kimono-Wa-Fuku

男物の羽織→ジャケットや上着

腰下ぐらいまでの長さで、長着(着モノの正式名称)の上から着るのがこの羽織。洋服で言うところのジャケットや上着のようなものだ。

羽織に使用する羽織紐に関してはこちらで解説しています。

羽織の袷、単衣、薄物

長着と同じく、袷、単衣、薄物の3種類で、特殊な形として袖のない「袖なし羽織」というものもある(後述)。仕立て方に関してはこちらも参考にどうぞ。

羽織袷仕立て

背中の部分に表の生地とは別布の裏地があり、袖も生地が二重になっている。

背中の裏地は羽織裏、羽裏と呼ばれ、絵柄がゴージャスなのは額裏(がくうら)とも呼ばれる。

羽織単衣仕立て

生地が二重になっていないもの。当然ながら羽織裏はない。

画像のように肩のあたりにだけ別布が縫いつけてあることもあるけど、これは羽織(生地)のすべりをよくするための「肩すべり」というもの。

羽織単衣仕立て(薄物)

羽織にも薄物はあるけど実用性はほとんどない。冠婚葬祭などで着る場合を除けば単なるオシャレ用だ。

.

基本的に生地は絽などのスケスケ生地。画像のように羽織から長着や帯の色柄がうっすら透けて見える。古着で黒っぽいのがよく売ってるけど、背中に家紋が入ってることがほとんどなのでその点注意。

袖なし羽織

羽織から袖をはずしてベスト(チョッキ)のような形にしたのがこれ。普通の羽織は女物でもあるけど、袖なし羽織は男物にしかないというか見たことがない。戦国時代の武将がよく着ている「陣羽織」もこの一種だろうけど、モノはかなり別物っぽい。

背 中がちょっとあったかい程度で、それこそベスト感覚で使う。画像は袷仕立てだけどもちろん単衣仕 立てでもいい。ただし、これの上に通常の羽織を重ね着するのはナシ。上に着るのなら角袖やとんびなどのコート類だ。

使い分けなど

ジャケットや上着のようなものなので、日常着普段着の範囲であれば着てもいいし着なくてもいい。着ていたとしても、もちろん気温や状況で着脱してかまわない。

防寒用として使うのであれば、着脱も考えて袷仕立てのものだけでもいい気がする。もちろん単衣仕立てや袖なし羽織など、使いたい人はお好みでどうぞ。

長着と羽織が同じ生地でセットになっているアンサンブル(対)も、セットで着なければいけないわけではないので、裄丈など寸法上問題がないのなら別の長着と組み合わせてもOK。

なお、羽織は基本的に襟を裏返して(折り返して)着るんだけど、襟を裏返さずに着る羽織もあるにはある。それに関してはこちらで解説してあるので気になる人はどうぞ。

メインページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.