Kimono-Wa-Fuku

トップページ>着物の寸法を直す

着物の寸法を直す「仕立て直し」に挑戦

男物に限らず、着物は縫い直すことを前提とした縫製になっているので、縫い直せば各寸法を「自分サイズ」に直す(リサイズ)することは不可能ではない。そんな素晴らしい技術「仕立て直し」について解説しておこう。

今回のネタでお世話になった(なっている)のは地元の仕立て屋さん。松山在住で仕立て直しを考えている人はどうぞ。お問い合わせはこちら→(有)愛媛和装センター

仕立ての職人「仕立て屋さん」

着物が仕立て直しのできる構造になっているとはいえ、シロウトがひょいひょいできるほど簡単なものではない。そこで登場するのが、仕立ての専門家である「仕立て屋さん」だ。

この仕立て屋さん、誂えメインの着物屋とは切っても切れない存在で、着物屋がお客さんから着物を受注した場合、基本的に縫製に関しては契約している仕立て屋さんに依頼している。家を売っているのは不動産屋だが、実際に家を建てるのは大工さん、といった状態なのだ。

だからといって、仕立て屋さんは着物屋からの依頼だけを受注している会社ではなく、一般からの仕立て依頼も普通に受け付けている。そこで、材料(生地や古着)を自分で用意して、大工さん(仕立て屋さん)に直接依頼してみよう、というわけ。

ちなみに、仕立ての職人さんらなので、そんじょそこらの着物屋の店員やにわかキモノファンなどより、「着るための着物」に関する情報量や技術はハンパなくすごい。かくいう私も、そうとう勉強させてもらっているからな。

新品の着物が欲しいけど生地が高くて買えないので寸足らずの古着で我慢している人、家族や親類の「お下がり」があるけど自分にはサイズが合わないからなあと思っている人、「オレの着物は古着だから寸法が……」その哀しき呪縛から解放してやろうじゃないか!

なお、地元の仕立て屋さんなんてどこにあるんだよバカヤロー!な人は、職業別タウンページなどの電話帳で探してみてほしい。電話帳がない?電話ボックスへGO!

仕立て直しを依頼する前に

仕立て直しはだいたいのことが可能なのだが、さすがにこれはちょっとムリ!といったこともあるので、事前にそれを確認しておこう。

仕立て直しに必要な条件

寸法を小さくするのはいくらでも可能だが、大きくするほうは一応限界があるので、それを確かめておく。画像は、単衣の長着(着モノの正式名称)を裏返してみた様子。ポイントは輪っかで囲んだ部分だ。

.

長着に限らず着物は、生地の幅(長さ)をこまめに裁断して調整するのではなく、このように「縫い込んで」調整してある。この余り部分がある範囲で「おおむね(後述)」長さを調整することができるのだ。

着丈の場合は、左の画像のように内あげがいくらあるかがポイント。内あげは、折り込んで二重になっているので倍の長さがある。裄に関しても同じで、肩の部分に生地が縫い込んである分だけ伸ばすことができる。もちろん前後身頃も同じだ。

ネットオークションでは、出品者によっては「裄は○センチ、着丈は○センチ出せます」と縫い込みを書いてくれている場合もあるので、一応参考にするといいだろう。

なお、寸法を小さくする事に関しては、逆にそれぞれの縫い込みの量を増やしてやればいいだけなので、理論上いくらでも縮めることができるはずだ。ただ、大人サイズを幼稚園児サイズにするなど、さすがに何十センチも縮めるとなると不具合が出てくると思う。

仕立て屋さんとよく相談する。

以上を確認したら、あとは仕立て屋さんに持っていけば完成!とは、残念ながらならない。上記のはあくまでシロウトの「第一次予選」で、このあと職人さんを交えての「第二次予選」が必要だ。というのも、

などなど、一般人にはわかりづらいことがたくさんあるので、職人さんとよく相談(相談料は取られないから大丈夫)してほしい。もちろん、それにかかる仕立て直し代も確認すること。結果として、直し代金を考えるとそこまでする必要のない場合や、どうしても「救えない」場合も出てくるが、職人さんも魔法使いじゃないんだから、こればっかりはあきらめるしかない。

ただし、「同一生地にこだわらなければ」「縫い目を気にしないのであれば」といった、条件付きの最終奥義?(解説)もあるし、仕立て直しだけでなく、こんなことできないのかな?と思った場合も、とりあえず相談してみて損はないと思うよ。

