kimono-Wa-Fuku

トップページ>仕立て方の種類

着物の仕立て方:袷(あわせ)と単衣(ひとえ)

男物に限った話ではないんだけど、長着(着モノの正式名称)、襦袢、羽織には「袷」と「単衣」という2種類の仕立て方(作り方)がある。使い分ける上で大切なことなので、ひととおり解説しておこう。

なお、特殊な仕立て方として、袖と下半身は袷仕立てで胴体部分は単衣仕立て?の「胴抜き仕立て」もあるんだけど、現物を見たことがないし持ってもいないので解説はナシ(おい)。知りたい人は着物屋のページでも調べてみてくださいな。

二つの生地を縫い合わせる袷(あわせ)仕立て

袖から裾まで、主に表裏別々(羽織はだいたい派手な裏地)の二つの生地を縫い合わせて作られているものがこれ。簡単に言えば全体に裏地があるわけ。

.

冬服というわけではないんだけど、生地が二重になっていることもあって、主に冬場など寒いときに着るのが一般的。

一つの生地だけで作る単衣(ひとえ)仕立て

洋服と同じように、一つの生地をただ縫って作られたもの。一重なので基本的に裏地はない。肩や尻のあたりだけに裏地があるものもあるんだけど、これらは袷仕立ての裏地とは別の用途でつけられている「肩すべり」「居敷当て」と呼ばれるもの(解説)だ。

.

当然ながら袷仕立てに比べて薄いので、夏服というわけではないんだけど、あまり寒くないときに着るのが一般的。

注意:袷=冬物、単衣=夏物、とは限らない。

説明の中で「冬服(夏服)というわけではない」とまわりくどい?書き方をしているのは、袷と単衣は「生地が二重になっているか否かの区別であって、着る季節の区別ではない」からなんだよ。

例えば、段ボールとはがきをそれぞれ2枚重ねてみたとする。これって、状態でいえば袷仕立てと同じ=二重になっているわけなんだけど、段ボールとはがきって「厚み」がぜんぜん違うでしょ?

はがきを2枚重ねても段ボール1枚の厚みに及ばないので、「段ボールの袷」と「はがきの袷」では、同じ袷でもモノがぜんぜん違うんだよ。これが生地でも、同じ事が言えるわけ。

もっとも、生地の厚みは段ボールとはがきほどの差はないので、袷仕立て≒主に冬服、単衣仕立て≒冬服以外、程度に捉えておいてもいいと思う。ただ、生地の素材特性もあるし、どれぐらい暖かい(涼しい)か、それをいつ着るか、それらは実際に着る人が判断することだからね。

ちなみに聞いた話では、「スケスケ生地の袷仕立て」なるものも存在するらしい。袷仕立てではあるけど生地が生地なので、夏場の前後に着るような感じなんだろうよ。

Last 2010/11/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.