kimono-Wa-Fuku

トップページ>羽織紐の結び方

羽織を着たままで羽織紐を結んでみよう。

市販されている普通の羽織紐は、結んだ状態で売っているし、羽織への取り付け用に金具がついているので、「着る(脱ぐ)ときには金具をはずす」と思われがち。しかし実際は、金具はあくまで交換用であり、ネクタイと同じく、羽織を着る(脱ぐ)ときには羽織紐を結ぶ(ほどく)のが本来の使い方なんだよ。

というわけで、より実用的に「羽織を着た状態で」羽織紐を結ぶ方法を2通り解説しておこう。

なお、普段着の範囲であれば、結び方はこの2通りに限定されるものではない。極論、どんな結び方をしようが個人の自由なので、チョウチョ結びだろうがオリジナル結びだろうがオールOKだし、使う羽織紐が限られるけどこんな方法(解説)もある。

その1:簡単な手順

解説画像では平組紐を使っているけど、丸組紐でもやり方は同じ。

[1-1]まずは両方の紐の長さを揃える。平組の場合は羽織紐の裏表、ねじれに注意。

[1-2]左右どちらでもいいので、ぐるっと回して輪っかを作る。輪っかはなるべく根本のほうに、そして少し小さく作るのがコツ。

.

[1-3]平組紐の拡大図。紐をねじらないように。[1-4]丸組紐の拡大図。輪っかを上下に重ねるような感じかな。

[1-5]残りの紐を適当に折り曲げて、輪っかの中につっこむ。

[1-6]フサフサが輪っかの所へくるように下に引っ張って、

[1-7]胸前の部分と結び目を持ち、軽く結び目を前に出して締める。

.

ハイ、かんせー。[1-8]平組紐。[1-9]丸組紐。輪っかの大きさや紐の長さとのバランスなどは、各自で調整してほしい。

この結び方は、最後にできる輪っかがだいたい正面を向く。輪っかの大きさが左右の紐でほんの少し違っていることもあるけど、あまり気にしなくていいだろう。

その2:ちょっとテクニカル?な手順

こちらも平組紐で解説しているけど、丸組紐でも基本的に同じ。

[2-1]まず、左右対称に輪っかを作る。平組紐の場合は紐の表裏を間違えないように。後々の長さ調節のため、なるべく根本に近い場所で、輪っかはあまり大きくしないほうがいいだろう。

そしてここがこの結び方最大のポイント。

.

[2-2]スプーンを重ねるように、左(右)の輪っかに右(左)の輪っかを入れて重ねてやる。[2-3]重ねた状態。

.

[2-4]平組紐の拡大図。スプーンを重ねたようになっているのがわかるかな?[2-5]丸組紐の拡大図。丸組紐の場合は、タイヤを積み重ねたような状態にする。

[2-6]残りの紐を上下に重ねたまま、適当なところからスプーン(タイヤ)を重ねた輪っかの中にブチ込む。

[2-7]フサフサが輪っかのあたりにくるよう下に引っ張り、

[2-8]左右別々に胸前の部分と結び目も引っ張って締める。

.

ハイ、かんせー。[2-9]平組紐。[2-10]丸組紐。

この結び方は、最初の方法と違って輪っかが横向きになるところがポイント。紐の裏表を気にしなくていい分、丸組紐のほうがやりやすいだろう。ちなみにこの結び方、実は一般的によく解説されている羽織紐の結び方を、羽織から外さなくても結べるようにした方法だったりする。

Last 2012/11/03. Copyright (C) since 2007 バカガエル.