kimono-Wa-Fuku

トップページ>必要なもの一覧

一般的な着物姿に必要なもの一覧表

和服(着物)を着てみようと思ったとき、よく目にする、あるいはイメージするのが、こんな感じの恰好じゃないかな。

というわけで「一般的な着物姿」になるために必要なモノを、洋服と比較しながらざっと整理してみた。各パーツの詳しいことはそれぞれ別途解説してあるので、そちらも参照してみてね。

男物はだいたいこんなものが必要

上の参考画像で着ているものをバラすとこんな感じだ。

.

着物(正式名称は長着)……一体型のシャツ&ズボン(解説)、襦袢(じゅばん)……一体型のシャツ&ズボンその2(解説)

.

羽織(はおり)……上着やジャケット(解説)、羽織紐……そのボタン?(解説)

.

帯各種……ズボンのベルト。伊達帯と腰紐は主に角帯の下に使う(解説)

.

足袋……靴下(解説)、履き物……靴(解説)

.

洋服と比較すれば、それぞれが何に該当するかわかってもらえたかな。それぞれの価格に関しては、当然ながらモノや店舗によって違ってくるんだけど、参考までにオレの持っているものの当時の購入価格を一部まとめてあるので、こちらをどうぞ。

補足説明

上で紹介しているものを揃えれば準備完了!ではあるんだけど、いくつか補足をしとく。

襦袢はちょっと特殊

長着の下に着るものなので、冒頭の画像ではほとんど見えていないんだけど、洋服と比較して特殊な存在が襦袢だ。もともとは着物専用の肌着のようなものだったんだけど、特に長襦袢というやつは、オシャレ的な使用方法が多くなり、今では肌着というより重ね着的な位置づけになっていると思う。

洋服に対する位置づけがなんとも難しい(だから「その2」としている)ところだけど、長着と肌着の間に着用することの多いインナー?中間着?といった感じで捉えておけばいいかな。詳しくは解説ページを参照のこと。

最低限必要なのは「長着」と「帯」

縦長の図にピンクの文字で書いてあるように、洋服で最低限必要なのはシャツとズボンなので、それに該当する長着と、長着を留めるための帯さえあれば、もっとも簡略な着物姿になるわけ。

.

上で書いたように、襦袢は中間着?のようなものなので、別段なくてもかまわない。家の中で着る程度ならなおさら(解説)。これの代表格が夏場に着る浴衣(解説)で、夏場暑いから必要最低限の装備にするわけ。なお、浴衣に関しては、いろいろと知っておいてほしいことがあるので、リンク先にぜひ目を通してほしい。

他に、浴衣と同じく夏場によく見られるのが作務衣と甚平(解説)。形状が洋服のシャツ&短パンに近いので、お好みでどうぞ。

夏場の着物と袴、コート

夏場に着るのは浴衣だけではなく、夏場用に特化した、やや透けた生地の長着や襦袢もあるんだけど、日常生活で着るつもりなら、慣れないうちは手を出さないほうがいいと思う(解説)。洗濯などの手間がかかる割に着られるのは夏場の短い期間だけ、透けるため襦袢も併用するから着てみると意外と暑いし、着始めたばかりの人にはあまりオススメできない。

また、なぜか憧れる人?が多い袴(はかま)や専用コート(解説)も、最初はやめたほうが無難だろう。

コート類は寒い時期の外出限定装備だから、着る時期や時間帯、乗り物を利用するなど移動手段を考えれば、ひとまずはなくてもどうにかなる。袴も、現代の生活様式では慣れないと扱いづらいし、着るのにさらにひと手間かかるので、武道などで使った経験のある人以外には、手軽さの面でやはりオススメできない。

これらは必須装備というわけではなく、あとから揃えても充分間に合うので、ある程度着慣れてから購入(着用)を検討してもいいんじゃないかな。

Last 2012/04/28. Copyright (C) since 2007 バカガエル.