kimono-Wa-Fuku

男物の襦袢→特殊なインナー?

長着(着モノの正式名称)と肌着の間に着るのがこの襦袢(じゅばん)。襦袢単独で着ることはなく、使う場合は必ず長着と併用する。元々は着物の肌着 として使われていたので地肌に直接着ていたんだけど、現在では肌着は別に着て襦袢はオシャレ用、重ね着用のインナー風の使われ方 をしている。

ただし、普段着日常着の範囲であれば必ず着なければいけないものではないので、暑かったり邪魔くさかったりすれば着なくてもかまわない。

襦袢の袷、単衣、薄物、+@

長着と同じく、袷、単衣、薄物の3種類で、それとは別に「半襦袢、肌襦袢」というものもある。仕立て方に関してはこちらも参考にしてほしい。

襦袢袷仕立て

表と裏で生地が違っており、生地が二重になっている。

.

特に長襦袢は色柄が派手目なものが多い。この襦袢のように正面にはなにもなくとも背中にだけ柄があるものもある。

襦袢単衣仕立て

生地が二重になっていないもの。裏側に見えてるのは表生地の裏。

袷の襦袢と違って全体に柄があるけど、これは単に「そういう生地だった」というだけ。

襦袢単衣仕立て(薄物)

長着と同じくスケスケ生地のもの。背中に透けてるのは襖とその取っ手。

主に暑い時期に着る(らしい)。実際に使ってみたけど、いくらスケスケ生地でも夏場に長襦袢を着てるとやっぱり暑い。冠婚葬祭用ぐらいに考えていい だろう。

半襦袢(はんじゅばん)

長襦袢と違って着丈が腰あたりまでしかないので「半」襦袢と呼ばれる。

夏場用としてよく売られているし、腰から下がないので暑い時期に着る……というわけでもない。着る人の使い勝手でオールシーズンいつでも着てかまわ ない。オレは暑い時期は当然着ないけど、逆に暑い時期以外で袴を併用するときに着ている。

肌襦袢(はだじゅばん)

ざっくり言うと着物専用の肌着。上で解説した襦袢類の下に着るもの。

.

「襦袢」とついてるけど肌着なので半襦袢と間違えないように。半襦袢と肌襦袢の違いは袖の形状と襟の幅で、半襦袢には半衿(後述)を付けるけど肌襦 袢には付けない。もちろん肌襦袢の襟は上に着る襦袢の下に隠れて問題ない。

色柄や使い分け

襦袢は色柄が派手めなものが多いけど、長着を脱がない限り人様の目には まず触れないので、そこまで色柄にこだわらなくてもいいし無地でもぜんぜんOK。もちろんこだわりたい人はご自由にどうぞ。

え?人様の目に触れないのにこだわる必要あるのかって?そりゃアンタ、人前で長着を脱ぐ機会があるかどうかって話で……子供じゃないんだから野暮な こと聞きなさんな(笑)

また、分類の関係で袷仕立ても載せたけど、現代の気候や空調施設のことを考えると、実用的には単衣の襦袢だけでも充分かなと。もちろん、住んでいる 地域の気候やその人の体質などにもよるのでお好みで。

冒頭にあるように、着物だからといって必ず着なければいけないわけではないので、着なくてもいいし、好みで長袖シャツなどを使ってもいい(解説)

ちなみにオレは、暑くなってきてもう襦袢いらんかなと思ったら着ない。その年の気候にもよるけどだいたい6月から10月ぐらいまでは襦袢なし。それ 以外の着るときでも長着の下だから脱ぐに脱げないので、ほぼ単衣しか使わない。

襦袢だけの話:半衿、関西(関東)仕立て

襦袢には長着と違って解説しておくことがある。襟部分につける「半衿」と、あまり話題にならないけど襟の構造についてだ。

半衿(はんえり)

ほとんどの襦袢の襟には本体とは別の布が縫いつけてあって「半衿(はんえり)」と呼ばれている。ウチの表記は「襟(本体)」と区別するために全ペー ジ通して 「半衿」としているけど「半襟」でもたぶんOK。

もともとは汗汚れや襟が擦り切れるのを防ぐためにつけられていた当て布だったけど、着物の胸元から見えるし色に よって見映えも変わるので、現代ではオシャレ的な要素も強い。

汚れたり擦り切れたりしてきたらもちろん交換してOK、気分で交換してもOK。裁縫を頑張れる人は自分で交換してもいいし、苦手な人は仕立て屋さん に頼んでもいい。ただし古着や既製品の襦袢だと、たまに襟と一緒に縫われてることがあって、半衿外そうとしたら襟も外れそうになるものもあるので注意。

半衿用の生地も売って いるけど既製品である必要はないので、手ぬぐいやはぎれなどで作ってもいいだろう(解説)

関東仕立てと関西仕立て

袷仕立て単衣仕立て、着丈の長短といった分類とは別に、襦袢には関東仕立てと関西仕立てという仕様がある。

.

両者の違いは襟の形状で、襟がまっすぐになっているものは関東仕立て、襟先が長着のように飛び出しているものは寸法の大小はあれど関西仕立て。古着や既製品は関東仕立てが多いけど、最近は関西仕立てになっているものも出回っているようだ。

これはどういった構造になっているかというと、仕立て屋さんに聞いたところ、関西仕立ては襟に襟を重ねてるというか、長着っぽい作りになってるらしい。

.

関西仕立てのほうが単純に前幅が広がるので、オレのようにお腹が出てる人にはゆったり着られて都合がいい。なのでオレが持ってる襦袢はすべて関西仕 立て(に仕立て直したもの)だ。あとすごく細かいことを言えば、着たときの襟(半衿)の角度が変わるので長着の胸元から見える半衿のバランスが変わる…… これは自由研究レベルの話かな。

ちなみにオレがやってもらってるように、関東→関西に作り替えることは充分可能。逆の関西→関東も可能だけど、襟部分の処理の関係で剥いだ跡が若干残るものの、半衿の下に隠れるので着用上問題ないかと、とは、仕立て屋さんの弁。

メインページへ戻る。

(C) 2007,2019 バカガエル.