Kimono-Wa-Fuku

トップページ>角帯の結び方:貝の口

角帯の結び方その1「貝の口結び」

角帯の結び方で一般的というかよくやるのがこの「貝の口結び」だ。

角帯は幅があるから難しそうに見えるけど、実はこれ、誰もが紐を結ぶときにやる固結び(横結び)をしているだけ(解説)だったりする。とはいえ、実際に着物を着た状態でやるときは、慣れるまでは鏡を見ながら練習したほうがやりやすいだろう。

なお、ここでは結び方のみを解説しているので、それまでの帯を巻く(締める)まではこちらを参照してください。

じゃあやってみよう。

「角帯の共通手順」に引き続き、結び方も左回し右回し両方を掲載。

.

.

[1-1]この結び方は「手」の上に「垂れ」が重なった状態からスタート。[1-2](簡略図)

.

[1-3]まず「手」の下(裏)に「垂れ」を通す。

.

[1-4]形を作ったら「手」と「垂れ」を軽くグッ!と後ろへ引っ張って、一度しっかり締める。荷物を紐で縛るときも、軽く結んで一度上に紐を引っ張ったほうがよく締まる。あの原理だ。

この前の手順で「手」「垂れ」の長さを短めにしたのは、この動作で帯が締まり、「手」「垂れ」ともに少し長くなるからだ。ただ、あまりチカラを入れすぎると、今度は締まりすぎて苦しくなるのでほどほどに。

.

[1-5]続いて「手」を上へと折り返す。ねじらずにそのまま折り返す。

.

[1-6]「手」に重ねるように、今度は「垂れ」を上から下へ折り返して、

.

[1-7]ここが初心者殺し。「垂れ」を、体に巻いてある部分と折り返した「手」の間(ピンクの線)へ巻き込むように通してやれば、

.

[1-8]ハイ、かんせー。

.

[1-9]実際に角帯で結んだ場合はこんな感じになる。なぜ「貝の口」という名前なのかは、おそらく完成形の中心がアサリやハマグリのような二枚貝っぽい形になり、口がパクパク開いているように見えるからだと思う。

「手」と「垂れ」の長さを再調整する方法

結んでみて、「手」と「垂れ」の長さバランスがおかしい、しっくりこない、というのであれば、結び目をほどいて角帯全体を左右に動かしてやると、相対的?に長さを変えることができる。

.

[2-1]帯を巻いた方向と反対方向へ動かすと、「手」は長くなるが「垂れ」は短くなる。

.

[2-2]帯を巻いた方向と同じ方向へ動かすと、「手」は短くなるが「垂れ」は長くなる。

これでもう一度結んでみて、「手」の長さはいいものの、今度は「垂れ」の長さが長い(短い)ようであれば、

.

[2-3]「垂れ」の折り返している長さをもう一度調整してやる。折り返しを増やせば「垂れ」は短くなり、折り返しを減らせば「垂れ」は長くなるわけ。

慣れないうちは何度となく微調整することになるだろうけど、何度もその角帯を使っていれば、そのうち自分に合った長さが感覚でわかるようになる。そうなれば、ほとんど微調整することなく一発で結び目が決まるはずだ。がんばれ!

Last 2012/11/03. Copyright (C) since 2007 バカガエル.