kimono-Wa-Fuku

トップページ>着用小ワザ集

和服を着る時に使える?小ワザ集

私が和服を着るときにやっている(やっていた)小技をいくつか挙げておこう。個人の好きずきや着る状況もあるだろうから、実際にやるかどうかは各自が検証して判断するように。所作編はこちら

足袋に関する小ワザ

足袋の下に靴下を履く

冬場は、靴と違って足元が吹きっさらしなので、普通の足袋だけでは寒い。「別珍」という厚手の足袋もあるらしいが、結構いい値段したりするのが困りもの。そこで思いついたのが「靴下の上に足袋を履く」というワザ。

.

私は仕事がら常用しているのだが、作業服屋に行けば束で売ってるほど安い「先割れ靴下(軍足ともいう)」を履いて、その上から足袋を重ねて履くだけの簡単手順。靴下2枚重ねの原理だな。足袋はある程度伸縮するストレッチ足袋(コハゼ付き)が具合がいいと思う。

作務衣の時などはホント都合がいい。着物の時は足首が見えてイマイチなので、コハゼのない足袋ソックスを使うのも手。ストレッチ足袋や足袋ソックスの画像はこちら

足袋や羽織紐を染める。

足袋や羽織紐など、自分の好みの色がない場合は自分で染めてみるのもおもしろい。草木染めなど染め方はいろいろあるが、手軽なところでは手芸用品店に500円ぐらいで染料が売っている(ダイロンとかいうやつ)ので、それを使ってもいいだろう。

使用するのは白色(の足袋や羽織紐)が基本。色つきのものは、染めても下地の色と混ざった色になるので、ぜんぜん変化しなかったり不思議な色になったりするのでやめておいたほうがいいだろう。

それと同じ理屈で、染めても「白+染めた色」になるので、「白→黒」のようにまったく別の色に変化するというよりは、「白っぽい黒(≒グレー)」になると思ってほしい。おそらく何度も染めればより濃くなるのだろうが……まあそこまでするかどうかは各自にまかせよう。

あと、化繊のものは、私が使った染料では染まらなかった。生地の素材によって染まり具合も違うようだ。

半衿に関する小ワザ

ハギレや手ぬぐいを半衿に

実践している人も多いが、襦袢に使う半衿(既製品)は、お店やインターネットで売っているものの、別に既製品にこだわる必要はない。半衿はそもそも、襦袢の襟を汗汚れからガード&交換できるように別の生地を縫い付けるようになったものなので、ハギレや手拭いなどでも充分なのだ。

気に入った色の半衿がないなあ、と思う人は、洋服の生地屋さんをのぞいてみてほしい。既製品より色柄のバリエーションは豊富にある。

なお、半衿の寸法(生地サイズ)を測っていくことを忘れないように。幅12センチ、長さ90センチぐらいあればOK。あと、厚手の生地だと襟がゴワゴワになるので、なるべく薄手の生地のほうがいいだろう。

半衿交換に両面テープ

半衿を交換したいけど裁縫が苦手だし……という人もいるだろう。そんな時に役に立つのが、工作や手芸などにも使われる両面テープ。実はこれ、意外と強力なのだ。

急いでいる時、あるいは裁縫が苦手な場合は、これを使って元の半衿の上に新しい半衿を「貼り付けて」やるわけ。縫い糸を切って半衿だけをはずして、そのあと貼り付けてもいい。テープはビーッと長く貼るのではなく、4センチぐらいに短く切って、所々を止めるようにしたほうがめんどくさくないし簡単。

はがす時はバリバリっと半衿をはがして、残ったテープは指で押して、くるくる丸めていくようにすればきれいにはがれる。貼り付けたまま長く放置しておくと、両面テープが生地からはがれにくくなるので、その点は注意しておくように。

羽織紐のフサフサを短くする。

羽織紐についているフサフサ(正式名称不明)がちょっと大きいなあ、と思うそこのキミ!迷わず剪定開始!やり方は簡単、ハサミでブチ切るだけ。

.

一発で一気に全部切ることは難しいが、ペッタンコに広げて、少しずつ長さを整えるようにしてチョキチョキしてやればやりやすい。私の感覚では、1/3〜1/2ぐらいの長さにすればいい感じで、好みでほとんど丸坊主もアリ。参考画像の羽織紐は、このあと切ってもっと短くした。

さらには、フサフサだけではなく羽織紐そのものを短くする手段(解説)もある。

襟なしシャツ(立て襟シャツ)を自作

夏目漱石の小説に出てくる某先生がやってるような、長着(着モノの正式名称)や作務衣の下にシャツを着る着方。インターネットでそれらしいものを探すと、だいたい5千円ぐらいする模様。もちろんそれを買ってもいいが、わざわざそれを買ってまで、と思う人は、手持ちのシャツの襟を切り取ってやればいい。

.

