Kimono-Wa-Fuku

トップページ>買うコツと価格

着物を買う時のコツと価格表示の注意点

和服、特に着物は、初めて買うときにどういった買い方をすればいいかわかりにくい。洋服のように「シャツ1枚○○円」とモノと価格がはっきりせず、一般人には誤解を生む可能性のある価格表示が未だにあるので、着物を買うときのコツと価格表示について解説しておこう。

和服(着物)の価格や品質もピンキリ。

着物の買い方は、古着(解説)、誂え(あつらえ)(解説)、既製品(解説)、の3通りがある。詳しくはそれぞれ別の記事で解説しているが、大前提となるのは、和服も洋服と同じで、価格も品質もピンキリということだ。

古着は状態の良いものほど高価(といっても古着だからたいがい)ではあるが、既製品や誂え=新品は、生地の品質が良い物ほど高価になる。

というのも、着物には洋服のように形状のバリエーションや着物ブランドメーカーがさほどないため、生地の価格が着物の価格を決めているようなものだからだ。○○織りだの○○染めだの、一見すると着物のブランド名のように見えるのは、実は生地のブランド名だったりする。

もちろん、誂えには縫製代(仕立て代。後述)が別途かかるので、それ以上安く買うことはムリだが、生地の価格を下げれば着物の価格もしぜんと下がるようになっている。

ただ、価格と品質はだいたい比例するので、安易に安さを求めることは、着物そのものの品質を下げることにも繋がる可能性がある。捨て値同然で売っていた古着を買ったら虫食い穴や変色があったり、安いからと既製品浴衣を買ったら縫製やサイズがグダグダだったり、これなら買わなきゃよかった、となることだってありうる(経験あり)。

安けりゃオールOK!のような昨今の風潮に流されるのではなく、少しずつでもモノの品質にも目を向けるようになってほしい。

もちろん、安価なものがすべて悪いというわけではなく、逆に高価であれば問題がないというわけでもないので、自分の満足できる範囲の品質と懐が許す範囲の価格、2つのバランスをうまく考えて買うようにすればいい。安価なものを複数買うぐらいなら品質の良いものを一つ買えば、結果として良い物を長く着ることができる、という考え方もあるからな。

「身の丈」に合ったものを買う。

「身の丈」とは、自分のサイズのことではなく生活環境のこと。金融屋のCMではないが「ご利用は計画的に」というやつだ。

まずは価格。どんなにモノが良くても、自分の予算(収入)で賄いきれないものを買う必要はない。以前は店側のローンを利用した強引な売り込みもあって、社会問題にまで発展したケースもあるようだが、たかだか着るモノ、着物だけに「無い袖は振れない」の格言よろしく、無理はしないようにしてほしい。ただ、「無理」の範囲は人それぞれなので、そこは各自の判断にまかせる。

もうひとつ、意外と忘れられているのが維持管理(主に洗濯)のこと。

着物も服である以上、汚れることもあるだろうからいつかは洗濯しなければいけない。年に数回着るか着ないか程度の一張羅ならまだしも、頻繁に着るのであれば洗濯の回数も当然増える。特に夏場は汗をかくから、ほぼ毎回洗濯をするハメになるからな。それでもクリーニング屋に出せる懐の余裕がある人ならいいが、そうではない人はたまったものではない。

日常着として着るのであれば、自宅で洗濯しやすいもの(生地が化繊や木綿(綿)など)で、自分で洗濯する「度胸」のある価格帯のものを買うようにしたほうがいいだろう。いくら木綿生地でも、10万円で買った衣服を洗濯するのは怖いだろうし、逆に正絹生地でも、数千円で買った古着なら気軽に洗濯できるだろ?

まあなんにせよ洋服と同じで、収入や着る頻度、着る状況など、自分の生活にあったものを買えばいいわけ。無理して身の丈以上の着物を買ってもしんどいだけで、ヘタすれば「タンスの肥やし」になりかねないからな。

「必要なモノ」と「総額」を確認する。

特に初めて着物を買う人は、事前に自分が必要なモノ(解説)をリストアップしておくことが大事。そして買う段階になれば、それらの「総額」をしっかり確認するように。モノと価格を確認するのは、恥ずかしいことではなく大切なことだ。

着物セット1万円:一式

ポイントは「セット」という部分で、着物を着るのに必要なもの一式が1万円、という意味だ。どこまでセットになっているかはセット内容によるが、履物までついていれば、買って着てすぐ出かけられるわけ。夏場の浴衣販売で見かける「浴衣セット」がいい例だ。

着物関連グッズをいっさい持っていない人なら、まずは一式を揃えなければいけないので、価格だけで判断(←重要。品質も考えるように)すれば便利でお得。

着物(以外もある)1万円:単品

これは主に長着(着モノの正式名称)など各パーツが1万円、という意味だ。最低でも帯を持っていないと着ることができないし、長襦袢や羽織だけ買ってしまったら「どうすんのこれ?」状態。言うなれば、ほかの必要なものを別途購入あるいは準備しなければいけないわけ。

