kimono-Wa-Fuku

トップページ>暑い時期の着方

夏場の暑い時期はなにを着ても暑い。

最初にはっきり言っておく。夏は暑い時期なのでなにを着ても暑い。夏用の和服(着物)を着たからといって、涼しくなって汗をかかなくなることは絶対にない。これを踏まえた上で、夏場の着方について解説しておこう。特に和服初心者はしっかり目を通してほしい。

着物:地肌に直接着るか襦袢を使うかの2パターン

夏場の着物の着方には2通りあって、基準はたったひとつ「襦袢を着るか着ないか」だ。勘違いしている人をたまに見かけるが、「浴衣(という商品名で現在売られているもの。以下同じ扱い)を着るか、夏用の長着(着るモノの正式名称)を着るか」ではない。

というのも、浴衣も長着も、洋服で言えばシャツ(とズボン)に当たる。シャツがなんであれ、地肌に直接着るか肌着の上に着るかの分け方しかないのだ。これは夏場だけに限ったことではなく全シーズン共通。だから、長着を襦袢なしで着てもかまわないし、襦袢の上から浴衣を着てもかまわないわけ。

その上で夏場は、絽などスケスケ生地の長着だと、肌着下着が透けて見えてカッコ悪い(と思う)ので襦袢を着たほうがいいし、逆に、浴衣を含む普通の生地の長着だと、透けて見えない(と思う)し襦袢を着なくてもいい、となるのだ。

この点をしっかりと認識しておいてほしい。

A:襦袢を使わずに着る。

長着を下着肌着の上あるいは地肌に直接着る、カジュアル「ふう」の方法。一般的な浴衣の着方がこれだ。

適応する長着の生地は、襦袢を着ないので吸汗性があってべたつきにくい、木綿(綿)、麻、あるいは両者の混合などがいいだろう。化繊は蒸れるのでやめたほうがいい。

なお、麻生地は、生地の織り方や色、綿麻など混合具合によって透け具合も変わってくるようで、私はそこそこ透けて見える(白)のとあまり透けて見えない(黒っぽい)の両方を持っているが、各自が透け具合をどう思うかで、下の着方をしてもいいだろう。

B:襦袢を使って着る。

長着を長襦袢(or半襦袢+裾よけ)を着た上に着る、フォーマル「ふう」の方法。冒頭に書いたスケスケ(と思う)生地の長着を着る場合や、実際のフォーマルとしての着方がこれだ。

もちろん襦袢や裾よけは、吸汗性のあるもの(綿や麻)を使用するのがベスト(後述)。襦袢が汗を吸ってくれるので長着の生地はなんでもかまわないが、ウールはさすがに無理。化繊もできればやめておいたほうがいいだろう。フォーマル(礼服)として、空調の効いた室内で着る場合はこの限りではないが、現地で着替えるなどの暑さ対策が必要だろう。

ちなみに私としては、普段着として着るのであればもちろん「A」だ。「B」に憧れる人が結構いるようだが……状況を考えてやらないと地獄を見るよ?(後述)

夏場の着方参考例

AB共通で、私は基本的に肌着とステテコを併用している。肌着は「クレープ」とかいう薄い肌着、ステテコも夏用の薄いものだ。

楊柳タイプ(シワシワの生地)の肌着は、個人的には地肌から肌着が少しだけ浮くので思ったより汗を吸わない気がする。普通の肌着のほうが、人によっては具合がいい場合もあるだろう。

Aの着方をする場合は地肌に直接着てもいいし、肌着しか着たくないけど半衿がほしい!というわがままな人には、半衿付き肌着というものが売っているようだし、私は筒袖肌襦袢?(ウソツキ半襦袢の袖が短い筒状になっているもの)や、作務衣用肌着に半衿を縫い付けたものを使っていたこともある。

Bの着方は絽や麻生地の夏場用襦袢を着て、その上から長着を着ることになる。ちなみに夏場用ではなく普通の襦袢を着ると、これまた間違いなく地獄を見る(実験済み)。

その他、私は日焼け上等!なので無視しているが、日差し対策として日傘をさしたり帽子(パナマ帽とかいう、小さい麦わら帽子のようなもの)をかぶる人もいる。日焼け対策やオシャレをしたい人は、各自いろいろ試してみてほしい。

他の人の参考例(投稿してくれた方ありがとうございます)

「長着は麻生地のほうがいいですが、モノによって涼しさに違いがあります。生地の素材を無視して銘柄のみで過ごしやすさを並べてみると、「涼:小千谷>阿波しじら>近江縮み>(川越)唐桟しじら:暑」といった感じになります。