襟のすぐ下に縫い目があるシャツの、縫い目の上で切り離してやればOK。ただし最初のうちは切り取った部分の糸が毛羽立つので、ちょこちょこ切ってやること。

作業服屋さんで売っている作業用のシャツが、ポケットも多いし洗濯も簡単だし安いし(いいことずくめだな)結構いい感じだ。新しいシャツでなくても、襟が擦り切れかけたYシャツなど、リサイクルできる可能性が充分ある。

のぞき込まれたら襟を切り離しているのがバレるが、そんな奴はまずいないだろう。

たとう紙ではなく風呂敷で収納

一張羅など大切な着物や、たたみジワが気になる人は、たとう紙やタンスにちゃんと片付けるようにすればいいのだが、日常着、普段着の枚数が増えてくると、意外とかさばって収納がめんどくさい。そんなときには風呂敷を使ってやると便利だ。

種類別や季節別に小分けして、ひょいひょいと包んでポイ。大きさも自由自在だし上へ積み重ねられるので、古着屋さんなどは結構この収納方法を使っているし、実際にやっている人もいるだろう。画像の黄色い風呂敷は、ウコンでどうこうらしく防虫効果もあるらしい(詳しくは知らない)。

そのままだと風呂敷の中身がわからないようなら、張り紙でもしておけばいいだろう。

あと「布団圧縮袋」を使っても面白いと思うが、私は実験したことがない。誰か持っている人、実験してくれない?←他人まかせ

袖まくりにアームバンド

「アチイなあ〜」と、長着(浴衣)の袖をまくりあげる仕草。しかし袖をまくった状態で動いていると、いずれ袖がずり落ちてくる。だからといってたすきがけするのもなあ、という時に使えるのが「アームバンド」という留め具。

.

画像のアームバンドは、普通のファッション雑貨屋さんで千円で売っていた。飲み屋(ショットバーなど)のスタッフが、シャツの袖がずり落ちてこないように金具で留めているのを見たことがある人もいるだろう。

これで肩と袖をつないでやるわけ。あらかじめ肩の部分を先に留めておいてから着て、そのあと袖側を留めてやるとやりやすい。普通に着たあと、誰かにしてもらってもいいだろう。

どのあたりを繋ぐかは個人個人にまかせる。自分が言うのもなんだが、結構オシャレな感じかも。

裄の短い羽織にもアームバンド

他にも、夏場とは逆の冬場(とは限らないが)にも使いようがある。古着を買ったときによくあるのだが、長着の裄より羽織の裄のほうが少し短いと、長着の袖が羽織の袖口から出てしまうことがある。ほんのわずか程度ならいいが、あまり出過ぎるとやはり気になるもの。

こんなときには、アームバンドを使って長着の袖を少し縮めてやれば、羽織の袖口から長着の袖が出るのを防ぐことができる。長着の袖は上端部(裄を測る位置)が下端部より少し長めになっているので、上端部を挟んで縮めてやればOK。袂(たもと)は羽織の袂で引っかかるから大丈夫。暑くなって羽織を脱いだら外してもいいだろう。

もちろん、なるべくアームバンドを使わなくてすむよう、古着を買うときには裄を確認することを忘れないように。

長着を兵児帯にする。

部屋着で着物を着るとき、その「ゆるさ」から意外と重宝する兵児帯。もちろん新品なり古着なりを買えばいいのだが、黒系統しかないのがタマにキズ。そこで、色柄モノの兵児帯「ふうの帯」を作ってしまおう。

用意するのは、気に入った色柄の古着の長着。生地は絹か綿がいいだろう。これの縫い糸を切ってバラしてやると、着物の構造上、着丈×2の長さがあるハギレが2つ取れる。

前後に裁断面があるので、気になる人はちょっと折り返して縫ってしまえばいいだろう。また、肩の部分(ちょうど半分の長さになる位置)に切り込みが必ずあるので、そこも適当に縫ってしまえば大丈夫。両サイドは、ほつれないようにもともと処理してあるので縫う必要はなし。

これで、幅が約35〜40センチ、長さが約3メートル(着丈×2)ほどの帯状のものができる。以上、兵児帯風の帯、2本かんせー!(笑)

約3メートルと、長いような短いような微妙な長さなので、実際に自分の体に巻いてみて、結んだあとのあまり具合などが気にくわないなら切って短くしてもいいし、私がやっている簡単な締め方(解説)なら、どうにでも調整はできるよ。

Last 2011/12/14. Copyright (C) since 2007 バカガエル.