kimono-Wa-Fuku

トップページ基本知識>羽織

男物の羽織→ジャケットや上着

長着の上に着る、一般的に腰下ぐらいまでの長さしかないのがこの羽織。洋服で言うところのジャケット、上着に該当するものだ。よって、日常生活における範囲では、必ず着なければいけないものではなく、もし着ていたとしても、気温や状況に応じて適度に着脱してかまわない。

着脱を考えて防寒用として使うのであれば、特に袷仕立てと単衣仕立てを使い分ける必要はない、というより、袷仕立てだけでも充分。古着のものは袷仕立てが多いので、探す手間も省けるだろう。

また、アンサンブル(対)の場合、長着と羽織が同じ生地になるわけだが、これも必ずセットで使用する理由はない。もちろんセット使用でもいいが、別々の色でもぜんぜんOKだ。

なお、羽織に使用する羽織紐に関しては「羽織紐」で解説してある。

羽織の袷、単衣、夏物

長着と同じく、袷、単衣、薄物の3種類なのだが、特殊な形として袖のない「袖なし羽織」というものもある(後述)。仕立て方に関しては「着物の仕立て方の種類」も参考にしてほしい。

羽織袷仕立て

背中の部分に露骨にわかる、表の生地とは別布の裏地があり、袖も生地が二重になっている。背中の裏地は羽裏(はうら)と呼ばれ、絵柄がゴージャスなのは額裏(がくうら)とも呼ばれる。

ただ、羽織の場合は袷仕立てでも、袖の仕立て方が二種類ある。別の布が裏地になっているものは普通の袷仕立て。表生地と同じ生地が裏地にも使われているものを特に「無双仕立て」と言うらしい。どっちがどっち、という用途別は私は知らない。

羽織単衣仕立て

生地が二重になっていないもの。羽裏が存在しないのが大きな特徴。

参考画像のように、肩のあたりにだけ別の布が縫いつけてあるものもあるが、これは長着と同じで裏地ではなく肩すべりだ。

羽織単衣仕立て(薄物)

羽織にも薄物はあるのだが、実用性はほとんどない。冠婚葬祭などで着る場合を除けば、単なるオシャレ用だ。

生地はもちろんスケスケが基本。スケスケ→着物が透けて見える→なんだか涼しそう、という発想なのだが、着物を着慣れないうちは手を出さないほうが無難。というより、なくても困らないと思うので、どうするかは各自にまかせる。

たしか以前、古着で500円ぐらいで買ったものを持っていたはずなのだが……川柳のごとし。

袖なし羽織

羽織から袖をはずしてベスト(チョッキ)のような形にしたのがこれ。普通の羽織は女物でもあるが、袖なし羽織は男物にしかないと思われる、というか、見たことがないだけ。戦国時代の武将がよく着ている「陣羽織」もこの一種だろうが、モノはまったく別物なので注意。

背中がちょっとあったかい程度で、通常の羽織ほど防寒としての実用性はなく、それこそベスト感覚で使う。画像のものは袷仕立てにしているが、もちろん単衣仕立てでもいい。ただし、いくらベスト感覚だと言っても、これの上に通常の羽織を重ね着するのはナシ。上に着るのならコート類だ。

なお、袖なし羽織は、羽織紐が同じ生地で直接縫いつけてあることが多く、その場合は襟を裏返さずに着る。 ちなみに画像のものは、通常の羽織と同じように羽織紐を後付けできるように仕立ててある。

Last 2008/02/27. Copyright (C) since 2007 バカガエル.