kimono-Wa-Fuku

トップページ>結び方派生パターン

角帯も兵児帯も、結び方の基本は一緒。

着物の帯の結び方はいろいろあるけど、それぞれ結ぶ手順がまったく違うのではなく、ひとつの手順から派生していくような感じで、基本はたった一通りの単純なものだったりする。この原理がわかれば、角帯でも兵児帯でも好きなように結べるはずだ。

なお、貝の口結び(解説)、片ばさみ(解説)に関しては、それぞれ別途解説してあります。

結び方の基本手順

どちらが「手」「垂れ」ではなく、最初の段階で「上になるほうを青」「下になるほうをオレンジ」と捉えてほしい。毎度のごとく、どちらでもいけるよう鏡像(左右反転)も載せておく。

.

スタート状態。2つを交差させる。

.

「オレンジ」の下に「青」を通して、

.

「オレンジ」を上へ折り返して、

.

「青」を下に折り返して、

.

折り返した「オレンジ」の下に「青」を通す。

以上が基本手順。帯がどうこうではなく、「紐」の両端を結ぶ一番簡単かつしっかり締まる方法というのは、この一通りしかない。正確には、手順3と手順4を入れ替えて、手順5で「折り返した「青」の下に「オレンジ」を通す」という方法もあるんだけど、

.

結び終わったあとの両端が、手順を入れ替えると左右ではなく上下を向いてしまうので、見た目カッコ悪い?から帯の場合はやらないだけだ。

図解しているから「手順」などとエラソーに書いているけど、実はこれ、誰でも紐を結ぶときにやっている「固結び(横結び)」を解説しているだけなんだよ。なんでもいいので普通の紐でやってみればわかるはずだ。

だから、「手」と「垂れ」を決めて体に巻き付けて「普段自分が紐を結んでるように結んでみて」と言えば、今まで1度も帯を結んだことのない人でも、それなりの確率で偶然結べてしまうのだ。

貝の口結びと神田結びは、実像と鏡像の関係

一般的な帯の結び方として「貝の口結び」があるけど、これと「神田結び(ウチでは未解説)」は、神田結びの場合は「垂れ」も「手」と同じようにV字に折る点を除けば、結ぶ手順としては実像と鏡像の関係、すなわち左右(「手」と「垂れ」)が逆になっているだけで、手順そのものは同じなのだ。

.

.

よって、最初に解説した手順1〜手順5は、その人が帯を巻く方向によって変わるものの、どちらか一方が貝の口結びで、もう一方が神田結びの手順でもあるわけ。

貝の口結びと神田結びの実用的な違いは、神田結びは「垂れ」を折って帯幅を半分にするため、おそらく貝の口結びより結び目がしっかり締まるんだと思う。太いロープと細いロープとでは、細いほうが結び目がよく締まるのと同じ理屈かな?

なお、原理がわかった人は気がつくだろうけど、貝の口結びの手順で神田結びのように「垂れ」側を折って結んでもかまわない。結び方の名前?私は知らないので、逆神田結びだの神田貝の口結びだの、テキトーに名付けたらいいんじゃない?それとも、神田結びを駒結びとも呼ぶが、この結び方を駒結びと呼ぶのかも(詳細不明)。

ちなみに、神田結びの手順で、貝の口結びのように「垂れ」側を広げたまま結ぶと、「垂れ」がくちゃくちゃになってしまうのでやらないように。

手順2からの派生:片ばさみ

椅子に座った時などに結び目が邪魔にならないから、と、やっている人もいる「片ばさみ」は、手順2からの派生となる。オレンジ=手、青=垂れ、だ。

.

「オレンジ(手)」を折り返さず、「青(垂れ)」を折り返して胴体部分に突っ込んでやれば、

.

片ばさみのかんせー。こう見るとびっくりするかもしれないが、片ばさみは「手」に「垂れ」を1回巻き付けているだけで、正直「結んでいる」というほどのものではなく、帯の張力?によって形を維持しているような感じだ。よって、胴体に巻いている部分が緩むと、「垂れ」を押さえる力が弱くなりさらに緩んでしまうので、お腹を引っ込めるなりなんなりして、しっかり帯を巻くように。

手順3からの派生:浪人結び

片ばさみのように、帯の張力で形を維持する結び方「浪人結び(ウチでは未解説)」は、手順3からの派生となる。この場合も、オレンジ=手、青=垂れ、だ。

.

「オレンジ(手)」を折り返したあと、「青(垂れ)」を折り返して胴体部分に突っ込んでやれば、

.

浪人結びのかんせー。片ばさみとの違いは、オレンジ(手)を折り返すかどうかだけ。その分、胴体部分が緩んでも、片ばさみよりは型くずれしにくいとは思うけど、緩まないにこしたことはない。

手順3(4)からの派生:片なわ結びA(B)+@

主に兵児帯の結び方として使われる「片なわ結び(ウチでは未解説)」は、手順3あるいは手順4からの派生となる。この解説図からもわかるように、兵児帯だけでなく角帯でも可能だ。

.

手順3で、「オレンジ」をもう一度折り返して二重にし、あとは手順通りにすれば、

.

片なわ結びAのかんせー。

.

手順3はそのまま、手順4で「青」を折り返して二重にし、あとは手順通りにすれば、

.

片なわ結びBのかんせー。AとBは、オレンジと青どちらを二重にするかの違いで、便宜上、私が勝手にA(B)としただけ。ちゃんとした名称があるのかもしれないけど、私は知らないし結構どーでもいい(おい)。

ちなみに、手順3手順4ともに折り返して、オレンジと青両方を二重にしてみると、

.

こんな形になる。世間ではこれをなんと呼ぶかというと、そう「チョウチョ結び」だ。

ほどけず見た目がそれなりならなんでもOK

以上、手順ごとに派生を解説してみたけど、帯の結び方はあーだこーだと、偉そうに言うほど難しいことをしているわけではないのはわかってもらえたかな。

同じ結び方をしても、角帯と兵児帯では帯の形状が違うので、結び目の見た目もかなり違って見えるけど、やっていることは一緒なわけ。これと同じことは、羽織紐の平組紐と丸組紐でも起きるし、短い羽織紐(解説)であれば、貝の口結び(神田結び)で結ぶこともできる。

極論、ほどけたり緩んだりしにくく、見た目がそれなりで具合がよければ、どんな方法で結んでもかまわないわけ。私の場合、結ぶのすらイヤになっているので、こんな方法(解説)で締めているだけからね。

ちなみに、ここで解説していない結び方として、袴のときにする一文字結び(解説)がある。これは、片なわ結びAの変形で、オレンジ(垂れ)を二重三重に重ねて「枕」を作り、青(手)で全体を巻き込んでいる。もうひとつ「虚無僧結び」ってのがあって……虚無僧じゃないから知らねえ(笑)

Last 2011/12/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.