長着は買ったけど他のものがないから着られないじゃん!などとならないように。

着物の反物(生地)1万円:材料

これは着(る)物として完成する前の生地=材料が1万円、という意味だ。当然ながら縫製しないと着ることができないので、縫製代(仕立て代)が別途必要になるわけ。「誂え」がこれに当たり、普通の着物屋はこの販売方法であることが多い。

1万円で売ってたのになんで3万円も払わなきゃいけないの?!などとならないよう、その価格が着物のことなのか反物のことなのか、必ず店側に確認するように。

買い方は人それぞれ

以上、同じような「○○が1万円」でも、その中身は雲泥の差がある。とはいえ、どういった買い方をするかは人それぞれだ。

これから着てみようと思う人であれば、「一式」で一発で揃えてもいいし、品質を見ながら「単品」で少しずつ揃えていってもいい。あるいはある程度着るようになれば、もう「一式」を買う必要はないので、「単品」で買い足していくとか、気に入ったものを「材料」から買うパターンになる。

どの買い方をするにしても「買うのは自分、着るのも自分」なので、何度も言うが、無理のない範囲で自分が必要なもの満足するものを上手に買ってほしい。

価格に関する補足説明

今まで書いたことで買い方はだいたいわかったと思うが、価格について補足説明をしておこう。

縫製代(仕立て代)

仕立て代とは、生地を裁断して着物に縫い上げる、いわば「工賃」のことだ。この作業は主に仕立て屋という専門の職人さんが行っており、着物屋も生地から着物の注文を受けた場合、基本的に馴染みの仕立て屋に依頼する形をとっている。

仕立て代は店舗、単衣仕立てと袷仕立て(解説)で微妙に異なるが、男物の場合、長着、羽織、長襦袢、どれでも「ひとつにつき」、単衣仕立てが1万円、袷仕立てが1.5〜2万円がだいたいの料金。ただ裁断して縫うだけではなく、他にもオプション的な工程がいくつかあり、それらは別途料金となる場合もある。詳しくは、ネット販売をしている着物屋の注文ページを参考にしてほしい。

それと、単衣仕立ては「表生地代+仕立て代」で済むが、袷仕立ては「表生地代+裏生地代+仕立て代」と、裏生地も買わなければいけない点にも注意だ。

なお、着物屋経由ではなく仕立て屋に直接持ち込むことも当然可能なので、古着の仕立て直し(解説)や、自分で生地を安く調達してきて仕立てを依頼するなど、いろいろなカスタマイズ(解説)もできる。

参考上代、希望小売価格

特にネット販売において「参考上代」「希望小売価格」などなど、いかにも通常の販売価格はこれです!といった表記をしている場合があるが、これらはいっさい無視してOKだ。割引だとか特別だとか、どんなに謳い文句を羅列していても「だから結局いくらよ?」で判断してほしい。

本当は「だいたいの相場」のようなものがあるらしいのだが、それを知っているのはよほど着物に詳しいごく一部の人だけで、私を含む普通の人はまず知らない。だからどんなに割引率が高くても、書籍の裏に記載してある「定価」のようなものではない以上、ホントにお得かどうかが不明なのだ。

着物屋の誰に聞いても同じような価格を言うのであれば、本当の「標準価格」なのかもしれないが、それすらもなかなか確認のしようがないので、ハナからアテにしないほうが間違いないわけ。

ただし、そんなセコイ真似をせず真面目に営業している着物屋もちゃんとあるので、なんでもかんでも値引き要求をしないように。

おまけの失敗談:浴衣が15万円?!

最後に、以前飲み屋で、体験した本人(地元の人ではない)から聞いた話を紹介しておこう。

夏場、その人の行きつけの飲み屋で、浴衣で来店された方にはボトル1本サービス!というイベントがあったらしい。その人は今まで和服をほとんど着たことがなかったが、これはチャンスだと某デパートの呉服売り場へ浴衣を買いに行ったわけ。

「浴衣がほしいのですが」と店員に告げ……最終的に買ったのは、浴衣ではなく15万円(金額忘れた。20万円だったかもしれない)の夏着物フルセットだった。

話を聞く限りでは、モノとしてはそれだけの価値があるっぽいし、生地を選んだのもその人、ついでにいえば買えるだけの懐もあった。最終的に購入を決めたのはその人なので、文句を言っても始まらないのだ。

しかし浴衣なら、よほどいい生地を使っても5万円が関の山(そんな高級浴衣見たこともないが)。にもかかわらず、初心者に対してその倍以上の出費になる夏物フルセットを売った着物屋。商売だからと言えばそれまでだが、本当に「客商売」をしてるのか疑問を感じてしまう。

ちなみにその人は、私が着ていた5千円の浴衣を見て「わ〜、いい浴衣だねえ、結構したんじゃないの?」と言ったが、私の浴衣の金額を聞いて、西川きよしのような形相で固まってしまった(笑)その後私の話を聞いて納得し、最後にこう付け加えた。

「それだけ良い物なら、ウチの息子が着ることもできるだろうね。もっとも、興味を持ってくれればいいけど(笑)」その人と息子さんに幸多からんことを。

Last 2012/02/03. Copyright (C) since 2007 バカガエル.