kimono-Wa-Fuku

トップページ>生地(反物)の種類

和服の生地(反物)について

男物に限らず、和服の価格を左右する最大要因かつ最大のウリ、さらには一般消費者から見て一番謎が多そうなのが「生地(反物)」についてだろう。生地の素材には何種類かあるんだけど、洋服に使われている素材が概ね使われているので、それぞれの特徴を知っておくのもいいかと。

なお、着物専用の生地は反物(たんもの)(解説)と言われるんだけど、反物のもともとの意味は「一着分の生地≒商品名」なので、以降、総称として「生地」と表記している。

一番重要なのは「素材」

着物屋(のサイト)やオークションなどを覗くと、なにやら呪文のような商品説明がされている場合が多く、なんのことやらワケワカメな人もいるだろう。あれの解釈の仕方はこんな感じだ。

「モノ」はさておき、生地の説明では「製法」「銘柄」が誇張されやすいけど、生地ごとの特色は「素材」からくる場合が多いので、必ず「素材」を確認するようにしてほしい。

もっとも、勉強するなりなんなりすれば、「森伊蔵って、鹿児島の芋焼酎だよね」となるように、「銘柄」を聞けば残りの3つもしぜんと出てくるようになると思う。ただ、そこまで勉強するかどうかは和服を着る上での必須事項ではないので、お好みでどうぞ。

ちなみにオレはほとんど勉強していない、というかする気がない(おい)。

素材別の簡単な特徴

では、和服でよく使われている生地の素材を、簡単に解説(個人的な感想も含む)しておこう。なお、各素材の維持管理にある洗濯に関してはこちらも参照してほしい。

正絹(しょうけん)

いわゆる絹物。シルク。蚕(かいこ)がもりもり糸を吐き出して作った繭(まゆ)から製糸されるのがこれ。国内産?の絹100%の生地のことを正絹と呼ぶ(と思う)。似たような名前で「シルック(東レ)」があるけど、これは化繊(後述)の生地だ。

<特徴>

正絹の生地は種類が豊富で、○○織りの産地が日本各地にある。有名な大島紬も正絹生地。ペラペラの薄い生地なんだけど、肌触りの良さや柔らかさなどの品質は、一般的な生地の中ではピカイチ。洋服でもシルクのものはちょっと別格だし。

<価格>

高品質なものが多いだけに、新品で買うと数万円はザラ、何十万円クラスもゴロゴロあり、一般人の懐にはあまり優しくない価格。背伸びして無理な買い物はしないように。古着で買う(解説)のであれば安いものもあるけど、生地が劣化していることもあるので注意が必要だ。掘り出し物見つけたらウハウハかも。

<維持管理など>

自宅で洗濯できる(少なくとも私は洗う)けど、古着ならともかく、新品で何万何十万円もしたものを自宅で洗濯するのは……ねえ。よって、懐に余裕があってクリーニングに出せる人以外は、よほどじゃないかぎり手を出さないほうが無難。ある程度和服(着物)に慣れてからのほうがいいだろう。


木綿(もめん)

いわゆる綿、コットン。なぜ綿生地をわざわざ「木綿」と呼ぶのか詳しくは知らない(糸の太さか?)けど、綿生地も木綿生地も綿花から作られているのは間違いない。

<特徴>

正絹と同じく各地に産地があり、色柄もかなり豊富。肌触りなどは正絹に劣るけど、同等クラスのものもあるにはある(ただし高価)。裏を返せば、ざっくりしたものからツンツルテンまでいろいろあるってこと。

一般的に「浴衣」と呼ばれるものは綿100%が普通で、それ以外でも肌着下着やシャツによく使われているように、汗を吸収しやすい素材だ。

<価格>

一部の特殊なものを除けば、洋服の量販店価格とまではいかないまでも正絹に比べてぐっと安価で、一般人でも充分入手可能な価格のものが多い。ただ、ここ何十年かはあまり着られていなかったのか、古着ではあまり出回っていない。

<維持管理など>

洗濯などの維持管理も正絹ほどビビることはなく、自宅で洗濯することも充分可能。ただし、洋服の綿シャツを思い出してもらえばわかるだろうけど、ややシワになりやすいので、アイロンがけは必要になるかもしれない。


ウール

主にスーツやブレザーに使われている、羊の毛から作ったのがこれ。毛糸もウール。襦袢の生地でたまに目にするモスリン(メリンス)もこの一種。

<特徴>

産地はあるらしいんだけどオレは詳しく知らない。出回っているものの色柄は、派手めなのが少なく、茶、紺、黒、グレーの無地、あるいは小さな柄が多い。派手さがない分、きっちり着ればちょっとしたスーツにも見える。

