kimono-Wa-Fuku

トップページ>冠婚葬祭での着方

お通夜と結婚式での着物

ここでは冠婚葬祭のうち、お通夜と結婚式に着ていく着物の組み合わせを、私なりに考え選んだ着方を解説しておこう。ただし、実践するかどうかは各自の判断で行うように。

主役は誰なのか?自分の立場は?そして、相手に対して「礼を尽くす」とはどういうことなのか?今一度、礼装とはなんのために着るものなのかを考えてほしい。

ガイドラインがばらばらって……

以前、知人のお通夜に参列することがあったので、別の知り合いの人に詳しく聞いて羽織袴で行くことにした。悪い言い方をすれば、知人(=故人)をダシに「実験」したわけだ。まあ一緒に飲んだ仲だから勘弁してくれるだろう。

上の参考画像がそのときの恰好。お通夜なので(後述)手持ちではこれぐらいしか揃えられなかったが、半衿と羽織紐と足袋は「黒」にした。

後日、冠婚葬祭の恰好のガイドラインについて、最初とは別の知り合いに聞いたり、図書館で何冊か本を調べたりしたのだが、同じような事を言っているようで微妙にバラバラだった。言うなれば、誰かのアドバイスに従うと別の誰かからクレームが出る状態といったところ。

逆に、こういった冠婚葬祭の時には「五つ紋付き羽織袴であること」とされるが、確かに、冠婚葬祭での着方はフォーマルが基準ではあるものの、五つ紋付き羽織袴以外はダメ!が事実なら、買い揃えるのにカネがかかるし、貧乏人は一生冠婚葬祭に着物を着ていけないことになる。

また「着物の「謎の」決まり事」ってオチだなあ。仕方ない、自分で考えるか!

「独断」弔事用の着物の選び方

和服洋服問わず、最大のポイントは「喪に服す」「故人に礼を尽くす」ということ。この気持ちを「手持ちの衣服で」表現するわけだ。そこで、洋服の喪服を参考、見聞きしたことの中から「一般人でもがんばればなんとか」を基準にまとめてみた。

早い話、地味で黒っぽいものでまとめるわけ。

これを基準に冒頭の参考画像の色を置き換えてみた。袴を着用することによって、普通の羽織+長着(着モノの正式名称)の恰好をスーツクラスに格上げさせる。一つ紋があればなおいいだろう。

おまけ:通夜と葬式は意味合いが違う。

ちなみに弔事にはお通夜とお葬式があるが、特にお通夜は亡くなった当日「急に」起きる。

よって、あまり仰々しい恰好をしていくと、喪服の準備をしていた→亡くなることが事前にわかっていた、となり、喪家に対して礼を欠く行為となるわけ。言い換えれば訃報を聞いて飛んできた→ちゃんとした喪服の準備もできていない、というわけで、一つ紋あるいは無紋のほうがいいのだ(後述)。

いっぽうお葬式(告別式)は通夜の後に行う=事前に告知されるのと、「式」とつくように一つの行事として執り行われるものなので、ちゃんとした恰好をしていくほうがいい。そのかわり、故人や喪家との繋がりなども関係するので、いつでも誰もが最上級である五つ紋を着るのもおかしな話なので、その点注意するように。

「独断」慶事用の着物の選び方

続いては結婚式など慶事用のパターン。ポイントは「主賓のお祝いをする」ということ。よって「主賓より目立たないように」晴れやかな恰好をしていけばいいだろう。

これも単純に結婚式で見かける洋服の礼装が基準だが、「色」以外の考え方は弔事の時と変わらず無地、袴着用、可能なら一つ紋、でいいだろう。

羽織と長着と袴は最初にあった参考画像のまま。これでも目立つなあ、と思うのであれば、半衿や羽織紐の色を着物と同系色にしてやればかなり落ち着くと思う。履き物の鼻緒も無地、あるいは小さな柄ぐらいならセーフだろう。白鼻緒である必要はない。鼻緒によっては黒足袋もアリだろう(後述)。

どうしてもないなら黒無地の羽織

結婚式はある程度選択の幅があるが、問題は通夜や葬式の弔事。おまけに一式揃えるとなるとそれなりにゼニもかかるし、いつ必要になるか予測がつかない。そんな人は、とりあえず「色は黒で柄のない無地の羽織」だけは持っておいてはどうだろうか?おそらく、一般人が遭遇する範囲の冠婚葬祭には対応可能(緊急用)のはずだ。

.

