和服のルールやマナーっぽく言われているものは、個人の主観やセンスやイメージをもっともらしく言っているだけ、ってのが意外に多いんだよ。簡単に言えば、他人に対してなんの拘束力もない俺様ルールなわけ。

んなバカな!と思うかもしれないけど、「そういった着方使い方をしなければいけない」のであるなら、それ相応の「理由」があるはずなんだけど……どこかの偉い人が言ってたとか、どこかの本に書いてあったとか、そういった第三者の見立てではなく、自分で説明できるかどうかってこと。

例えば、和服を着る時には足袋である必要はないんだよ。裸足でもいいし靴下でもいいわけ。えっ、和服には足袋でしょ、と思うかもしれないけど「足袋のほうがそれっぽいから」程度の理由しかないはず。今まで解説してきた項目に引っかからないかぎり、他に何か実用的な理由ってある?

足袋のほうがいいって人は足袋を使えばいい。でも、靴下のほうがいいやって人は靴下でいい。それを決めるのはその人の主観やセンスなんだよね。

着るのは他の誰でもない「あなた」なんだから、着たいように着ればいいんだよ。

単純に「服装の常識」に従うだけでOK

段階的に書いたものの、実はこれ、洋服では誰もが(無意識のうちに)やってることなんだよ。一般的な社会常識で判断しつつ、衣服としてごく普通に着ていれば、1〜4までの段階はほぼ勝手にクリアするはず。

言い換えれば、和服には洋服にない決まり事がある、って考えそのものが「間違い」なわけ。そういいた思い込みを捨てて、服装の一つとして和服を捉え直してごらん。難しく考えていたのがバカらしく思えてくるから。

それぐらい気軽なものだったからこそ、昔は誰でも着ていたんだよ。

ちなみに、こういった「ルール」については、いくつかはサイトのほうでも解説しているので、よろしかったらどうぞ。

Last 2009/04/17. Copyright (C) since 2007 バカガエル.