羊毛だけに結構あたたかく、正月など冬場をメインに着るのであればかなりオススメ。逆に夏場だと暑いのでムリ。サマーウールという薄手の生地もあるけど、実験の結果、やっぱり盛夏にはちょっとムリ。

<価格>

古着では結構目にするので、長着や襦袢として完成した状態では一番入手しやすいと思う。逆に新品だと、ちょっと上質な木綿生地ぐらいの価格はする。

<維持管理など>

もちろん気軽に自宅で洗濯も可能。なお、他の生地と比べてウールがもっとも虫食いの被害に遭いやすいので、タンスなどへ収納する場合には、防虫剤なども準備したほうがいいかもしれない。


化繊(かせん)

化学繊維、略して化繊。ポリエステルだのレーヨンだのいろいろある。人絹(じんけん)も化繊のこと。先ほど出たシルック、テトロンといったものは、それらの商品名になる。

<特徴>

既製品のものに使われている生地の素材は、浴衣として売られているものを除けばだいたい化繊。色柄もそこそこある。現在の洋服産業では、化繊なしで語れないぐらい広く流通しているんだけど、和服の生地としての人気はイマイチ?

思ったほど風通しや吸汗性がよくないので、汗をかきやすい時期にはあまり適さないと思う。

<価格>

生地単独で売っているには売っているけど既製品(解説)がメインなので、ウールの古着なみに入手は簡単。

<維持管理など>

洋服でも広く使われているように、維持管理に関しては全生地中一番の手軽さ。洗濯機にドボンでOKだし、シワになりにくいのでアイロンもさほど必要ないだろう。


麻(あさ)

麻にもいろいろあるけど和服に使われているのは、カラムシという品種から作る、一般的に「本麻」と呼ばれるもの。主に夏場など暑い時期(解説)に使う生地で、上布(じょうふ)、縮(ちぢみ)、といったものがだいたい麻生地だ。

<特徴>

ざっくりというかゴワゴワというかザラザラした肌触り。生成り(きなり)という、少し黄色がかった白がもともとの色で、詳しくは知らないけど、染めるなどしていろいろな色柄がある……と思う。

通常の織り方をした生地の中では一番風通しがよく、吸汗性もバッチリ。そのせいか、麻生地のものは着てもけっこう軽く感じる。逆に言えば風通しがいいので、寒い時期に使うとチワワのように震えることが可能(笑)

<価格>

ずっと昔(江戸時代とかね)は安価だったらしいけど、今は新品でも古着でもあまり安くはないようだ。オレも2つ持っているけど、頂き物なので詳しい価格はわからない、スマン。

<維持管理など>

もちろん洗濯もできるけど、ややシワになりやすいのと、他の生地より余計に縮むことがあるので要注意。


混合型、特殊な素材

よく見かけるのが綿麻(綿+麻)など。混合することによってどういった利点や欠点ができるのかは詳しく知らない。綿麻だったら、麻のゴワゴワ感が少し薄れるとか、そんなところじゃないか(かなり適当)?

あと、ごくまれに上記の素材以外から作られた生地もある。ウチにリンク張ってもらってる織り元さんは、葛(くず)という植物から「葛布」なるものを作ってる。紙で作っているのか?と思うぐらいすごく軽い生地なんだけど、いざ買おうとすると、財布や通帳がそれ以上に軽くなる価格なので、オレの代わりに余裕のある人はどうぞ。

どの生地にするかは各自判断のこと

どの素材にも一長一短あるので、この素材の生地が一番いい!とは一概には言えない。着る状況や季節、懐具合(これが一番重要か?)などを各自が判断して選べばいいだろう。

オレ個人の意見としては、まずは手軽気軽に着られることが重要なので、これから和服を着てみようと思う人が最初に買うのであれば、ウール、化繊、木綿の生地がいいと思う。維持管理など手入れも簡単だし、なにより価格がそこそこ手ごろで入手しやすいからな。

あと、冒頭でも書いたように、一番肝心なのは生地の「素材」なので、それをそっちのけで「銘柄」や「産地」≒ブランド名にこだわりすぎないようにしてほしい。ブランドにこだわるのは悪いことではないんだけど、ある程度着慣れてからでもぜんぜん遅くはないからな。

「最初の一着こそいいものを」という考えはわかるんだけど、最初の一着が最後の一着になってしまっては本末転倒なんだしね。

Last 2013/01/09. Copyright (C) since 2007 バカガエル.