kimono-Wa-Fuku

トップページ>襦袢(長襦袢)

男物の襦袢→特殊なインナー?

長着(着モノの正式名称)と肌着の間に着るのがこの襦袢(じゅばん)。襦袢単独で着ることはなく、使う場合は必ず長着と併用するのが決まり。だからといって、必ず着なければいけない、というわけではないので、未使用もアリだし、自宅内では襦袢単独で寝巻きにしようがどうしようが、私の関知するところではない。

元々は着物の肌着として使われていたので、地肌に直接着ていたのだが、現在では肌着は別に着て、襦袢はオシャレ用、重ね着用のインナー風の使われ方をしている。長着と違って形状にいくつかバリエーションがあるので、それらもひととおり解説しておこう。

襦袢の袷、単衣、薄物、+@

襦袢も長着と同じで3通りに分類されるが、長着(半着)と違ってメジャーな「半襦袢、肌襦袢」というものもある。仕立て方に関してはこちらも参考にしてほしい。

長襦袢袷仕立て

長着と同じで、表と裏の生地の色が違う=生地が二重になっている。

.

特に長襦袢は色柄が派手目なものが多い。この襦袢のように正面にはなにもなくとも、背中部分にだけ柄があるものもある。

長襦袢単衣仕立て

これが単衣。表の絵柄が見えるので、裏地がないのがわかるだろう。

袷の長襦袢と比べると全体に図柄が入っているが、これは単に「そういう生地だった」というだけで、袷と単衣で使う生地が違うわけではない。

長襦袢単衣仕立て(薄物)

長着と同じくスケスケ生地のもの。襖とその取っ手が透けているのがわかるだろうか?

簡単に言えば夏場用の長襦袢だ。しかし生地にもよるが、裾まであるし、夏場の着物にはこれを使わなければいけない、というわけでもない。こんなのムリムリ!と思う人は下記参照。

半襦袢(はんじゅばん)

冒頭で書いたように、このように着丈が腰あたりまでしかないのが半襦袢。腰までしかないので寒い時期には不向き。よって、おそらくだが単衣のものしかない。

参考画像は夏用の半襦袢で、「ウソツキ半襦袢(解説)」とも呼ばれている。もっとも、私に言わせれば半襦袢にウソツキもクソもないけどね。

肌襦袢(はだじゅばん)

もともとは襦袢そのものが肌着だったが、現在はこれが地肌に直接着る襦袢。

.

襦袢の名は付いているが、これは今でも和服専用の肌着として使うものなので、使い方などはこちらで解説している。半襦袢と肌襦袢の違いは、袖の形状が違うのと襟の幅も違っており、半襦袢には半衿(後述)を付けるが、肌襦袢には付けない。

襦袢の色柄や使い分け

薄物の長襦袢やウソツキ半襦袢ではあまりないが、袷仕立てや普通の単衣仕立てのものは、だいたい色柄が派手。ただ、着物を脱がない限り人様の目にはまず触れないので、普段着用なら色柄にあまり気を使わなくてもいいだろう。無地でもぜんぜんOK。

逆に考えれば、勝負パンツと同じく勝負襦袢などもアリか?男物の長襦袢が広まった理由(解説)も、もともとはオシャレが始まりのようだからな。

また、分類の関係で袷仕立てのものも載せたが、現代の気候や空調施設のことを考えると、実用的には単衣の襦袢だけでも充分(解説)だと思う。

ただ、住んでいる地域の気候などにも左右されるので、そこらへんは各自が判断してほしい。実際、長着の下に着ているので、暑くなっても脱げないため、私は夏場以外でも、だいたい単衣しか使わない。

最初にも書いたが、女性はともかく男なら、着物だからといって必ず着る必要もなく、長袖シャツなどを使ってもいい(解説)。状況や趣味に合わせてどうぞ。

襦袢だけの特殊性:半衿、関西(関東)仕立て

あと、襦袢にはいくつか特殊な点がある。襟部分につける「半衿」と、あまり話題にならないが襟の構造が2種類ある。

半衿(はんえり)

ほとんどの場合、襦袢の襟には色の違う布が縫いつけてあると思う。これが「半衿(はんえり)」と呼ばれる部分。ウチの表記としては全ページ通して「半衿」としているが、「半襟」でもたぶんOK。

もともとは襟が擦り切れるのを防ぐためにつけられていた当て布だったが、着物の胸元から見えるため、現代ではオシャレ的な要素も強い。半衿の色によって見映えも変わる(解説)ので、気にする人は気にしてみてもいい。既製品も売っているが、手ぬぐいやはぎれで作ってもいいだろう(解説)

夏場用には、絽や麻の半衿もある。なぜ絽や麻のものにするかというと、多分単純に首周りが暑いから。長着がスケスケの薄物だった場合、それに生地を合わせるためかもしれない。ちなみに、先ほど出てきたウソツキ半襦袢は、袖が麻生地、胴体が綿生地でできた夏場用?として売られており、最初から綿?絽の半衿が縫い付けられていた。

関東仕立て(おくみなし)と関西仕立て(おくみつき)

袷仕立て単衣仕立て、着丈の長短といった分類とは別に、襦袢には関東仕立て(おくみなし)と関西仕立て(おくみつき)という仕様がある。

古着や既製品で一般的に売られているのは関東仕立てが多いが、最近は関西仕立てになっているものも出回っているようだ。便宜上、おくみっぽく見えるので「おくみない(あり)」としているが、実際はおくみではない(後述)。

※注:最近は「おくみっぽく見える」ではなく、実際にやや幅の短いおくみが付いている、それこそ長着っぽいものも一部にあるようです※

関東仕立てと関西仕立てでどう違うかというと、おくみのある関西仕立てのほうが、お腹が出ている人には都合がいい。簡単に言えば、おくみがある分前幅に余裕ができるのと、長着と半衿の重なりがきれいになる。詳細は省くが、お腹が出ているなあ、彼女がメタボメタボとうるさいなあ、と自覚している人は、買うときに一考してもいいだろう。

関東仕立てと関西仕立ての見分け方

両者の見分け方は下の画像のように、襟がまっすぐになっているものは関東仕立て、襟先が飛び出しているものは、寸法の大小はあれど関西仕立てだ。

.

ちなみに、着物を着始めたころはこの違いを知らなかったのだが、知った今では関西仕立てを使うようにしている。ということは……みなまで言うな(笑)

おまけ:仕立て屋さんから聞いた構造詳細

<構造:お世話になってる仕立て屋さん(ありがとさんです)>

関東仕立て(おくみなし)と関西仕立て(おくみつき)は、基本的にほぼ同じ仕立て方で、襟の処理が違うだけです。だいたいは複雑な襦袢生地の模様を合わせるために関東仕立てを使いますが、体の大きい人は関西仕立てのほうが便利です。

.

関西仕立てでおくみのように見える部分、実はあれが関東仕立ての襟部分なのです。それに長着のように別の襟をつけたものが関西仕立てとなります。よって、関東仕立てを関西仕立てに作り替えることは充分可能です。

関西仕立てを関東仕立てに作り替えることも可能ですが、襟部分の処理の関係上、剥いだ跡が若干残ります。しかし半衿の下に隠れるので、着用上問題ありません。(2008/11/05)

Last 2010/11/22. Copyright (C) since 2007 バカガエル.