Kimono-Wa-Fuku

トップページ>寸法を測る場所と名称

着物の採寸場所とその名称の解説

長着(着モノの正式名称)、羽織、襦袢には、各部に名称があり、それぞれが寸法(サイズ)を測る場所と密接に関係している。どの名称がどの部分を指すか図解するので、しっかり憶えてほしい。

長着の場合

上に書いたとおり、長着がすべての基本になっている。破線は表面にある縫い目を指す。

.

>表:着丈(きたけ)、袖丈(そでだけ)、袖幅(そではば)、※前身頃(まえみごろ)、衽(おくみ)、襟(えり)

>裏:肩幅(かたはば)、裄丈(ゆきたけ。省略して「裄」とも言う)、※後ろ身頃(うしろみごろ)、人形(にんぎょう)

※注:参考画像ではパーツの意味も含めて「身頃」と表記しているけど、寸法としては身頃の幅なので、身頃幅、略して「身幅」とも言う。※

着丈は測り方によって「肩から」と「襟から」がある。図は(一般的には)肩からで、襟からだと襟幅分長くなる。着丈を測りにくい場合は、背中の縫い目を襟の下までまっすぐ測って、それに1センチ足した数値でも大丈夫。

前後身頃、おくみは内あげのある位置≒下半身部分では幅が変わらないので、下半身部分ならどこで測っても一緒のはずなんだけど、たまに自家製?の着物などで、裾と腰あたりでは寸法が違っていることがあるので注意してほしい。また、図をよく見れば違いがわかるように、肩幅=身頃ではない。だいたい肩幅のほうが身頃より数センチ大きい仕立て方が普通。裄の寸法は肩幅+袖幅だ。

人形は、袖の脇口あたり、本体と袖が分離している部分のこと。

内あげの位置は表と裏で異なっていて、裏のほうが位置が少し高い。男物の場合、着丈を直すときにはこの部分を調節する。

襦袢(長襦袢)の場合

襦袢はこんな感じ。特に記載のない部分は長着と同じ。

..

人形部分はあったりなかったりする。特にどうこういう問題はないだろう。また、長襦袢は裾を折り返して着丈を調整する場合が多いので、基本的に内あげは存在しない。

長襦袢は、長着と違って幅がある生地を使っていることが多いので、背中の中心に縫い目が存在しない(あるのもある)。よって、肩幅、後ろ身頃ともに×2の総幅(全幅)で表記することが多い。

なお、襦袢に関する記事に出てくるけど、右端の参考画像のような関西仕立ての襦袢(解説)は、表側は長着と似たような感じになる。

羽織の場合

羽織の場合はこんな感じ。

.

人形とおくみ、ついでに内あげも存在しない。人形がある羽織?それはたぶん女物。

羽織は背中に縫い目があるので、長着と同じように測ればいいだろう。また、参考画像をよく見ればわかるように、羽織は前身頃が後ろ身頃に比べて少し長い。着丈を測る時には背中側で測るように。

ちなみに、袖下から裾にかけて左右にある三角翼のようなもの(マチ)は、どの羽織もサイズはほぼ一緒のようなので気にしなくていいだろう。

Last 2011/04/21. Copyright (C) since 2007 バカガエル.