kimono-Wa-Fuku

トップページ>着方補足

着物の着方に関する補足説明

着物の着方をざっと解説したわけだけど、その上で、知っておけばより良い具合に着られる(かもしれない)チョイテク?のようなものを、いくつか説明しておこう。

襦袢を使用する上での注意点

襦袢を着る場合、ルール違反というわけではないんだけど、「襦袢はもともと着物の肌着」という観点から、見映えとしてカッコ悪いと思われることが2つある。

しかし最近は、襦袢の下に肌着や肌襦袢を使用するのが普通であり、肌着というよりオシャレなインナー?のような扱いになっているので、普段着の範囲であれば、どこまで気にするかは個人の判断にまかせることにする。

具合がわからない人は、わざとそういう恰好をして鏡で見てみるといいだろう。もちろん私は両方とも「気をつけている」だ。

長着(着モノの正式名称)の袖口から襦袢の袖を出さない。

長着と襦袢の裄に注意していればまず大丈夫だけど、例えば古着などで両者を別々に買って、長着の裄のほうが襦袢の裄より短いと起きる。

なぜカッコ悪いかは洋服で考えると簡単で、長袖Yシャツの袖口から、今日は冷え込むから、と着てきた長袖肌着の袖がはみ出している状態を想像してくれればいい。

襦袢の胸元の合わせ目から肌着が見えないようにする。

これは襦袢の下に丸首のTシャツを着た場合に起こりやすい。丸首Tシャツの首回りは、U首の肌着などに比べて、かなり首の根本あたりまであるからな。

なぜカッコ悪いかというと、上で書いたように襦袢自体がそもそも着物用の肌着なので、その下に肌着(シャツ)を着るのは「肌着の2枚重ね」となる。肌着を2枚着るのは勝手だが、それを「他人に見せる」のはどうよ?というわけ。

これは肌襦袢を使用している場合も同じで、肌襦袢の襟は出さなくていい。

動き回れば必ず着崩れは起きる!

特に初心者で、シワ一本に至るまでキレイにキレイに着ようとする人がいるけど、記念写真を撮るためならともかく、そんなことをするだけ時間のムダ。というのも、着物を着て動き回る以上、シワも入れば着崩れも大なり小なり絶対に起きるからだ。

この前見た着物雑誌ではシワも着崩れもなかったって?当たり前だろうよ、モデルさんは撮影用にポーズを取って「動かない」し、スタイリストさんもいるだろうから、そのつど何度も直しているってわけ。

おまえさんは洋服歴何年だね?それだけ着ていてもシワや着崩れは起きて、シャツを入れ直したりズボンを上げたりするはず。着物も同じで、どんなに最初に上手に着ても、どんなに着慣れた人が着ても、それらをゼロに抑えることは100%不可能であり、そうなったときに自分でぱぱっと直せるようになればいいだけなんだよ。

もちろんこれまた洋服と同じで、着慣れればひどい着崩れはそうそう起きなくなる。なんでもそうだけど、慣れが肝心(解説)なのは言うまでもない。

腰紐や伊達帯を使わずに着る。

襦袢と長着の着方では、一応腰紐(伊達帯)を使って解説しているけど、必ず使わなければいけないものではない。そのまま使うと腰紐→伊達帯→帯、と3回も締めるのだから、いらないのなら1本でも少ないほうが楽だろう。

.

慣れてしまえば、[1-1]まとめて着て、[1-2]ぱぱぱっと連続で重ねて着ることもできる。ちなみに私は現在、腰紐も伊達帯も未使用、帯(角帯or兵児帯)しか使っていない。

角帯周りのシワをとる。

[2-1]角帯を結ぶと、帯の上下に若干シワができる。特に体の前で結んで後ろに回した場合、長着が引っ張られるので、回した方向に結構シワが入っているはずだ。

.

これを消すには、[2-2]右手で帯と長着が動かないように押さえ、左手の親指(他の指でもいい)を長着と帯の間に差し込み、[2-3]そのまま帯の上部に沿って反対側へスーッと動かす。これで角帯上部にあったシワはだいたい消える。

.

下側も同じように、[2-4]右手で帯と長着を押さえ、左手の指を帯と長着の間に突っ込み、[2-5]そのまま帯の下部に沿って反対側へ動かす。

着た直後以外でも、動き回ってちょっとシワができたかな?と思えば簡単にすぐできるので、所作のひとつとして憶えておけばいいだろう。シャツをズボンに突っ込んだときにやる仕草、あれの着物版だな。

胸元(襟元)の調節

絶対というわけではないけど、襦袢を着た場合、長着の胸元から襦袢の襟(半衿)がちょっと見えるように着るのが一般的、というかいい感じだ。開きすぎても締まりすぎてもイマイチ、半衿も見えすぎず隠れすぎず、といったところだけど、普通に着た状態では、半衿はほとんど見えず、胸元もやや絞まり気味になっているはず。

胸元の開き具合を調整するには、

[3-1]長着の胸元(襟の合わせ目)に指を突っ込み、少し前へ出すような感じで合わせ目を下げてやる。下げすぎると、開きすぎてだらしなくなってしまうので注意。

.

[3-2]下げる前[3-3]下げた後。どれぐらい下げるかは各自のお好みで。

ただし、動き回っているとある程度は胸元が勝手に開くので、着た直後の状態でベストの開き具合に調整するのは、やめておいたほうがいいだろう。逆に、襟が開きすぎる場合は、崩れるのを防ぐ小物(解説)もある。

正確には合わせ目を下げるのではなく、長着を少し引っ張って上半身に余裕をもたせてやる、かな。長着の着方の[1-6][1-7]で「少し斜め上にもってくる」と解説しているのは、胸元が絞まりすぎるのを防ぐためでもあるわけ。

なお、普通に着ると、胸元がYシャツのようにかなり絞まる場合は、サイズが体に合っていない=身頃が大きいことも考えられる。思い当たる人は、長着や襦袢のサイズを再検討するか、こちらの着方(解説)も試してみてほしい。

「股割り」をする。

別にプロレス技をかけるわけではない。

着物を着た直後に歩こうとすると、裾がまとわりついてうまく歩けないことがあるはずだ。あれは、生地同士(正面は襦袢の左右身頃+長着の左右身頃=4枚重なっている)に摩擦抵抗?気圧?が働いて、生地同士がうまく滑らないために起こる。それを解消するには、

.

[4-1]着て終わったら、[4-2]一度左右に足を大きく開いてやる。

当然裾がバラけるんだけど、そんなものはチョイチョイと直せばいい。これを1回やっておけば、後はスムーズに裾がバラけて問題なく歩けるはずだ。おそらく生地同士の間に空気が……物理の授業はお昼寝タイムだったから聞かないでくれ。

Last 2012/10/31. Copyright (C) since 2007 バカガエル.