Kimono-Wa-Fuku

トップページ>新品(誂え)

誂え着物の買い方

新品の着物が欲しいのなら、着物屋で作る(仕立てる、誂える)しかない。その特徴や買う時の注意点について解説しておこう。

「誂え」の特徴、長所や短所

ちなみに「誂え」は「あつらえ」と読み、自分サイズに新品を仕立てることを指す。洋服で言うところのオーダーメイド(テイラーメイド)だ。一般的な着物屋で着物を買う場合は、この「誂え」が基本になる。

長所:自分好みで寸法ピッタリ

オーダーメイドなので、生地も自分で選ぶことができるし、専門家が採寸して自分の体型にあった寸法のものを作ってくれるので、ある意味「オンリーワンの着物」が買える。おまけに人が着ていたもの(古着)ではなくド新品、もうこりゃウハウハだな。

ある程度予算に余裕があり、なおかつ「自分で洗濯するかクリーニング代を払えるのなら」、仕立てたほうが後々のことを考えると絶対にオススメだ。

短所:懐に優しくない。

「新品の」生地代+仕立て代がワンセットの価格なので、浴衣に関しては1〜2万円でも可能な場合もあるが、正直言って古着の比ではない。ただ、仕立て代は「一着」2万円前後で固定のはずだから、生地代(モノによっては裏地なども必要)を抑えれば、財布が軽くなるのも抑えられるだろう。

とはいえ、いろいろと揃えるなら10万円は財布の中に準備できていないと心細い。だからといってローンを組んでまで購入する価値はないと思うが、まあ最終的には、自分の懐具合や生活環境と相談して決めてほしい。ひとつだけ言わせてもらうなら、しょせんは衣服だということを忘れないように。

「誂え」を売っている場所

誂えを売っているのは着物屋なのだが、着物の需要低下で「必死な店」もたくさんあるから要注意。安い買い物ではないから、できることなら着物に詳しい人に同行を頼んで、なるべく男物をメインで扱っている店に行ってほしい。

お客の立場で考えてくれる呉服屋選び

そこらで見かける着物屋に行けばいい……ではなく、パチンコと同じで「店選び」がかなり重要。どこまで客の立場で考えてくれるかがポイントになる。

というのも、普通の着物屋は女性がメインの客層なので、女物のことはわかっても、男物になると一気に話が怪しくなるのだ。男の店員や店長だから大丈夫だって?店員が着物を着ているから安心だって?いやいや、そんなものはあくまで見た目、実際は話をしてみないとわからない。

「すみません、男物の着物がほしいのですが」と大雑把(←これが重要)に店員に伝えたとき、「だいたいいくらぐらいのご予算で、どういったものがよろしいでしょうか?……はい、それでしたらこちらなどいかがでしょうか?」と、お客のリクエストに的確に応えようとする店員(がいる店)ではないとダメだ。

ダメな着物屋は売ることしか考えない。

着物屋の売り方でよく見聞きするのが、「ご主人!大島でひとつ誂えてみませんか?」などと、客の意向はガン無視して意味不明に高価な生地を勧めてくるパターン。ひどいのになると店員で取り囲まれたりすることもあるらしく、いまだにネット上などで不満が出ている。

そういった店は「買わせる気マンマン」なので、当店はローンもございますだの、一生モノですからだの、今買わないと次はないですよだの、粋(いき)でいなせでだの、例を挙げればキリがないほどあらゆる売り文句を山ほど並べてくるようだ。

客の意向を無視して商品を勧めてくる店に対しては、客側も店の意向をガン無視してOK。早い話が、さっさと立ち去って二度と近寄らないほうが身のためだ。

「誂え」を買うコツ

私自身、近所の着物屋で1回仕立てたことがあるだけなので、ちまたでいろいろ聞く話を参考にまとめてみた。インターネットを利用して誂える場合もだいたい同じだが、実店舗で買う以上に店側と綿密なやりとりをするようにしてほしい。

店側としっかり「相談」する。

男物に詳しい店を見つけたら「予算がいくらで、こういったもの(生地の種類、着る季節など)がほしいのですが」と、改めて自分の希望をしっかりと店側に伝える。しっかりしたお店なら、お客の予算や要望に応じて、いろいろと商品や提案をしてくれるはずだ。

また、少しでも疑問に思ったことはうやむやにせず、代金のことでも生地のことでもなんでもいい、これも店側に質問して聞くように。買うのは自分、着るのも自分だから、折り合いがつかなかったら素直にあきらめ、別の店を探してもいいだろう。

あとは「ご注文の品ができあがりましたので」の連絡を待つだけ。ちなみに、しつけ糸付きの着物を実際に手にしたら、価格や品質関係なくちょっと感激するよ(笑)

採寸と仕立て上がりまでの日数

生地が決定すれば採寸だが、これに関しては店側はプロなので、細かな寸法の要望にもきっちり対応してくれるはず。基本的にまかせておけばいいが、「自分の寸法」を把握していれば、いろいろと意見交換もできるだろう。

店選びの段階で失敗していないなら大丈夫だろうが、店によっては身長と肩幅を測って、残りは「寸法計算表」で割り出そうとする場合もあるので要注意。これではプチ既製品と変わらないからな。

それと、注文から仕立て上がりまでには、仕立て屋(着物屋が仕立てを依頼する業者)の混み具合などにもよるが、ひどいときには1ヶ月以上かかることもあるので、一応どれぐらいかかるか聞いておいたほうがいいだろう。浴衣は簡単なので早いと思うが、仕立て上がったものの、時期がずれてあと半年以上着られない!などということのないように。

「水通し」について

生地は水分を吸収すると縮むのだが、着物の場合は構造上、洋服より目立つようになっている。早い話、水に一度も浸していない生地で寸法通りに誂えると、洗濯やクリーニングに出したとき、着丈が寸足らずになってしまう可能性が高い。

それを防ぐために、仕立てる前にあらかじめ生地を水に浸して乾燥させ、縮めた状態にしておく「水通し」という工程がある。仕立て代が2千円ほど?割り増しになるが、特に自分で洗濯する予定のものは、必ず水通しの工程を行ってもらうように。

頼み方としては「自宅で洗濯するつもりなので、水通しを行った上で、着丈が○○センチになるように仕立ててください」といった感じ。詳しくはお店で確認してほしい。

他にも、着物を特殊コーティング?する「○○加工」といったものもあるようだが……日常着であればそこまでしなくても充分だ。まあしたければどうぞご自由に。

もうひとつの方法「仕立て屋へ持ち込み」

以上は一般的な誂え着物の入手方法だが、同じ誂えでも裏技的方法として、オークションやネット販売などで生地を購入して、仕立て屋に直接持ち込む方法(解説)がある。最大の利点は、一番カネのかかる生地代を抑えられることだ。もちろん仕立て代は必要だが、総額は結構違ってくるだろう。

着物屋の販売形態は「生地を扱っていますが仕立てのあっせんもやっています」なので、生地をどこからか買ってきて仕立て屋に持ち込むようにすれば、着物屋を介さずとも誂え着物を入手することができるわけだ。

ネットオークションでも反物にはそうそう買い手がつかないし、倒産品や質流れ品など、普通なら何十万円もするものがかなり安く出品されていることもある。また、古着の購入先で出てきたリサイクルショップにも転がっていることもある。

さらに着物=反物から仕立てたモノ、というわけではないので……そう、洋服生地から仕立てる洋服生地から仕立てることも可能だ。

Last 2012/02/19. Copyright (C) since 2007 バカガエル.