kimono-Wa-Fuku

トップページ>衣替えの目安と参考例

着物の衣替えをする私なりの目安

着物を着るようになると、季節の変わり目にふと頭をよぎるのが「衣替え」だ。洋服の場合、会社や学校など、制服?がある程度決まっている所では、だいたい6月と10月(地域による)に衣替えなのだが、着物にも一応それらしい「シフト」が存在する。

世間一般の「らしい人」らが言うには、「6月からは単衣、7〜8月は薄物、10月〜5月は袷」ということなのだそうだ。

もちろん、このシフトに従った衣替えもアリなのだが、私としては、完全な的外れとは言わないものの、法律で決まっているものじゃあるまいし、もうちょっと融通利かせたらどうよ?と思う。というわけで、私なりの衣替えの考え方と目安を解説しておこう。

なお、シフトにはツッコミどころ満載なのでこちらも参照してほしい。

最初は「暑い(寒い)」でもOK

着物を着始めたばかりの人は、最初からこんな「目に見えないこと」を考えてると、オーバーヒートして耳から煙が出てくるので、慣れるまではあれこれ深く考えず、単純に暑い(寒い)を基準にして着るモノを決めればいい。

例えば、単衣仕立ての長着(着モノの正式名称)をメインに考え、単衣仕立てでも寒くなれば袷仕立て、普通の単衣仕立てで暑くなれば薄物、といった感じだな。

羽織を持っているなら、それも組み合わせてやればかなりの時期をカバーできるはずだ。夏の長着や襦袢(薄物)は取り扱いがめんどくさいので、素直に浴衣だけでもいいし、着物にこだわらず、作務衣や甚平など和服全体で考えてもいい。

いきなり何十着も買うわけではないのだから、自分の持っているものの範囲で、暑くないよう寒くないようムリせず着ればいい。持っていないのなら「着ない」のも選択肢だ。我慢して着て、必要以上に汗だくになったり、チワワのようにプルプル震えることのないようにしてほしい。

着慣れてくれば「自分の目安」を作る。

着物をある程度(四季を経験するために丸1年以上)着慣れてくると、そこそこ冒頭のシフトのようにいくものの、きっちりとはいかないのがわかってくると思う。理由は簡単で、例えば「毎年」6月30日〜7月1日に、季節の変わり目が「必ず」くるわけではないからだ。

では、なにを基準に衣替えをすればいいのか?

季節は、日付という「人間の法則」で変わるのではなく、「自然の法則」によって移り変わっていくのだから……そう、自分の身の回りにある、自然の変化を取り入れてみればどうだろうか?桜の開花宣言、梅雨入り梅雨明け、紅葉などであれば、ニュースでも流れるから誰でも目にしやすいだろうし、あるいはもっと身近な、近所の公園の草木の変化でもかまわない。

例えば、桜の開花が「毎年必ず全国一律3月○日」ではないように、これらはその年ごとに微妙なズレが発生し、地域によるズレも発生する。よって、衣替えの基準を年ごと、地域ごとに修正することが可能になるはずだ。

自然を目安にした衣替え、参考例

というわけで、私自身が過去に検証してみた結果が以下の表で、現在はほぼこの通りに衣替えをしている。ただし条件として、

Last 2010/04/20. Copyright (C) since 2007 バカガエル.