kimono-Wa-Fuku

トップページ>短い羽織紐

短い羽織紐の結び方&作成方法

羽織のボタンのような役目をする羽織紐。しかしこの羽織紐、羽織の前が開かないように結ぶにしては、結び目の見映え的な意味合いもあってか、少々長めの紐が一般的となっている。

でも、見映えもクソもあるかいな、紐の余りが邪魔なんよ!という人のために、羽織紐を短くしてしまう方法と、その短い紐の結び方を解説しておこう。

なお、羽織紐をハサミで切ってしまうこの方法、当然ながら失敗したからといって元に戻すことはできないし、基本的にフサフサは消滅してしまうので、やる人は自己責任でどうぞ。

まずは羽織紐で貝の口結びをしてみる。

順番が前後するけど、最初に短い羽織紐の結び方を解説しておく。といっても、角帯の結び方である貝の口結びをすればいいだけ。これから短くしようとする羽織紐も、ハサミで切る前に一度結んでみれば、どれぐらいの長さにするか見当がつくはず。

.

というわけで貝の口結びをしてみた。ここでは解説を省くので、詳しいやり方はこちらを参照してほしい。これだけでもいいんだけど、紐の端っこが角帯のときと同じように上を向いているので、余りが長いとしだれ柳のようにビローンと垂れ下がってしまう。

そこで、余り部分の紐をねじって、内側(自分のお腹側)へひっくり返してやる。裏返しにする、とでも言えばいいかな。

.

すると、貝の口がパックリ開くような形?になり、紐の端っこは下向きになる。あとは結び目を整えてやればハイ、かんせー。

丸組紐はもっと簡単

以上の解説画像では平組紐でやっているけど、これが丸組紐だともっと単純。

.

単に結んでやればいいだけ。紐をひっくり返さずとも、紐が微妙にねじれて勝手にこの形なる。具合がイマイチだと思うなら、結び目を人差し指と親指でぐにぐに揉んでやれば落ち着くだろう。

短い羽織紐の作成

具合のいい長さの見当がついたら、それに合わせて羽織紐を短くする。

.

短くする分だけフサフサ側を切ってポイする。結び目の先に少しは余りが必要だし、短くするのはいくらでも調整が利くので、少し余裕をもって長めに残すように。

このまま切断面に瞬間接着剤をたらすとか、手ぬぐいのように先が少々ほつれたのをそのまま放っておくとかしてもいいけど、今回は糸で縛って留めてみることにする。

.

まずは縫い針など細いものを使って、紐を編んでいる糸を解きほぐしてやる。意外とめんどくさいけどがんばれ。あまり調子こいて延々と解きほぐさないように。

ある程度解きほぐしたら、ほぐした根元を糸でぐるぐる巻きにして縛ってやる。参考画像では黒い縫い糸でやってるけど、羽織紐と同じ、あるいは近い色の糸を使ってやると目立たないかと。

.

あとはフサフサもどきの長さを切りそろえてやれば、ハイ、かんせー。もともとの長さと比べるとこんな感じ。

作成上の注意点

今回は撮影用のため、羽織に紐をつけたまま作業をしているけど、もちろん羽織からはずして作業すればいい。

そうそう、糸を解きほぐしてフサフサを作るとき、羽織紐によっては紐の中に芯があるものもある。

この芯だけはどうしようもないので、適当なところで切り落としてしまうか、ものによっては完全に抜き取ってしまってもいいだろう。

また、特に平組紐でやった場合、完成した紐の長さを比べると、結び方の関係で微妙に左右の長さが違うことがある。と はいえ、結び目の強さで微調整はできるし、そんなに何センチも違ってくるわけではないので、同じ長さに切り揃えても長さが違うままでも、各自の判断で好き なように。

ただ、長さが違うまま使うのであれば、自分の結び方のクセに応じてそれぞれ左右どちらかに装着を限定しないと、余計に左右の余りの長さがちぐはぐになるので注意。ちなみにオレは両方とも同じ長さで使ってるよ。

Copyright (C) since 2007 バカガエル.