kimono-Wa-Fuku

トップページ>正座のコツ

着物で正座をするときのチョイテク

着物での正座の仕方なんてどうでもいいじゃん、と言ってしまえばそれまでなんだけど、ちょっとしたことに気をつけるだけでかなりいい感じ?で座れるようになると思う。ついでに最後にちょこっとだけ、胡座(あぐら)についても解説。

ちなみに、最大のお手本は落語家さんかな。ベテランクラスで独演するときがわかりやすいだろう。なお「正しい正座講習(あるのか?)」は受けたことがないので、あくまで私なりの方法であり、「お作法では……」などといったツッコミは勘弁してくれよ?

足を組んだ上に尻を「はめ込む」

まずは下の2つの参考画像を見比べてみてほしい。足の組み方が間違っているとかではなく、ポイントは矢印(かかと)の位置だ。

.

なにも考えず正座をすると、だいたい左側のように「かかとの上におしりが乗っかる状態」になる。このように座ると、時間の経過と共に体の重み(笑)でかかとが少しずつ外へ動いて、背縫いのおしり部分にかなり力がかかり、縫い目が広がってしまうことがある。最悪、縫い目が裂けてしまう。

これを防ぐためには、右側のようにあらかじめかかとを外へ開けた形を作り「かかとの間におしりをはめ込むような状態」にすればいいのだ。

正座をする一連の動作

では実際に、着物のときにどうやって正座をするか、画像で説明してみよう。まずは中腰の姿勢を作り、右手で(着物を着ている方向が右前だから)さっと裾を整える。

.

きっちりやる必要はない。ぐちゃぐちゃにならない程度でOK。とりあえずこれだけでも充分だと思うのだが、着物の着丈が長いと裾がかかとにひっかかることもあるので、気になる人は右側の画像のように、同時に軽く反対の手でひざ裏に着物を入れてやってもいい。

.

それができたら、そのままひざをつく。参考画像では足(ひざ)を揃えているが、無理に揃える必要はなく、適度に開いていても大丈夫だ。

そしてここがポイント。いったんひざのほう(前)に体重をかけ、足を宙に浮かせてやり、この段階で足を組む(重ねる)。

.

参考画像では、わかりやすいように露骨に足を持ち上げたので、その体勢を維持するため手をついているが、要は足を組めればいいだけなので、ほんの少し持ち上げただけで充分だろう。手をつくほどバランスも崩れないと思うが、まあテーブルなどがあれば、そこを持ってもOK。

.

あとは、かかとの間におしりをはめ込めば完成。言い方を変えれば、一気に正座をしてしまうのではなく一度座り直すような感じだ。

なお、上の画像と見比べてみてほしいのだが、そのまま手を前に持ってくると、袂(たもと)が太ももの上に乗っかってしまっていることがある。

これまた別に悪いわけではないのだが、どうせなら袂は足の両脇にあるほうがビューリホーな感じなので、軽くでいいので手を横に伸ばして袂を広げ、そのあと前へ持ってくればいい。

時代劇に出てくる大名や武将連中を観察していると、正装をしていて座るとき、必ずこの仕草をやって袂を広げている。江戸時代以前の袂が長い和服だと、かなり大げさにやっているのですぐわかるはずなのだが、最近はテレビ時代劇もめっきり少なくなったので、目にする機会も少ないかもな。

羽織を着ているときは裾を広げる。

羽織を着た状態で正座をするときには、さらにもうひとつコツがある。基本的には同じなのだが、羽織の裾を上手に始末しないと、足とおしりの間に羽織の裾を巻き込んでしまう。着丈の長い羽織ならなおさらだ。

.

これを防ぐためには、ひざをついた段階で、袂もろとも羽織の裾を後ろへ広げてやる。

.

裾を広げるとともに、足も宙に浮かせて組んでやればいい。

.

こうすれば、足(足袋)も羽織の裾に隠れるのでいい感じになる。

胡座(あぐら)をかくときのワンポイント

正座もさることながら、男の場合は「あぐら」をかくことがかなり多い。まさか「着物のときは裾がはだけるから、あぐらなんてもってのほか!」などと言う人はいないと思うが、確かに、あぐらをかいて座ると少々裾がはだけるのは事実。

少々はだけるのは座り方の関係上どうしようもないのだが、必要以上にはだけるのを防ぐには、あぐらをかこうとする時、着物の前部分のひざ〜ひざ下あたりを、軽く内側へ押さえながら座ればいい。

慣れてくれば、ひざを左右に広げ始めた時に、同じ場所を軽く内側へ「ポン!」と一度叩くだけでもいけるはずだ。それでも気になるようなら、座ったあとにちょいちょいと、股間のほうへ裾を集めるようにすればいいだろう。

Last 2010/02/02. Copyright (C) since 2007 バカガエル.