Kimono-Wa-Fuku

トップページ>プラス@の仕立て直し

和服(着物)の仕立て直し:改造編

仕立て直しは寸法をちょっと変える(解説)だけではなく「大幅に改造」することも可能だ。私が実際にやった参考例をいくつか挙げてみよう。

また後半は、私はやったことはないが実際に存在する(した)ちょっと変わった形状の着物について、書籍を参考に解説しておこう。

普通の羽織→袖なし羽織

これはもともとネットオークションで買った、普通の羽織だった。

片方の袖に洗っても落ちない、わからない程度のうっすらとした汚れがあり、最初は気にせず着ていたのだが、ある日思い立って、袖なし羽織に「改造依頼」。ついでに着丈も調節して、羽織裏も洋服の生地屋で買ってきた綿生地に交換した。

例えば古着でアンサンブルを買った場合、着丈は直せても反物幅の関係で裄が伸ばせないようなら、いっそのこと袖なし羽織+長着(着モノの正式名称)にして、長着の袖に羽織の袖を接ぎ足す(下の参考例)、ということも可能だろう。

長着×2と羽織→疑似アンサンブル

画像は長着だけだが同じ色の羽織もある。これはもともと偶然ほぼ同じ色柄の長着×2と羽織だった。古着屋とリサイクルショップで3つとも別々に買ったものだ。

そのままでは寸足らずだったし、着丈と裄の寸法を伸ばそうにもダメっぽかったので「3つを使って2つ(長着と羽織の疑似アンサンブル)にしてほしい」と改造依頼。

.

長着は、内あげ部分で2つの長着の身頃を連結。長着と羽織の裄(袖幅)も、それぞれ残った生地を接ぎ足して伸ばしてある。胴裏と羽織裏も、生地屋で買ってきた綿生地に交換。今回は偶然ほぼ同じ色柄の生地が揃っていたのでそれを使ったが、袖幅伸ばしに関しては、わざと違う色の生地を肩口、あるいは袖口に足してやってもおもしろいだろう。

身長が高くて普通の反物では裄が足りない人は、こうやって裄を伸ばすことができるのだ。

普通の綿生地→長襦袢

これは改造依頼というより、専用生地以外からの仕立てを依頼したもの。実際、スーツ生地など洋服生地から着物を仕立てている人もいる。

襦袢用の生地ではなく、洋服の生地屋から買ってきた綿生地で長襦袢を仕立ててもらった。もちろん関西仕立て。注意点は、柄物生地を使う場合、柄に上下があるものを選ばないほうがいい。前身頃と後ろ身頃は一体型なので、前後で柄が逆転してしまうのだ。実はこの長襦袢、前と後ろでは柄が逆になっていたりする(汗)。

普通の綿生地は安いし色柄もいっぱいある。おまけに洋服生地は幅が1メートルほどあるのが普通なので、生地(反物)の幅が足りないから裄(身頃)が足りない!といったことは100%起こらない。「北斗の拳」のラオウやハート様ですら着られる着物を作ることができるのだ。

着物専用生地から仕立てたものが着物ではない。どんな生地を使っていようとも、着物の形をしていればそれは着物なのだ。

蝙蝠(コウモリ)羽織、超ロング羽織

これは私も持っていないが、その昔実際にあったらしい。超ロング羽織に関しては、裾まではないものの、それに近い長さの羽織を着ていた人を一度だけ見たことがある。

.

コウモリ羽織は、着丈が腰上(よりもっと短い?)までしかない羽織。学生服で例えるなら「短ラン」みたいなもの。参考文献によると、着丈が袖丈より短いらしいので実寸50センチより短いと思われる。名前の由来はそのまんま、形状がコウモリに似てるからだろう。見ようによっては袖のついたベスト(チョッキ)なので、意外と普通っぽいかもしれない。

超ロング羽織はその逆で、とても着丈の長い羽織。長着と同じぐらいの長さ、あるいはそれ以上もあったようだ。参考文献によれば、羽織紐までムチャクチャ長いものもあったらしい。満員電車の中なら、間違いなく引きちぎられるだろうな。

もじり袖、筒袖、舟形(型)袖、

これも私は持っていないが、実際にこういった形状の袖になっている長着を使っている人はいるようだ。一応断っておくが、画像は参考用に加工修正したもの。

..

着物の弱点のひとつとして袂(たもと)が挙げられるのだが、これらは袖から袂(の先っぽ)部分をなくした仕立て方になっている。袂部分をどれぐらいなくすか、あるいはその形状によって、いろいろ呼び名があるらしい。

もじり袖?や筒袖は袂部分が存在しないので、主に力仕事などの作業をするときに、いちいちたすきがけをしなくて済む。筒袖は、作務衣の袖を想像すればわかりやすいだろう。そのかわり、袖にポケットとしての役目はなくなるけどね。

舟形袖は角の部分だけがなく、名前のとおり船底のような形状をしている。たすきがけをせず台所の洗い物をしたことのある人はわかるだろうが、袂の先っちょがビヨーンと下に垂れて、知らず知らずのうちに濡れてしまっていることが意外とある。この形状だとそれが起こりにくいのだ。

他にもこんな着物があったらしい。

以下は参考文献にあった情報だ。

革製の着物

布製なんてなんのその!革製の着物。まあ実際、本物の革で着物を作ったらとんでもない金額になると思うが、合成の革ならなんとかなる?羽織から足袋まで、なんでもかんでもあったらしいが、今の時代なら、革の羽織がいい感じかも。

紙製の着物

今度は紙製!一応特殊加工?は施していたらしい。今で言えば不織布がそれに近いのだろう。しかし洗濯できるのだろうか?江戸時代の人間も、やることはやってるものだ。

大塚末子(1902〜1998)

別に「大塚末子」というブランド名の和服があるわけではない。名前の通り女性で、考案したのも女物だったのだが、

>広幅の洋服地を使った「おくみの存在しない着物」

>上下に分かれた「ツーピースの着物」

>ツーピースを発展させ、さらに羽織を足したような「スリーピースの着物」

といったものがあったらしい。ただ哀しいかな、時代を先取りしすぎて?イマイチ大衆ウケしなかったようだ。

<参考文献>
「大江戸復元図鑑<庶民編>」笹間良彦 著
「江戸Tokyoストリートファッション」遠藤雅弘 著
「昭和のキモノ」小泉和子 編

Last 2011/01/06. Copyright (C) since 2007 バカガエル.