kimono-Wa-Fuku

トップページ>肌着と下着

和服の肌着と下着はなんでもいい。

着物だけにかぎらず和服全般、肌着や下着は、専用のものでなくてもぜんぜん問題なし。褌ではなくパンツでももちろんOK。「専用下着セット」なるものが売っているが、肌襦袢とステテコがセットになっているだけなので、買いたい人はどうぞ。

肌着について

なんでもいいから好きな肌着を着ればOK。着たくない人はもちろん着なくてもかまわない。各自の判断でご自由に。

ただし注意する点は、長(半)襦袢の下に肌着を着る場合、襦袢の襟の合わせ目から襟を出さないようにすること。理由は、襦袢そのものが着物用肌着としての役目があるのと、見た目がブサイクだから。納得がいかない人は自分で試してみるように。

肌襦袢(はだじゅばん)

襦袢の下に着る専用の肌着。前をクロスさせて着る。

冒頭で書いたように、専用ではあるが必須というわけではない。ぶっちゃけ、普段着るのにわざわざ買わなくてもいい。私はめんどくさいから、肌襦袢は持っているが滅多に使わない。

一応名前には「襦袢」とついているが完全な肌着扱いなので、襟は出さないように。

普通の肌着

これは説明するまでもないだろう、普通の肌着だ。参考画像は夏用のクレープ地とかいう薄いシワシワの生地で、前部分はボタン留めできるようになっている。

専用の特殊なものではなく、普通の紳士用下着売り場で買ったものだ。今では便利なので、外出時には夏場だけではなく通年これを着るようにしているが、以前は普通のU首肌着を使っていたし、自宅では今でもそのままだ。

ポイントは首回りの形状。普通のTシャツだと襦袢の襟の合わせ目から首回りが出てしまうので、それを防ぐために、U首など前部分が下がっている肌着を使うことだ。そのかわり、Tシャツの上に直接長着を着る=長(半)襦袢を使わない場合は、逆にTシャツの首回りが見えるのもアリ(解説)だと思う。

下着について

これも褌、トランクス、ブリーフなどなど、なんでもいいから好きなものを使っていい。男性が和服を着るなら褌じゃなきゃダメ!と言う人がいるが、そんなもん個人の勝手。もちろん、褌使いたい人は使ってもいいのでご自由に。

褌(ふんどし)、パンツ

現在、私は褌を使っているが、こんなもの見たくないだろうからモザイク処理(笑)和服を着始めたころはトランクスだったが、ちょっとしたきっかけ(シモネタじゃないよ)(解説)があって褌に変えた。

褌の種類や購入方法、締め方については割愛。代表的なのは、1枚の長い布で締める六尺褌と、前垂れと紐がある越中褌の2種類があることだけは一応書いておく。詳しく知りたい人は「褌屋(ふんどしや)」で検索。

ステテコ、パッチ

冬は防寒のため、夏場は汗で長着(着モノの正式名称)や襦袢が足にまとわりつくのを防ぐために使う。私はステテコを使っているが、使いたくなければもちろん使わなくてもいい。

実用性を考えると、足袋まで届く長さがあるパッチのほうがいいのだが、冬場はともかく、夏場クソ暑いのにパッチはなあ……。これも専用のものではなく、普通の紳士用下着売り場に売ってるもので充分だ。

Last 2008/02/27. Copyright (C) since 2007 バカガエル.