できるなら一つ紋ぐらいはあったほうがいいので、余裕があれば紋を入れておきたいところだが、最近は「紋付き用シール家紋」なんてのも売っているようなので、それを利用するのも手。もちろん、この羽織を着たらそれ以外はなんでもOKというのではなく、色柄に注意して持っているものでできるかぎり「礼を尽くす」のは忘れないように。

紋の数について

紋の数は無紋(なし)、一つ紋、三つ紋、五つ紋(まだ上がある?)とあり、数が増えれば着ている着物の「レベル」が上がると考えてもらえばいい。

冒頭に書いたように、礼装とくるとなんとかの一つ覚えのように「五つ紋付きの〜」と言われるが、それは一番上=主役級なので、結婚式なら新郎新婦あるいはその両親、お葬式なら故人や喪主が着るものにあたる。よって、それ以外の立場の人が着用すると「主役と同格の恰好」となり逆に無礼なのだ。

それに例えるなら、三つ紋は準主役、一つ紋は脇役、無紋は「その他大勢」かな(笑)

自分が立場上の主役級になることなんて人生で数回しかないだろうから、普通は「礼を尽くした上で主役より謙る(へりくだる)」という考えのもと、一つ紋があれば充分だろう。

早い話、使い方は洋服と同じ

実際に冠婚葬祭で着物を着る場合の、補足説明をしておこう。

TPOとローカルルールをふまえて

今回書いた内容は冠婚葬祭の中から、一応友人知人の「婚、葬」をまとめてある。

ひとことに弔事(慶事)といっても、国会議員と普通のサラリーマンを一緒にできないように、その人の生活環境や人間関係によって、その規模や状況=TPO(解説)はかなり変わってくるはずだ。まあ、ウチのサイトを見てくれている人にそんなゴージャスな人はいないと思うが、もしいたらそれなりに対応してほしい。

また、地方によってはローカルルールが存在するところもある。参列者は白い服を着るとか、専用の衣装を着るとか。そのような場合は、 その地方のルールに従うべき(解説)だろう。

それと、オシャレではなく「礼儀」なので、いくら着物を着ていきたくても、それらしいものを持ってない場合は絶対にムリして着ていかないようにすること。例えば夏場など、冠婚葬祭に使えそうな夏場用のフォーマルっぽい着物を持っている人ならいいが、仕立て方や色柄などが合わないのなら、ちゃんと洋服のスーツや礼服を着ていくように。

難しく捉える必要なし。

実際に私が着ていった恰好と慶事用の画像を見比べてみたら、半衿、羽織紐、足袋の色を変えてやるだけで、同じ着物でも弔事慶事両方いけるっぽい(グレーの袴は弔事用)気がしないか?

というのも、洋服の礼服を、結婚式用とお葬式用と別々に持ってる人がどれぐらいいる?ネクタイやシャツの色を変えるぐらいで、冠婚葬祭の礼服はほぼ共用のはず。だからその方法を、そのまま着物にも当てはめてみただけで、なにも難しいことはしていないのだ。

あと、こんな場合に必ずといっていいほど「生地の素材は正絹!」と言う人がいるが、実は生地を指定する理由は存在しない。無地であることと色を考慮してやれば充分。洋服ではウールの礼服、あるいはそれに準ずるスーツやブレザーなんてゴロゴロあるのに、着物は生地の素材まで考えて着なければいけないって……そういう「こだわりさん」もいるのだろう、適当にスルーしておくように。

ちなみに色としては白も黒も、日本ではもともと同じ「特別な時の色」で、今では一般的な「白=良いこと、黒=悪いこと」という考えは、外国文化(キリスト教?)の影響らしい。

Last 2012/01/21. Copyright (C) since 2007 バカガエル.