実践「着物を仕立て直しに出す」

以上のことをクリアして職人さんからGOサインが出れば、ついに仕立て直しの開始となる。では実際に私が出した時のことを書いてみよう。

あらかじめ洗濯or水に浸しておく。

汚れなどがある場合は、あらかじめ洗濯しておく(解説)ほうがもちろんいい。ちなみに、この仕立て直しに洗濯代が加算されたものが「洗い張り」だ。

特に、今後は自分で洗濯しようと思っている着物は、せっかく仕立て直しをしたのに洗濯したらまた短くなったよ!では目も当てられないので、たとえ汚れが見あたらなくても、水に浸して縮めておいたほうがいいだろう。

洗濯するしないは別として、最低1時間、余裕を見て(時間が短いと、完全に縮まない可能性がある)2〜3時間ほどは水に浸すようにして、その後軽く脱水→陰干しすればおそらく大丈夫。一張羅の類など自宅で洗濯しづらいもの、あるいは自分でちゃんと縮められるかどうか心配な人は、その旨を伝えれば、料金はかかるがちゃんと対応してくれる(解説)

反物の状態から新規の仕立てを頼む、あるいは裏地を交換する場合も、その旨を伝えれば対応してくれるし、もちろん自分で縮めることもできる。ただし、反物の状態では長さが10メートル以上あるため、どうしても縮みムラ?が発生し、なかなか限界まで縮みにくい。

私も自分で長さを測りながら、浸す→干す、を繰り返してやったことがあるのだが、反物の長さがほぼ変わらなくなるには、水に浸す時間だけで7〜8時間ほどかかった。生地の素材や織り方によっても、必要な時間が変わってくる可能性があるので、その点注意するように。

仕立て直しの料金(参考)

今までにいくつか仕立て直しをしているのだが、伝票を見て整理するとこんな感じで書いてある。

「解き湯のし」は、縫い糸を切ってバラして縫い目のシワをのばす工程なので、古着の仕立て直しには必須の工程であり(裄直し以外?)基本料金。これに仕立て方や生地に応じた縫い賃を加算したものが「仕立て直し代」だ。裄の長さを変える以外は、いったん全部バラしてもう一度縫い直す必要があるので、着丈だけ直すのも、着丈と裄と袖丈と身頃幅を直すのも、料金は同じだ。

なお、袷仕立ての場合、基本的に長着や羽織の裏地はそのまま使うが、交換するのであれば、その生地は自分で用意しなければいけない。長着の裏地(胴裏)は、仕立て屋さんが持っていることもある(別途料金)。

一応念を押しておくが、これは私がお世話になってる仕立て屋さんの料金なので、少しは割引きしてくれているかもしれないし、店舗によって多少変動するので、料金は各自で再確認してほしい。ウチの近所のほうが2千円安いって?細かいこと言うなよ男の子が……。

これぞ第三の着物入手方法

着物を購入する方法としては、古着や既製品を買うか、反物から新品を誂えるか、2通りしかないように思われているが、この「仕立て直し」はまさに三つ目の方法だと思う。

仕立て直しの基本料金である「解き湯のし」を除けば、仕立て直すのも新たに仕立てるのも、料金はほぼ一緒。結局、誂える場合は生地(反物)代が高いだけなので、生地代を古着や既製品の使用で最小限にとどめ、あとは誂えと同じ事をしてやるだけ、と言えばわかりやすいだろう。

例えば、父ちゃん祖父ちゃんの「お下がり」を仕立て直すのであれば、生地代=解き湯のし代なので、お下がりが○○織りなどの高級品だと、ありえない低価格で「マイサイズ着物」を入手することは充分可能なのだ。

古着をメインに着ている人は、自分の体型に合わない微妙な寸法のズレを、日々気にしながら着ていると思う。私も着始めてからしばらくそうだったから、その気持ちはよくわかる。

だから、新しい古着を探して買うつもりなら、たった一着だけでいいので仕立て直しに挑戦してみてほしい。買ったときには微妙な寸法だった着物が自分サイズの新品同然で還ってきたとき、大げさではなくマジでびっくりして感動すら憶える。

そして実際に袖を通してみたとき、着物の認識や価値観にきっと新たな一歩を踏み出せるはずだ。

Last 2012/02/03. Copyright (C) since 2007 バカガエル.