Kimono-Wa-Fuku

トップページ>簡単な帯の締め方

角帯兵児帯共通の簡単な締め方

私がふと思いついた、角帯兵児帯どちらでも可能な超簡単手順「巻いて突っ込むだけ(オリジナル?だから名前なんてない)」を解説しておこう。

この締め方の特徴はなんといっても簡単なこと。手順的には片ばさみをさらに簡単にしたような感じで、ぐるぐる巻いて端っこを腰に巻いてある部分に突っ込むだけ、結ばないから結び目も存在しないというね。だから結び方ではなく「締め方」としているわけ。

注意点も片ばさみと同じで、お腹を引っ込めて締めないとゆるみやすい。ただ、ゆるんでもすぐ直せるのでさほど問題はない。正直な話、この締め方を思いついてからは、袴以外ではほとんどこれしかしなくなった。

「巻いて突っ込むだけ」角帯版

角帯でこの締め方をするには「手」と「垂れ」を決める必要がある。「手」と「垂れ」に関する詳細はこちらを参照。

.

[1-1]「手」側ではなく「垂れ」側をお腹の所にあてがい、[1-2]そのまま1周させてくる。

[1-3]1周させてきたら、「垂れ」側を持って一度よく締める。

.

[1-4]あとはただ巻いていくだけ。2周目。[1-5]3周目。

.

[1-6]4周目(角帯の長さによっては3周目)はさすがに巻けなくなるので、[1-7]角帯を少し回すなどして、「手」側をお腹の前へもってくる。

[1-8]「への字」に折り返して(上下にある模様の黄色い線に注目)、

.

[1-9]お腹と角帯の間(片ばさみと同じように角帯同士の間でも可)に突っ込む。[1-10]まっすぐではなく、ちょっと斜めにするといい感じ。

[1-11]「しっぽ」を上に折り返して動かないように持って、背中側にもっていけば、

ハイ、かんせー。[1-12](正面)[1-13](後ろ)「しっぽ」の長さはこんなに短くなくてもいい。

[1-13-@]アレンジとして、「しっぽ」をやや長めにとり、上へ折り返してもう一度角帯の中(今度は一番上とその下)に突っ込んでもいいだろう。

「垂れ」側の位置調整とゆるんだときの対処法

「ハイ、かんせー」状態で、「垂れ」の端っこがお腹の前あたりにくればいいんだけど、そうでない場合は、お腹の前あたりにくるように調整しておく。

.

[1-14]角帯の一番下になっている「垂れ」の端っこを引っ張り出して、[1-15]端っこがお腹の前あたりにくるように折り返してやる。

[1-16]あとは再び中へ戻してやればOK。なぜこんなことをするのかというと、片ばさみと同じで、お腹がへこむとゆるみやすくなるので、その時に締めやすくするためだ↓。

[1-17]ゆるんできたなと感じたら、帯に手を入れて「垂れ」の端を押さえるor引っ張り、一番上になっている部分を巻いた方向へ引っ張ってやると、簡単に締めることができる。この動作をするとき、「垂れ」の端がお腹あたりにあるとやりやすいので、折り返して位置調整をしているわけ。

.

[1-18]また、一度この締め方をしてやれば、「垂れ」をどれぐらい折り返せばお腹の前へくるかわかると思うので、最初から「垂れ」を折り返した状態で締めてやることもできる。[1-19]そうすれば、前ではなく背中で「手」を突っ込むことができるようになる。

「巻いて突っ込むだけ」兵児帯版

この締め方は、兵児帯だとさらに簡単だ。

[2-1]兵児帯のどちらかの端っこをお腹の前にもってくる。端っこの幅は、兵児帯の総幅の3分の1〜4分の1ぐらいがいいだろう。適当でOK。

[2-2]1周させたら、端っこを手で押さえて一度締める。

.

[2-3]あとは好みの幅で巻いていくだけ。2周目。[2-4]3周目(兵児帯の長さによっては2周目)で限界のようなので、

.

[2-5]端っこを兵児帯の中に突っ込む。変にねじれていなければ、角帯のように折り返しにこだわらなくても適当でOK。[2-6]これも、まっすぐではなくやや斜めに通したほうがいい。

[2-7]そのままでもいいのだが、兵児帯で「しっぽ」が出てるとイマイチなので、「しっぽ」の先も兵児帯の中に入れてしまう。

[2-8]「しっぽ」が出てこないよう、ちょっとだけ兵児帯の下端を内側へ巻き込み、適度な幅に調節してやれば、

.

ハイ、かんせー。[2-9](正面)[2-10](後ろ)兵児帯は突っ込んだ場所が目立ちにくいので、位置よっては私は後ろへ回さずそのままにしているけど、気になる人は後ろへ回してもいいだろう。

ところで、この締め方はなにげに思いついたものなんだけど、実は知っている人は知っている締め方なのかもしれない。というのも、TVドラマなどに出てくる着物を着た男性の中に、結び目のない状態で兵児帯を締めている人がたまに見受けられるからだ。詳細はわからないけどね。

Last 2012/11/04. Copyright (C) since 2007 バカガエル.