kimono-Wa-Fuku

トップページ>キモノに着られている?

和服に「着られた」ままではダメ

すごく当たり前のことだけど和服は着るモノ。しかし、何事においても和服に合わせた発想や行動ばかりする人は「キモノに着られている」可能性が高い ので、そういった状況はなるべく早く卒業しよう。

ちなみに、ネタの関係上わざと「キモノ」とカタカナ表記にしてます。

最初は「着られている」のも仕方ない。

今まで洋服メインで着ていた人が和服を着始めるには、なにがしかの動機があると思う。一言で言えば「あこがれ」のようなもんかな。

そのころはホント、家にいても和服のことばかり考えてみたり、機会さえあれば和服を着てどこへでも行きたくなるはず。それこそ、欲しかったニンテン ドーDSを買ってもらった子供が、家に帰ってきたらすぐDS、どこへ行くにもDS必須、といった感じだ。

これが和服に「着られている」状態で「キモノに振り回されている」とも言える。

あらゆる状況においてキモノ中心で物事を判断してしまう、力関係で言えば、キモノのほうが自分より強く、主導権を握ってる状態だ。

珍しく一張羅を着ていたりすると「おまえ、その服に着られているよ」なんて聞いたことない?本来なら服は「着る」ので主導権は自分のはずなのに、服 のほうが立派だから主導権は服で「着られている」というわけ。

しかし、別にそれは悪いことでもなんでもなく、最初は誰しもそんな状態になると思う。

なにせ「特別製の衣装(←重要)」を手にしたのだから、普通の人は「着られている」状態が和服を着るスタート地点ということだ。オレだって昔はそう だったからな(解説)

「着られている」から「着ている」へ

やがて、ある程度着ることに慣れてくると、自分とキモノの力関係は少しずつ逆転してきて、キモノありきの行動や発想が減ってくるはず。

着始めの頃は「本当は焼き鳥を食いたいけれど、和服を着ているから(和服の似合う)京風料理の店に行こう」といった発想をしてたのに、ある程度着慣 れてくると「焼き鳥を食いたいから焼き鳥の店へ行こう」といった普通の発想に戻ってくるわけ。

「キモノを着ているから、キモノが似合う場所へ行かなければならない」

一見もっともらしく思えるこの発想が、実は自分の意志よりキモノの意志?を優先させるという「すごく頭の悪い発想」であることに気がつくんだよ。そ こに気がつけば「着られている」状態から「着ている」状態へと変化していくはずだ。

そして最後に、このサイトの主旨である「キモノは衣服であり、単なる着るモノ」の意味を理解してしまえば完璧。頭であれこれ考えることなく、普通に 「服」として着ることができるようになるよ。

でも最後のは、オレがそうだったけどおそらく一瞬のひらめきみたいなもんで「あっ!」と思ったときには全ての点が繋がって一本の線になるというか、 錬成陣なしで錬成できるようになる感じ。いや、人体錬成はしなくていいけどさ(笑)

オレはそれを理解しているからこのサイトをやっていけるわけ。素っ裸がイヤだから(和)服を着ているだけなんだよ(解説)

「着られている」度チェック

では、少し具体的に「着られている人」に多い行動パターンや発想をいくつか書いておこう。着始めたばかりの人はこうなるのは仕方ないだろうけど、も う何年何十年も着てます!って人だったら……うん、まあ、自分の世界を楽しんでおくれ……。

和服を着ていると……行動編

>なんとなく「仲間」を作りたくて仕方がない。

>他人の着ているモノをチェックしないと気がすまない。

>和食or和風の店にしか行かなくなる。逆に麺類や焼き肉などを嫌う。

>とにかく「キモノが似合う場所」へ行きたがる。

>普通の所作や動作が遅くなるあるいは動こうとしなくなる。

>急に潔癖症or嫌煙家になる。

和服を着ていると……会話編

>聞いてもいないのに自分のキモノ歴を言いたくてたまらない。

>聞いてもいないのに自分の着ているものの解説をしないと気がすまない。

>マナーやルールの話になると茶道(←これが一番多い)などを引き合いに出す。

>なにかと「和」や日本の伝統など、必要以上に歴史を絡めてくる。

>普通の会話に和服のウンチクをねじ込んでくる。

>急に言葉遣いが丁寧になる。

和服を着ていると……イッちゃってるだろ編:テキトー(笑)

>自分(たち)のことを「伝統装束の奥義継承者」などと呼ぶ(意味不明)

>和服以外の服装を許容できない。

>日本語以外、英語どころかローマ字の読み書きすらできなくなる。

>神社やお寺以外、キリスト教会などの近くを通ると苦しみだす(おまえ何者?)

>所作や動作がいちいち歌舞伎や能のそれになる。

>急に言葉遣いが「拙者」「〜ござる」「ホテル→旅籠(はたご)」などとおかしくなる。

>他人の下着が褌であるかどうかチェックして、褌じゃないと自分の褌を見せたがる(ホント勘弁して)

いよいよもって死ぬがよい(by怒首領蜂大復活)

ではとどめの一言を。

「着られている」状態から「着ている」状態になることを、別の言葉で表せば何だと思う?キモノに自分を合わせるのではなく、自分にキモノを合わせられるようになる……

それが和服を「着こなせるようになること(解説)」なんだよね。

Copyright (C) since 2007 バカガエル.