肌着と襦袢は、両者兼用でウソツキ半襦袢を使用、胴体部分はクレープ地か薄い木綿、あるいはオール麻。半衿も麻のほうがいいです。ステテコはクレープ地?「涼感素材」と銘打っている化繊のモノは、思ったより蒸れるようです。吸汗性&乾きやすい綿の薄手か麻のほうが楽です。

よって、夏場に着物を「それらしく」着る必要がある時は、麻生地でほぼ統一したほうがいいかもしれません。

以上、あくまで個人の使用感想であり、絶対的な結論や万人に適応する効果ではありません(通販ライク)」(2008/07/23)

最終的には各自の好み+TPOで決める。

普段着としてであれば、どちらの着方をするかは各自の好みやセンス、それに行動する時間帯、運動量(歩き回るなど)、交通機関の使用具合、空調設備の有無、場の様子などTPO(特にOccasion)をプラスして(解説)決めればいいだろう。

必要以上に汗をかかないように

例えば気温が35度を越えるような日中を動き回る場合と、夕方の涼しい時間帯から空調の効いた居酒屋へ行く場合とでは、まったく状況が違うことになる。日中なら汗だくになることも充分考えられるし、少しでも着ていないほうが絶対に楽だと思う。

また、同じ状況でも、体型(太っているか痩せているか)などによって個人差が出てくるので、この状況なら着物が着られる!と一概には言えない。結局は自分で「実地検証」するしかないのだ。特にBの着方をしよう、あるいはお茶会や冠婚葬祭などでBの着方しか選択の余地がない場合は、事前にAの着方で試しておくほうがいいだろう。

熱中症(熱射病)にも注意。

特にBの着方をする場合、襦袢を着る=1枚余分に着ることになるのだが、これが夏場においてはかなり危険。というのも、最近の熱中症(熱射病)を防ぐ意味では、あまり服を枚数着ないことも重要だからだ。

それに私のように太っている人は、脂肪は熱伝導率が低い(温まりにくく冷めにくい)ので、1枚以上余分に服を着ているのと同じになり、体温を下げるのに時間がかかるらしい。詳しくは熱中症について検索するように。

そんな大げさな、と思うなら……JR御茶ノ水駅→神田明神→湯島天神→JR上野駅まで、トコトコ歩いてみろって。それをやった上でオレは言ってるから。

維持管理の手間と費用が余分にかかる?

ABどちらの着方をするにしても、暑い時期に着る以上「汗」から逃れることはできない。よって、洗濯をする頻度は格段に上がることになる。自宅で洗濯できるもの(解説)ならいいが、そうでないなら何度もクリーニングに出すことになる。クリーニング代がかかって、生ビールをキューッと飲みに行く回数が減っちゃってさあ……では本末転倒だ。

汗をかいても干しておけばいいって?勘弁してくれよ、私はそんな汗クサイ衣服、着たくもないよ。

また、Bの着方をしようと思うのであれば、それに応じた夏場用の襦袢など、余分な出費も必要になることを忘れないように。

甚平や作務衣、あるいは「着ない」もアリ。

夏場、涼しげに着物を着てみたい!その気持ちはわかる。しかし、着物に着られちゃった(解説)のでは意味がない。今まで述べてきたことを踏まえて、無理のないように着てほしい。甚平や作務衣にしてみる、あるいは「着ない=洋服」を選択するのも、和服を着慣れることのひとつだからな。

ちなみに、ちまたでよく聞く「夏場のキモノは涼しいですよ!」という謳い文句は、特定の条件下で言っている(解説)可能性が高い。「いつどこで着ても涼しい!」などと勘違いしないように。

おまけ:「透ける」のを知っててするオシャレ

これは知り合いから聞いた話。その人の亡くなった親父さんは結構オシャレだったらしく、夏場にはこんな着方もしていたらしい。

「背中に模様がある長襦袢を着る。もちろん夏用の長襦袢。→その上から絽なり麻なりの長着(透けるやつ)を着る。→透けるので、うっすらと長襦袢の背中の模様が見える」

だいたい「柄物の夏用長襦袢」がとんでもない品物。その長襦袢はもうないらしいので、現物を確認することはできないのだが、おそらく特注品だろう。この「色柄を透けて見せる着方」は遊び心でやるものなので、当然ながら礼装が必要とされる場ではやらないように。

また、実際にどれぐらい色柄が透けるかは、室内と屋外など光量によっても微妙に変わってくるので、どうしてもやりたい人は、知り合いにでも見せて寸評してもらうか、デジカメなどで撮影して透け具合を確認したほうがいいだろう。

Last 2012/04/28. Copyright (C) since 2007 バカガエル.