Kimono-Wa-Fuku

トップページ>古着

古着着物の買い方

低価格で着物を揃えたいなら古着が一番。その特徴や買う時の注意点について解説しておこう。なお、古着の使い方に関してはこちらも参照してほしい。

古着の特徴、長所や短所

私のような一般サラリーマンがここまで着物を着られるようになったのも、古着があったからこそだ。他人が着ていたものは洗濯してもイヤ、という人にはおすすめできないが、人が着ていたやつでも少々気にしない人にはうってつけ。

長所:とにかく安い。

着物には、ジーンズのようにビンテージ物という考えが基本的にない。よって、古着は新品に比べて俄然低価格なのが普通だ。

昔聞いた話で、和服専門の古着屋さんは、それを「もし新品で買ったら」の20分の1ぐらいの値段で店頭に置くらしい。ということは、新品で20万円のものが、古着なら1万円で買えることになる。着物って何万何十万もするものじゃないの?と思っている人もいるだろうが、冗談抜きに私はこの価格で買っている(解説)

実際は生地の種類や保存状態、扱っている店舗によって価格は変動するが、長着、羽織、襦袢、それぞれ5千円、計1万5千円あれば揃えることは充分可能。もちろんもっと安く手に入れることもできる。扱ってる店舗が重要だ(後述)。

短所:寸法が決まっている。

基本的に古着は、誰かが自分の体型に合わせて仕立てて使っていたので、各部の寸法、サイズがすでに決まっている。よって、自分に合う寸法かどうかは、商品というか以前着ていた人の体型次第になる。

おまけに古着として出回ってる着物は、数年〜数十年前?のものが多い。当然その頃の人たちの身長に合わせて仕立ててあるわけだが、昔は日本人の平均身長も低かったので、着丈や裄がどうしても現代人より少し短くなっており、そのまま着ようとすれば、着丈や裄などが寸足らず(解説)なものも結構あるのだ。ただし、ちゃんと解決策もある(解説)

短所:劣化していることがある。

古着だけに、あまりに古いと生地や縫い糸の劣化によって、着用時に破けたりほつれたりする可能性もある。他にも、特にウール素材に多い虫食い穴や、汚れやヤケ(生地の変色)、臭いがする、なども考えられるので、寸法ばかりに気を取られていてはダメだ(後述)。

古着を売っている場所

古着を売っている場所はいくつかあるが、価格は安いものの、状態やサイズなどの欠点もあるので、根気よく探してみてほしい。

リサイクルショップ

特に「なんでも売ります買います!」のような店舗が狙い目。基本的に引っ越しなどで出る不要品を買い取っている、というより「引き取ってきている」場合が多いからだ。そのため、仕入れがムチャクチャ安いものが多く、五百円とか千円とか、ふざけた?値段設定も頻繁にある。

扱っているのは、浴衣やウール生地、ブランド物じゃない?正絹生地のもので、だいたい数千円程度で売っている。しかし不要品がメインゆえ、保存状態が悪い(虫食い、ほころびなど)ものも結構あるので、その点は注意が必要だ。

また、名の通った有名どころの生地を使った着物を売っているときもあるが、店側も一応「古物商」の免許を持っている=目が利くので、残念ながら万単位で売っている場合が多い。

和服専門の古着屋

地方にはなかなかないが、和服(主に着物)を専門に扱っている古着屋さんもある。リサイクルショップよりは若干値が張るが、店側も専門店なので、保存状態の悪いものはほとんどない(ゼロではない)。

男物も多く扱ってるのが条件だが、店の従業員も寸法など「着ること」を心得ている場合が多く、なにかとアドバイスを受けることも可能だ。リサイクルショップで微妙なものを数着買うなら、古着屋でひとつしっかりしたものを買う、という考えもアリ。

意外とあちこちにあるので、ネットで検索(解説)すれば店舗の情報はあるだろう。

ネットオークション

ヤフーや楽天など、ネットオークションは古着の宝庫……だったのだが、今はちょっと雰囲気が変わってしまったようだ。以前は「いらないので安くお譲りします」的な出品が多く、掘り出し物もたまにあったのだが、現在ではネット販売の広告、あるいはネット販売そのものと化しており、平気で万単位のシロモノや変な出品が並んでいる。

品物を画像と説明文のみで判断するしかないので、価格帯が以前より上昇している以上、古着の購入先としてはあまりおすすめできなくなった。それでも、地方に住んでいる人にとっては貴重な購入先であることに変わりはないので、パソコンを持ってる人は根気よく探してみてもいいだろう。

番外編:家族や親類、ご近所のタンスの中

実は意外と「灯台もと暗し」なのが、自分ちや親類、はたまたご近所さんちのタンスの中。いわゆる「タンスの肥やし」になっているものだ。

買おうとする前に、父ちゃん祖父ちゃんおじさんが着物を持っていなかったか聞いてみるといい。あるいはご近所同士の会話で「いやあ、あれば着たいんですがねえ……」と上手く誘導?してみるのも手。自分の親類なら言うにおよばず、ご近所さんでも(安価で)譲ってくれるかもしれない。ひょっとすると、とんでもない極上品が最高の保存状態で手に入る可能性も充分ある。

古着を買うコツ

とにかく「中古品」というのが最大の利点であり欠点でもあるので、価格ばかりを見るのではなく、モノの状態をしっかり確認するのも忘れないようにしてほしい。

自分の寸法を確認の上、試着や採寸をする。

どの方法で買うにしても、自分のほしいものの寸法(サイズ)は把握しておくように。特にネットオークションで買う場合には、画像や説明文で購入するかどうか判断する以上、自分の寸法(サイズ)の把握(解説)は必須と言ってもいい。

寸法や個人の好みもあるので、なかなかお目当ての商品は見つかりにくいと思うが、古着の入荷は結構不規則っぽいので、ちょくちょく覗くようにすれば、掘り出し物に出くわす可能性もあがるだろう。

なお、実際の店舗で買う場合は、メジャー(ものさし)で寸法を測ったり、試着してみることを忘れないように。特に試着できるのはポイントが高い。恥ずかしいだって?おいおい、洋服だって同じことをするだろ?

虫食いやヤケなど「難点」を入念にチェック

ウールの長着やモスリン(ウールの一種)の襦袢は、とにかく虫食いの穴が空いていることが多い。襦袢は隠れるからまだ救いがあるが、長着や羽織だとかなりイタイ。

明るいところ(電灯や外の光)にかざしてやれば、穴があいていると光が漏れるので、夜空の星のように「光点」が出現して一発でわかる。たとえ「美品」などと謳われていても、一応確認するのを忘れないように。

他には「ヤケ」といって、保存状態の関係で、部分的に生地の色が変色してしまっているものがあったり、ほつれやほころびがあることもある。古着の臭いや汚れがきついのも、洗濯して取り除ける場合もあるが一応はやめたほうがいいだろう。チェック項目が多いががんばれ!

Last 2009/01/17. Copyright (C) since 2007 バカガエル.